logo

9248人に聞いた2013年~2014年の忘新年会傾向 「回数」前年並み、一回あたり予算は「横ばい~微増」予想。

株式会社リクルートライフスタイル 2013年12月04日 14時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 北村吉弘)に設置された「食」に関する調査・研究、機関「ホットペッパーグルメリサーチセンター」(リンク)は、2013~2014年の忘新年会についてのカスタマーアンケートを実施し、年末年始宴会シーズンの動向を発表いたします。

▼アンケート結果はこちら
リンク

■調査時期:2013年11月1日(金)~2013年11月7日(木)
■調査対象:首都圏・関西圏・東海圏在住の20~69歳の男女(株式会社マクロミルの登録モニター)
■有効回答数:9248人


――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆2013 年~2014年の忘新年会への参加回数は前年並みの予想。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

2013年~2014年忘新年会シーズンでの参加回数の見込みは「昨年並み」という回答が首都圏・関西圏・東海圏の3圏域合計で75.3%(前年同調査では74.2% )を占めた。「昨年より大きく増えそう」「昨年よりもやや増えそう」の増加派は計11.9%(前年同調査では11.5%)、「昨年より大きく減りそう」「昨年よりやや減りそう」の減少派は計12.8% (前年同調査では14.3%)となり、減少派が増加派を微妙に上回ったが、全体としては前年並みと言ってよさそうだ。地域別では東海圏で前年並みの回答がもっとも多く、増加派・減少派とも少なかった。

<2013年~2014年忘新年会シーズンでの参加回数の見込み(単一回答)>

3圏域合計
昨年より大きく増えそう(1.3%)
昨年よりやや増えそう(10.7%)
昨年と変わらない(75.3%)
昨年よりやや減りそう(9.3%)
昨年より大きく減りそう(3.4%)

首都圏
昨年より大きく増えそう(1.2%)
昨年よりやや増えそう(10.9%)
昨年と変わらない(75.0%)
昨年よりやや減りそう(9.3%)
昨年より大きく減りそう(3.5%)

関西圏
昨年より大きく増えそう(1.4%)
昨年よりやや増えそう(10.4%)
昨年と変わらない(74.8%)
昨年よりやや減りそう(10.2%)
昨年より大きく減りそう(3.2%)

東海圏
昨年より大きく増えそう(1.2%)
昨年よりやや増えそう(10.3%)
昨年と変わらない(77.3%)
昨年よりやや減りそう(7.8%)
昨年より大きく減りそう(3.3%)


――――――――――――――――――――――
◆一回あたりの忘新年会予算は横ばい~微増
――――――――――――――――――――――

忘新年会の予算については、前年度の実績と今年度の想定予算額を聴取した。平均金額は下記の通りだが、一回あたり3000円~4000円未満(3圏域計:前年度実績29.0%、今年度想定29.9%)と5000円~6000円未満(3圏域計:前年度実績26.2%、今年度想定27.5%)のふたつの山がある。0円(自分では払いたくない)を除く前年の想定額と今年の想定額を比較すると、4239円→4259円(+20円)と予算は横ばいから微増の可能性も。圏域別では、東海圏だけが前年度実績、今年度の想定額ともに5000円~6000円未満の回答割合がもっとも多くなっており、参加回数と合わせてみると、東海圏では回数は少な目ながら、一回当たりは豪華な忘新年会を楽しんでいるともいえる。

<2012年~2013年の忘新年会の支出額実績と2013年~2014年の忘新年会の想定金額(一回あたり参加費・単一回答)>

3圏域合計
今年の一回あたりの想定額平均:4259円
昨年の一回あたりの想定額平均:4239円
昨年の一回あたりの実績額平均:4325円

首都圏
今年の一回あたりの想定額平均:4267円
昨年の一回あたりの想定額平均:4219円
昨年の一回あたりの実績額平均:4318円

関西圏
今年の一回あたりの想定額平均:4227円
昨年の一回あたりの想定額平均:4269円
昨年の一回あたりの実績額平均:4314円

東海圏
今年の一回あたりの想定額平均:4287円
昨年の一回あたりの想定額平均:4254円
昨年の一回あたりの実績額平均:4372円

※平均は0円(自分では払わない)を除いて集計。外れ値として各費用の上下0.1%の範囲のデータを除いて集計している。
※昨年の支出額(参加費)は、自分で払っていなくても会にかかった1人あたりの金額を尋ねている。今年の想定金額、昨年調査での昨年の想定金額は、ともに自分で払ってもいい額として尋ねている。


――――――――――――――――――――――
◆「友人・知人関係」の忘新年会が増えそうだが、
 積極参加派は前年比では減少。
――――――――――――――――――――――

2013年~2014年忘新年会を誰と行うかについて聴取した結果、3圏域合計でもっとも多かった相手は「会社・仕事関係」で44.4%、次いで僅差で「友人・知人関係」が43.6%となった。前年の実績と比較すると、「会社・仕事関係」は+0.2pt(44.2%→44.4%)と微増にとどまっているが、「友人・知人関係」は+6.4pt(37.2%→43.6%)、他に「家族・親族関係」も+3.8pt(14.2%→18.0%)と伸びている。参加回数予想では前年並みという回答だったので、実際の参加機会が増えるのかどうかは微妙だが、オフィシャル(仕事関係など)よりプライベート(家族・友人関係)の機会にシフトしていく可能性がありそうだ。また、圏域別では、首都圏・関西圏に比べると東海圏では「友人・知人関係」「家族・親族関係」「趣味・サークル関係」など、プライベート系の忘新年会が少な目の傾向にある。

<2013年~2014年に参加する機会がありそうな忘新年会の関係(複数回答・3圏域合計)>

第1位:会社・仕事関係(44.4%、前年+0.2pt)
第2位:友人・知人関係(43.6%、前年+6.4pt)
第3位:家族・親族関係(18.0%、前年+3.8pt)
第4位:趣味・サークル関係(14.1%、前年+1.6pt)
第5位:学校関係(6.8%、前年+1.0pt)

<2013年~2014年、積極的に参加したい忘新年会の関係(複数回答・3圏域合計)>

第1位:友人・知人関係(36.2%、前年比▲4.6pt)
第2位:会社・仕事関係(19.6%、前年比▲0.5pt)
第3位:家族・親族関係(13.2%、前年比▲0.8pt)
第4位:趣味・サークル関係(11.1%、前年比▲1.1pt)
第5位:学校関係(4.2%、前年比▲0.3pt)

※前年数値は前年の同調査で聴取したもの。


詳しくは『ホットペッパーグルメリサーチセンターWEBサイト』をご覧ください。

▼詳細はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
◎参考『ホットペッパーグルメ』概要
――――――――――――――――――――

国内最大級のグルメ・クーポン情報サイト

■サイト名:『ホットペッパー グルメ』
パソコン版:リンク
ケータイ版:リンク

■総掲載店舗数:70万店
詳細情報掲載店舗数:7.4万店 ※2013年11月現在


▼リクルートライフスタイルについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。