logo

太陽光発電の発電量監視 ・ ビル,マンションの省エネ監視に最適 ローコスト 新エネルギー監視システムの発売

渡辺電機工業株式会社 2013年11月28日 07時00分
From PR TIMES

渡辺電機工業株式会社(東京都渋谷区 代表取締役 渡辺秀禧)は、「太陽光発電の発電量監視」や「ビル・マンションの消費電力監視」に最適な新エネルギー監視システムを発売します。

本システムは発電量や消費電力を計測する「小型エネルギー計測器(WTM-PW)」と「エネルギー監視ソフト(WRS-KBR)」から構成されており、パソコンを使用して太陽光発電の発電量を最少5分間隔で簡単にモニタリングする事ができる製品です。
エネルギーの見える化を行うソフトウェアを無償にて提供する事によって、当社従来比1/5、業界最低水準価格にて「発電量・消費電力・ガス・水道使用量の見える化」を実現する事ができます。




本製品の特徴

1.太陽光発電の発電量・売電量を無償ソフトウェア「エコノ見分録」を使用して、業界最低水準のコストで「見える化」する事ができる。

2.電気料金を決めるピーク電力(デマンド電力)の「見える化」を行うことができ、目標とする電気料金を超えそうな場合は、空調機等を制御するコントロール機能を持っている。    

3・1本のソフトウェアに最大5台までのパソコンでアクセスする事ができ、社内で複数の担当者が同時に発電量と消費  電力の監視をすることができる。                                                                                  


本製品開発の背景    

1.太陽光発電設備では発電量・売電量の「見える化」や異常状態の監視を行う必要があり、より低価格な製品ニーズが急速に高まっている事

2.ビル・マンションの省エネ監視システム市場が政府の補助金によって、急激な拡大をしており、当社顧客から簡易  計測システムのニーズが非常に高い事

3.一般的なエネルギー監視システムは設定の変更にもメーカーを呼ばなければいけない等、メーカー主導型の製品が

多く、多くの潜在顧客が既存製品に不満を抱えている事  


本製品の製品名・型式

製品名:新エネルギー監視システム

エネルギー監視ソフト (WTM-KBR) 

小型エネルギー計測器 (WTM-PW) 


本製品の価格

エネルギー監視ソフト (WTM-KBR) 無償

小型エネルギー計測器 (WTM-PW) 電力のみ計測タイプ 100,000円(税抜)

小型エネルギー計測器 (WTM-PWオプション付き) 電力・ガス・水道計測タイプ 115,000円(税抜)


受注開始時期

2013年12月2日


販売目標

初年度 2,000システム

発売後3年間で10,000システム                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事