logo

マクニカネットワークス、オーバーレイ型のSDNソリューションを提供する米国PLUMgrid(プラムグリッド)社と販売代理店契約を締結

~仮想環境にて図面作成ツールの感覚でネットワーク設計を実現~

ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がけるマクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:宮袋 正啓)は、この度、仮想ネットワークインフラストラクチャソリューションを提供するPLUMgrid Inc.(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、CEO:Awais Nemat)と国内販売代理店契約を締結したことを発表いたします。

パブリッククラウドやプライベートクラウドの基盤技術である仮想化テクノロジーは、サーバやストレージの分野では大きな進歩を遂げてきましたが、ネットワークに関しては進んでおらず、Software-Defined Data Center(SDDC)の実現の足かせになっていました。次世代のネットワーク技術であるSDN(Software Defined Network)に注目が集まる中、このSDN技術をSDDCの実現のために使うというトレンドができつつあります。

PLUMgrid Platform はVMWare vSphere、OpenStack KVMなどの複数の仮想化プラットフォームに対応したオーバーレイ型のSDNソリューションです。テナントや組織ごとの完全なネットワークアイソレーションを実現するだけではなく、IOVisorと呼ばれる独自のテクノロジーを用いて、L2スイッチ、ルーターやDHCP、NAT、ファイアウォール機能、ロードバランサなど、高パフォーマンスかつ多彩なネットワーク機能を、仮想化プラットフォーム上に実現します。その方法は、GUI上で図面作成ツールのようにマウスをクリックするだけの簡単なものです。

マクニカネットワークスは、仮想化技術に関する豊富なビジネス経験と知識を用いて、データセンターやクラウド事業者の生産性と効率性を向上させるべく、PLUMgrid Platform の持つ仮想環境下のネットワークの合理化技術を積極的に国内展開してまいります。

【主な特長】
・ハイパーバイザー上で動作するソフトウェア製品のため導入が容易。
・ネットワークの設計、構築、導入をGUIだけで行うことができ、ネットワーク稼動までの時間を大幅に短縮。
・ソフトウェアで定義したそれぞれの仮想ネットワーク(以下仮想ドメイン)を簡単かつ完全に分離。
(ネットワークアイソレーション)
・クリック1つでプラットフォームにビルトインされた様々なネットワーク機能(L2スイッチ、ルーター、DHCP、NAT、
TAP、ロードバランサ、ファイアウォール等)が利用可能。
・高機能ネットワーク機器などのサードパーティ製品と簡単にインテグレーションが可能。
・VMware vCenterやOpenStackなどの業界標準の仮想環境マネジメントツールと連携。また、ネットワーク構成を他
の仮想化テクノロジーと同じようにコピーしたり、以前のバージョンに戻したりすることが可能。
・ネットワークの負荷状況を可視化できるだけでなく、ジッターやパケット損失、遅延などもリアルタイムに解析。
・アーキテクチャ上、PLUMgridの管理サーバ(Director)が直接データプレーンに介在しないため、スケールアウトが
可能。
・全ての操作はAPIを通して実行できるため、既存のクラウドマネージメントシステムへの統合が容易。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。