logo

Microsoft Office 2013に対応! 情報漏洩対策ソフト「Pirates Buster for Document Ver.8.0」 2013年12月9日発売開始

株式会社ティエスエスリンクは、高い安全性と使いやすさを併せ持つ情報漏洩対策ソフト「Pirates Buster for Document Ver.8.0」を2013年12月9日に発売開始します。

ソフトウェア製品の開発と販売、およびシステムエンジニアリングを行う株式会社ティエスエスリンク(代表取締役社長:村口 和孝、本社:徳島県徳島市、以下 TSS LINK)は、高い安全性と使いやすさを併せ持つ情報漏洩対策ソフト「Pirates Buster for Document Ver.8.0」を2013年12月9日に発売開始します。

【「Pirates Buster for Document」紹介ページ】
リンク

「Pirates Buster for Document」は、社内外で共有するファイルの印刷/コピー/保存を防止するセキュリティ製品です。
Microsoft OfficeファイルやPDFファイルなど、ビジネスで利用される幅広い文書データに対して、セキュリティを強化することができます。

仕組みとしては、ファイルに対して編集や印刷などの利用制限を付与して暗号化し、利用権限を持つ人だけが利用でき、第三者による情報漏洩を防止します。また、認証やアプリケーション操作の制御によって、情報の二次利用を防止します。また、ユーザ管理からファイルのアクセス状況まで、サーバで一元管理/ログ記録し、万が一ファイルが流出しても、管理者が直ちに閲覧禁止の対策をとることができます。
社内/社外を問わず、ファイルを安全にやり取りし管理できる製品です。

「Pirates Buster for Document Ver.8.0」では、Microsoft Office 2013に対応しました。最新の環境でご利用いただけます。製品をご利用のお客様には、別途アップデートモジュールを無償でご提供します。

【Pirates Buster for Document(パイレーツバスター・フォー・ドキュメント)】
■特長
1)Microsoft Officeファイル/PDF/画像/動画/一太郎ファイルなどを暗号化して、社内外で安全にやり取りできます。
2)ファイルをフォルダにコピーするだけで暗号化でき、誰でも簡単に使えます。
3)利用者側の印刷やコピーなどのメニューやキー操作を制御して、情報漏洩を防止します。
4)印刷やコピーなどの利用権限はグループ/ユーザ単位で設定でき、テンプレート化によりスムーズに運用できます。
5)ファイルが流出しても管理者側の操作で即座にファイル利用をとめられるので、万が一にも安心です。

■概要
・製品名: 「Pirates Buster for Document」
・動作環境:
 1)クライアント対応OS: Windows 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP
 2)サーバ対応OS: Windows / Linux
・保護対象: Microsoft Officeファイル/PDF/画像/動画/一太郎ファイルなど
       ※一太郎ファイルの保護には別途「一太郎オプション」が必要です
・価格: 基本パッケージ50万円(税別) ※別途ユーザライセンス費/保守費が必要です
※他に、既存システムへの暗号化処理の組み込みができるオプションなども用意しています


【TSS LINK について】
株式会社ティエスエスリンクは、デジタル情報を安全に活用するためのソフトウェアやサービスの開発および提供により、誰もが意識せず安心してコミュニケーションできる社会の実現に取り組んでいます。
・社名: 株式会社ティエスエスリンク (TSS LINK, Inc.)
・代表者: 代表取締役社長 村口 和孝
・所在地: [本社]〒770-8053 徳島県徳島市沖浜東3-46 Jビル東館4F
・設立: 2008年4月
・資本金: 1,200万円
・URL: リンク

【製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社ティエスエスリンク 営業部
・TEL: 088-602-0170(本社)
・FAX: 088-602-0172(本社)
・E-mail: pb@tsslk.jp
・ニュースリリースページ: リンク

【発表に関する報道関係からのお問い合わせ先】
株式会社ティエスエスリンク 営業部
・TEL: 088-602-0170(本社)
・FAX: 088-602-0172(本社)
・E-mail: pb@tsslk.jp
・ニュースリリースページ:  リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。