logo

世界現地ツアー ベルトラ(株)、日本航空(株)と事業提携開始

ベルトラ株式会社 2013年12月06日 11時30分
From 共同通信PRワイヤー

2013年12月6日

ベルトラ株式会社(旧社名:アラン株式会社)

ベルトラ、JALと事業提携開始のお知らせ

ベルトラ株式会社(旧社名:アラン株式会社 本社:東京都新宿区 代表取締役:荒木 篤実 以下、ベルトラ)は、日本航空株式会社 (本社:東京都品川区 代表取締役社長:植木 義晴、以下JAL)と、JALが展開する旅行予約サイト「www.jal.co.jp」において、ベルトラが提供する世界現地オプショナルツアー予約サービス: VELTRA.com(Alan1.net)の掲載を開始します。

(提携サイト) 
  「JALホームページ」海外観光予約  リンク

(提携のメリット)
1)ユーザのメリット
 ・旅先での各種旅行サービスを、航空会社のwebサイトから購入*できます。
  *旅の「最初」の購買行動となる航空券予約と同時に、「最終」目的である旅先での「するべきこと(アクティビティ/現地ツアー)」まで、ワンストップで購入できます。
2)JALのメリット
 ベルトラ(Alan1.net)の豊富な世界現地ツアーのカバレッジ(世界約1,500社、7,700種の現地ツアー/アクティビティ)をJALを利用されるお客さまに提供することにより、自社サービスに加えて、顧客の個別/多様な旅行関連サービス(ホテル、レンタカーについで、現地ツアー/空港送迎など)への幅広いニーズに応えることができます。
3)ベルトラ(Alan1.net)のメリット
 オンラインでの販売チャネル先として、航空会社とは今回が初の提携となります。個別の旅行サービス(航空券、ホテル、現地ツアー)を単品購入する傾向が強い個人旅行客(FIT)に対して、たいへん効率のよいパートナーシップであり、新販売チャネルとして、売上の純増効果が期待できます。

 ベルトラでは、「ユーザ目線によるマーケット創造こそが旅行市場を変革/発展させる原動力」という信念のもと、2012年4月に社名をアランからベルトラ(ラテン語で変革を欲するという意味)へ変更。全体ユーザの37%を20代、30代の女性がしめていること、スマートフォンからのアクセスが急速に伸びていることから、今後は女性をターゲットとした「行動支援」マーケティングや、他社との協業などにも注力していく予定です。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
【ベルトラ(Alan1.net)サービス概要】 リンク
1.取扱エリア数:84カ国233都市 
2.会員数:54万人(女性57.4%:20代:19.5%、30代:35.9%、40代:22.3%)
3.クチコミ(体験談):100,000件以上
4.取引先:現地ツアー催行会社数(世界):約1,500社
5.現地ツアー数:約7,700ツアー
6.特徴: 世界最大級の現地ツアー品揃え、徹底したユーザサポート、体験談の公開。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  会社概要: リンク             以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。