logo

フォード、次期型マスタングをグローバルで公開

フォード・ジャパン・リミテッド 2013年12月05日 19時00分
From Digital PR Platform


2013年12月5日、米国ミシガン州ディアボーン発 – フォード・モーター・カンパニー(以下、「フォード」)は、次期型のフォードマスタングを北米、アジア、欧州、オセアニアの世界四大陸の6つの都市で同時に公開する。次期型モデルではフォードの最新のテクノロジーが搭載され、50年の歴史の中で、最も革新的な進化を遂げる。

次期型マスタングは、ロングノーズ&ショートデッキのプロポーション、3連のリアコンビネーションランプ、シャーク・ノーズと呼ばれる逆スラントのフロントノーズ、そしてギャロッピングホースなど、一目でマスタングとわかる伝統的なデザイン要素を残しつつ、現代的なアプローチが巧妙に施され、全く新しいデザインへと生まれ変わっている。

インテリアは航空機から得たインスピレーションを反映させ、運転中のドライバーに瞬時に必要な情報の提供と、エルゴノミクスに基づいた優れた操作性の高いコックピットを実現。さらに細部までクラフトマンシップを追求し、質感の高いインテリア空間を確保したほか、フォードの先進のドライバーコネクトテクノロジーであるSYNCをはじめとする最新の装備も搭載され、より快適により安全にドライブを愉しめる環境を提供する。

パワートレインには、V6エンジン、V8エンジンのラインアップに加え、フォードの最新のグリーンエンジンである2.3L EcoBoostエンジンが新たに加わる。トランスミッションには、セレクトシフト付のオートマチックトランスミッションが組み合わされ、マスタングのエキサイティングなドライビングパフォーマンスを愉しむ事が出来る。

足回りはフロント、リアともに新開発のサスペンションシステムを採用、フロントはマクファーソン・ストラット式で、新たに軽量且つ高剛性のペリメーター型のサブフレームが装着され、リアは新たにインテグラルリンク式独立サスペンションを採用。優れた走行性能と快適性を高次元で両立させている。

マスタングは1964年4月17日のデビューし、その大胆なデザインとパワフルなエンジン、そしてリア・ホイール・ドライブのエキサイティングなドライビングは、瞬く間に自動車ファンの心を捉え続け、9百万台以上が生産・販売されてきた。50年という節目を迎え、アメリカを代表するスペシャルティカーは、その舞台を世界へと拡げ、新たな歴史を築いていく。

※本リリースはフォード・モーター・カンパニーがグローバルで発表したニュースリリースを翻訳、一部抜粋したものであり、次期型マスタングの日本導入予定時期、詳細な仕様については未定です。また写真はグローバルで発表されたプロトタイプのものであり、量産モデルとは異なります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。