logo

国際大学がみずほフィナンシャルグループとの共同講座「グローバルマーケット・セミナー」を実施

国際大学 2013年12月02日 10時00分 [ 国際大学のプレスリリース一覧 ]
From JCN Newswire

Niigata, Japan, Dec 2, 2013 - ( JCN Newswire ) - 国際大学(学長:北岡伸一)では国際関係学研究科の学生を対象として、2014年冬学期にみずほフィナンシャルグループとの共催で修士課程短期集中講座「グローバルマーケット・セミナー」(1単位)を開講いたします。

国際関係学研究科は3つのプログラム(国際関係学、国際開発学、公共経営・政策分析プログラム)から構成されており、大学院生の多くはアジアを中心とした新興国からの留学生です。特に国際開発学プログラムと公共経営・政策分析プログラムには、出身国において、将来、経済開発政策の立案・実施を掌る中核的な行政官となる有望な人材が、経済学及び公共経営学を中心とした社会科学の知識・技能を習得するために、日々、勉学・研究活動に励んでいます。

本講座は、そのような大学院生を対象に、日本・アジアを含む国際金融の現状及び本邦金融機関の役割に関する実践的教育を強化する施策の一つとして、みずほフィナンシャルグループと本研究科が共同で企画したものです。みずほフィナンシャルグループ・恵比寿研修センターでの集中講義及び国際大学キャンパスでの事前・事後セッションで構成され、全ての講義は英語で行われます。集中講義は、みずほフィナンシャルグループ各社のエコノミストやアナリストなど、国際金融市場の現場で活躍している講師により、輪講形式で行われます。

■ 科目名: グローバルマーケット・セミナー(1単位)
■ 会場: 恵比寿研修会館
■ 集中講義期日: 2014年1月16-17日
■ コーディネーター: 柿中 真 国際大学国際関係学研究科教授、研究科長
■ 講義概要:
● 事前セッション: 資本市場への導入(柿中 真)
● セッション1: 日本経済: 過去、現在、未来
長谷川克之(みずほ総合研究所株式会社 調査本部市場調査部 部長)
● セッション2: 近年における円相場の変遷と、通貨危機後のアジア為替市場の発展
五味川 昌(みずほ銀行 国際為替部グローバル為替営業チーム 参事役)
白木 成尚(みずほ銀行 国際為替部アジア・エマージングチーム 参事役)
● セッション3-1: 日本国債と市場構造
渡邊 秀幸(みずほ銀行 資金証券部債券投資チーム 調査役)
● セッション3-2: みずほの外貨ALM及び外債投資業務について
大島 周(みずほ銀行 国際資金証券部 執行役員部長)
● セッション 4: 日本のマクロ財政状況と株式市場
北岡 智哉(みずほ証券 リサーチグループエクイティ調査部 ヴァイスプレジデント)
● セッション 5: アセットマネジメントビジネスの概要
杉原 規之(みずほ銀行 アセットマネジメント業務部アセットマネジメント推進チーム 参事役)
● セッション 6-1: 邦銀の海外戦略について
北坂 哉(みずほ銀行 国際業務部 副部長)
● セッション 6-2: アジア債券市場構想
北坂 哉(みずほ銀行 国際業務部 副部長)
● 事後セッション: グループ・プレゼンテーション(柿中 真)

【国際大学について】
国際大学(International University of Japan; 略称IUJ)は、国際的に活躍する人材の育成を主目的に1982年に設立された大学院大学です。広くわが国の経済界、教育界並びに地域社会から多くのご支援をいただき、日本で最初の、全て英語による教育を基盤としたプロフェッショナルスクールとして、国際社会に貢献するために必要な専門知識と、異文化に対する理解と共感を持ったグローバルリーダーを養成しています。約40カ国からの学生が在籍するキャンパスは、異文化理解、国際感覚等が自然と培われる環境となっています。また、日本の主要企業とグローバル人材育成のためのパートナーシップを締結し、現在51社1機関がパートナーとなっています。

お問い合わせ先:
国際大学
広報担当 高橋典子
電話: 025-779-1116(直通)
ファックス: 025-779-1188
電子メール: media@iuj.ac.jp
www.iuj.ac.jp/j リンク

概要:国際大学

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事