logo

2014年のNHK大河ドラマの主人公「黒田官兵衛」ゆかりの全国5都市(長浜市、姫路市、瀬戸内市、福岡市、中津市)を回るスマートフォンアプリが登場

株式会社オープンキューブ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中鋼)は、2013年12月2日(月)~2015年1月31日(土)に実施される、豊臣秀吉の天下取りの参謀として有名な“黒田官兵衛(以下、官兵衛)”ゆかりの5都市を巡るスタンプラリーイベント「黒田官兵衛 五国巡り」専用のスマートフォンアプリとウェブサイト『黒田官兵衛 ゆかりの地を巡る旅』を、12月2日(月)にリリースいたしました。こちらは、2014年のNHK大河ドラマを機に、官兵衛をPRすることによる観光誘致を目的としてつくられた黒田サミット五都市連絡会(滋賀県長浜市・兵庫県姫路市・岡山県瀬戸内市・福岡市・大分県中津市)との共同企画となります。本アプリおよびウェブサイトは、スタンプラリーイベントに参加しない場合でも、各市を観光する時のツールとしてお楽しみいただけます。



■アプリ内容

1.官兵衛にゆかりのある各市の観光ポイントと歴史的背景を紹介
スタンプラリーイベント「黒田官兵衛 五国巡り」において、各市に設置したチェックインポイントを日帰りで回れる観光コースのほか、各チェックインポイントの見どころ、交通ルート、ご当地グルメなどを紹介しています。各チェックインポイントは、黒田サミット五都市連絡会の各市担当者が、官兵衛にゆかりのある場所や観光に適した所を選定しています。本アプリを利用いただくことで、スタンプラリーで各ポイントを回る際にスムーズな移動ができ、それぞれの歴史的背景を知ることができます。さらに詳しい情報を知りたい場合、アプリ内に記載された外部サイトへアクセスすることが可能です。


<各市のチェックインポイント>
滋賀県長浜市:JR長浜駅、黒田家御廟所、戦国大河きのもと館(ながはまの官兵衛大河ドラマ館)、長浜城(ながはまの官兵衛歴史館)、JR木ノ本駅
兵庫県姫路市:JR姫路駅、ひめじの黒田官兵衛 大河ドラマ館、姫路城(官兵衛の歴史館)、好古園、姫路モノレール(手柄山交流ステーション)
岡山県瀬戸内市:JR長船駅、牛窓オリーブ園、瀬戸内市立美術館、備前長船刀剣博物館、備前福岡(妙興寺黒田家墓所)
福岡県福岡市:JR博多駅、崇福寺(黒田家墓所)、光雲神社、福岡城、福岡市博物館、
大分県中津市:JR中津駅、合元寺、福澤諭吉旧居・記念館、中津城、中津市歴史民俗資料館


2.黒田官兵衛についての小ネタが満載
黒田官兵衛が“軍師”と呼ばれるようになった歴史上の武勇伝やトリビア、秘話を紹介しています。


3.若い女性向けのデザイン
NHK大河ドラマの官兵衛役が岡田准一さん、長政(官兵衛の子)役が松坂桃季さんということで、若い女性層に向けたデザインになっております。

4.「黒田官兵衛 ゆかりの地を巡る旅」のダウンロードはこちら(無料)


App Store(iPhone版)

リンク
Google Play(Android版)

リンク


■アプリと同内容のウェブサイトもリリース
ウェブサイトについては、アプリ内の官兵衛にゆかりのある各市の観光ポイントと歴史的背景のみ紹介しています。携帯電話、スマートフォン、PCからご覧いただけます。
(サイトURL)リンク

■「黒田官兵衛 五国巡り」スタンプラリーについて
株式会社オープンキューブが運営する、携帯電話やスマートフォンを使って日本全国に散りばめられたスタンプやバッジをブラウザ上で集めて楽しむゲーム「ekiSh(エキッシュ)」が黒田サミット五都市連絡会と共同実施する、官兵衛ゆかりの5都市を巡るスタンプラリーです。1都市あたり5つのチェックインポイントを設けています。
(サイトURL)リンク

【期間】2013年12月2日(月)~2015年1月31日(土)

【スタンプラリー方法】
1.各チェックインポイントを訪れて「エキッシュ」にてチェックイン(※1)すると、スタンプがもらえます
2.各市のチェックインポイント5箇所を全て制覇すると、エリアマスターバッジがもらえます
3.5市のチェックインポイント25箇所を全て制覇すると、本イベントのマスターバッジがもらえます
4.各チェックインポイントでは、黒田官兵衛に関するデジタルグッズを購入できます
☆さらに、全てのチェックインポイントを制覇した方に抽選で、各市の名産品をプレゼントします

※1)6ページ目にある参考資料をご覧ください。
※エキッシュのご利用には会員登録(無料)が必要です。
※スタンプ、バッジ、グッズは全て携帯やスマートフォン上で楽しめるデジタルコンテンツです。


■ekiSh(エキッシュ)とは
エキッシュは、日本全国の鉄道に乗って駅に着くたびに、携帯電話やスマートフォンに搭載されたGPS(全地球測位システム)機能を利用してサイト上で駅にチェックインすることにより、サイトに表示されるスタンプやバッジ、グッズを取得・購入し、マイページ上に保存して楽しめるサービスです(ユーザー数23万人)。今回実施するスタンプラリーでは、駅ではなく、黒田官兵衛にゆかりのある場所をチェックインポイントとして回ります。エキッシュは2010年12月のサービス開始後、各鉄道会社と取り組むなかで、地方の過疎化や路線廃止などの厳しい現状を目の当たりにしてきました。現在は、鉄道を通じて全国の地方活性化の一助となる企画を実施し、その地域に足を運ぶきっかけを作るとともに、周辺の観光を促すツールとなるサービスを目指しております。


(サイトURL)リンク


■株式会社オープンキューブ概要
(1)所在地:〒151-0053 東京都渋谷区代々木5-2-13
(2)代表者:代表取締役社長 田中鋼
(3)設立日:2004年4月22日
(4)資本金:30,000,000円
(5)事業内容:インターネットメディア事業、インターネットコンテンツ事業
(6)URL:リンク

■黒田サミット五都市連絡会について
黒田官兵衛(以下、官兵衛)ゆかりの五都市が連携し、2014年のNKH大河ドラマでの放映を機に、様々なPR活動を行っています

滋賀県長浜市(近江)…黒田家発祥の地は、湖北に位置する交通の中継地点。幾多の武将たちの足跡が色濃く残る
兵庫県姫路市(播磨)…官兵衛が生まれ育った播磨は、中国攻めの要衝の地。ここから軍師への階段を歩み始める
岡山県瀬戸内市(備前)…黒田家“礎”の地『備前福岡』は、中世山陽道随一の商業の町。ここで黒田家再興を目指す
福岡県福岡市(筑前)…福岡の町づくりに大きく貢献した黒田家歴代藩主。この地での黒田家の繁栄は明治維新まで続く
大分県中津市(豊前)…豊前十二万石の大名となり、中津城を築城。城下町の遺構に官兵衛の功績と知恵が残る


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社オープンキューブ
[取材] Email:press@opencube.co.jp 担当:山本
[サービス] Email:gmedia@opencube.co.jp 担当:吉野
[一般の方からのお問い合わせ先] Email:support@eki.sh

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事