logo

投資用不動産情報サイトランキングで 楽待が総合1位獲得

株式会社ファーストロジック 2013年12月09日 10時00分
From PR TIMES

株式会社ファーストロジック(東京都港区、代表取締役:坂口 直大)が運営する不動産投資サイト『楽待』は、第三者評価機関のモーニングスター株式会社 ゴメス・コンサルティング事業部(以下ゴメス)が12月6日に発表した「投資用不動産情報サイトランキング」の「サイトの使いやすさ」で第1位を獲得したほか、総合第1位を獲得いたしましたのでお知らせいたします。



■サイトの情報量と使いやすさが高評価を受ける
ゴメスは、代表的な投資用不動産情報サイト10サイトをそれぞれ「サイトの使いやすさ」
「安定性と信頼感」「情報量とコンテンツ」「便利な機能・サービス」の4つの指標で評価を行い、
ユーザーの視点で評価・ランク付けし、インターネットユーザーに客観的で有益な情報を提供しています。

ゴメスサイト :リンク


■楽待の評価
□総合得点 : 第1位 得点 7.31
□サイトの使いやすさ : 第1位 得点 7.91
□情報量とコンテンツ : 第1位 得点 7.37
□サイトの安定性と信頼感   : 第2位 得点 7.37
□便利な機能・サービス : 第1位 得点 5.61


■ノミネートされたサイトは以下の10サイト
楽待 / HOME'S / ノムコム・プロ / SBI収益物件ガイド / 東急リバブル投資用
健美家 / クリスティ / 不動産投資連合隊 / 不動産投資博士でみっけ! / e-不動産販売


■ゴメスによる評価コメント
今回のGomez投資用不動産情報サイトランキングでは、総合1位を獲得するとともに、サイトの使いやすさ、情報量とコンテンツなど3つのカテゴリで1位となり、圧倒的な強さを見せた。

<物件検索の使い勝手のよさ>
使い勝手の面で難点がある投資用不動産サイトが多いなかで、楽待は基本的なナビゲーション構造や検索機能を取り揃えている。
例えば、トップページからの検索で、1棟マンション、1棟アパート、区分マンション、戸建賃貸など、複数の物件種類を一度に選択して検索できるのは、一度に検索をかけるためには便利な機能だ。
また、投資用不動産を探す際は、居住用不動産と違い、より広いエリアを対象として検索をすることが想定される。楽待では複数の市区町村を選択できるようになっており、使い勝手がよい。

<物件一覧における機能>
物件一覧では、リスト表示やカタログ表示に加え、新バージョン表示として情報を多く盛り込んだ一覧画面も選択できるようになっている。
1ページでの表示件数の変更、各種並べ替え、複数物件の一括問い合わせ、一括お気に入り登録、アイコンによる物件の識別など、物件一覧画面で想定される機能はほぼ全て盛り込んでいるといってよい。


<問い合わせのしやすさ>
物件の問い合わせは、必要最低限の項目のみの入力で迅速に完了するようになっていたり、会員登録をしておけば自動的に登録した内容がセットされたり、きめこまかな機能が実装されている。


■ 『楽待』について
投資用物件に特化した国内最大の不動産投資ポータルサイトで、2万件の投資用物件が閲覧できる他、
不動産投資の実践的なノウハウを学べたり、不動産会社から直接物件の紹介を受けられる提案サービス
(特許番号日本:4562205米国:8346619)がある。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。