logo

フォレンジック調査により情報漏えいの予兆を把握し、痕跡を確保

~誰でも簡単にPCの監査ができるポータブルフォレンジックツール~

株式会社シアンス・アール(代表取締役社長:平岡 秀一、本社:東京都中央区)は、フォレンジック調査手法を自動化したポータブルフォレンジックツール『ARGOS DFAS』(アルゴス ディーファス)を提供開始いたします。

近年、不正アクセスや内部不正の手口の高度化・多様化により、従来の情報漏えい対策では原因究明をして適切な対策を取ることが難しくなってきています。これらの対策としてサイバー犯罪の捜査でも活用されているフォレンジック調査が、不正行為の早期発見と未然防止のための有効な手段として注目されています。しかし、フォレンジック調査システムの導入には専門性の高い知識や多額の費用を必要とするため、企業において導入が進んでいないのが現状です。

『ARGOS DFAS』は、フォレンジック調査に必要な専門的なデータを収集し、調査・分析した結果のレポートを自動的に作成します。USB接続したSSDドライブにあるアプリケーションを実行するだけで誰でも簡単にフォレンジック調査を実施できるので、企業のIT部門の管理者が、ユーザのPC内の全ての情報を取得し、不正な操作が行われていないか簡単に監査できるようになります。一般のユーザだけでなく退職者や作業外注者の監査も行うことで、企業の情報漏えい対策をより一層強固なものにします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■製品の特徴
1.専門的なフォレンジック調査の自動化
・システム情報やファイル情報、インターネット閲覧履歴、USB利用状況など様々な情報を収集し、専門家と同様の分析を実現します。
・分析レポートの自動作成機能により、レポートの作成時間を短縮し監査結果を平準化します。

2.簡単な操作性
・監査対象へインストールすることなく、検査項目をチェックするだけで簡単に監査できます。
・検査項目をチェックした監査ポリシーを複数保存できるので、監査レベルに応じた調査を簡単に実行できます。

3.環境に依存しない仕様
・持ち運びに優れたポータブルタイプのため、ネットワークが隔離された端末の分析も実行できます。

4.効果的な情報漏えい対策
・不正アクセスを検出するだけでなく、監査情報を公開することでユーザの不正行為を抑止することができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 製品構成

  ・Software ARGOS DFAS
  ・USB 3.0 対応 外付けSSD
 

▼ ARGOS DFASに関する詳しい情報は以下のWebサイトをご参照ください
 リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 会社概要
◆ 株式会社シアンス・アール
設立 : 2003年9月19日
資本金 : 5,000万円
代表取締役社長 : 平岡 秀一
本社所在地 : 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-3-17 日本橋三洋ビル7F
事業内容 : ソフトウェアプロダクトの販売及び当該ソフトウェアプロダクトの利用を支援する各種サービスの提供

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事