logo

ブラザー工業、グローバル製品開発のプロセス改革を支えるPLMプラットフォームとして、PTC Windchillを採用

次世代開発支援環境をPTCソリューションで構築し、製品開発プロセス改革を推進

【2013年12月4日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、ブラザー工業株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:小池 利和、以下、ブラザー工業)が、同社のプリンター・複合機製品開発の統合エンタープライズプラットフォームとしてPTC Windchill(R)をベースとするPTCグローバル製品開発ソリューションを採用したことを発表しました。プリンティング業界では、先進国向け、新興国向け、および、SOHO、中堅・中小企業、コーポレート市場向けなど、グローバルで様々な市場ニーズが存在し、拡大傾向にあります。その状況下で業界各企業は、多種多様な国や地域のデマンドに対応する製品バリエーションを展開し、かつ、ニーズに合った製品を効率的に開発することが求められていました。

ブラザー工業では、これまで独自のマネジメントシステムを導入し業務プロセス改革に取り組んできましたが、更により迅速な製品の市場投入を目指すための、業務プロセス改革を支援する新たなグローバル開発環境の構築が必要でした。

そのためのツールとして、PLMの導入が意図され、複数社の製品ライフサイクル管理(PLM)システムが比較・検討されました。重要な検討ポイントとして、「グローバルに展開できる仕組み」、「素早く効果を出し投資効果が得られるツール」、「ベンダーが世界先端の業務プロセスの構築を経験していること」等を観点として検討されその結果、PTC Windchillが選定されました。

ブラザー工業 メカシステム第2開発部 プリンシパル 土井 吉光氏は「ブラザー工業では、製品開発関連部門のみならず、下流工程や海外工場、サプライヤーも含めた情報の一元管理の実現に、グローバル環境で利用できる仕組みをもつソリューションが必須でした。検討の結果、要求した機能を満たしたのはPTC PLMソリューションでした。また、日本に製品開発顧客検証QAセンターがあることは、日本の市場と顧客を重要視していることを裏付けており魅力的でした。素早く効果を刈り取るため、グローバルでのベストプラクティスが標準機能として実装されていることが必要でしたが、選定後わずか6か月で導入を終え稼働できたことに満足しています。現在は更に適用範囲を広げる計画でプロジェクトを進めています」と述べています。

PTCジャパン株式会社 代表取締役社長 桑原 宏昭は「ブラザー工業の業務プロセス改革を支援するプラットフォームとして、比較検討の結果 PTC Windchill を選定していただいたことを大変光栄に思います。開発リードタイムの短縮、および生産体制も含めた効率化の実現を支援し、より優れた価値ある製品を、好機を逃さず市場へ迅速に提供することができるよう、PTCはさらなる貢献をしていきたいと思います」と述べています。


<関連情報>
- 画像とキャプション
リンク
- PTCの製品ライフサイクル管理(PLM)について(ウェブサイト)
リンク
- PTCのグローバル製品開発ソリューションについて(ウェブサイト)
リンク


【ブラザー工業株式会社について】
ブラザー工業は、プリンターや複合機などの情報通信機器事業を中心に、40以上の国と地域に拠点を置き、グローバルに事業活動を展開しています。「情報通信機器」、「家庭用ミシン」、「工業用ミシン・産業機器」、「通信カラオケ・コンテンツ配信」など幅広い分野で、製品やサービスを提供しています。1908年創業。
Webサイト:リンク

【PTCについて】
PTC(本社:マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC)は、製造業における継続的な製品とサービスの優位性(Product and Service Advantage)の実現を可能にします。PTCのテクノロジーソリューションは、構想、設計から調達、サービスまで、製品ライフサイクル全体にわたり、お客様の製品の開発とサービスの変革を促進します。1985年に設立されたPTCは、世界各国に6,000名以上の従業員を有し、グローバル規模で分散化し急速に変化する製造業界に携わる27,000社を超える顧客企業を支援しています。

【PTCジャパンについて】
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン マネジメント (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) の各テクノロジーソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。全社に渡り製品イノベーションへの貢献を可能にする新しい設計ソフトウェアファミリーの PTC Creo、製品データ管理/製品開発コラボレーション/製品分析・品質ライフサイクル管理の PTC Windchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のPTC Integrity、ダイナミック・パブリッシング・システムの PTC Arbortext、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールドサービス管理/サービス物流管理のPTC Servigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える PTC Mathcad といった革新的なソフトウェア製品、および製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。1992年3月設立。国内4事業拠点。Webサイト:リンク


PTCのTwitter、Linked In、およびYouTubeは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
Twitter:リンクリンク
YouTube:リンク
Linked In:リンク
Facebook:リンク
PTCのソーシャル メディア ディレクトリ:リンク

* PTCの社名、ロゴマークおよびWindchill、Creo、Integrity、Arbortext、Servigistics、MathcadなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。