logo

英語学習サイト「フルーツフルイングリッシュ」が日本eーLearning大賞「英語ライティング部門賞」を受賞しました

フルーツフルイングリッシュ・リミテッド 2013年11月28日 08時30分
From PR TIMES

英語学習サイト「フルーツフルイングリッシュ」は2013年11月20日、東京御茶ノ水で開催された「日本 e-Learning Awards 2013フォーラム(後援:文部科学省、経済産業省、総務省、厚生労働省)にて、「英語ライティング部門賞」を受賞いたしました。

日本e-Learning大賞は、e-Learning Awardsフォーラム実行委員会ならびにフジサンケイビジネスアイが主催し、4省(経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省)が後援する教育をテーマにしたものとして他に例がなく大変希少なアワードです。eラーニングに関する革新的な技術、コンテンツ、導入事例を表彰しています。



報道関係者各位


「フルーツフルイングリッシュ・リミテッド(東京都江戸川区 代表取締役:近藤光雄)」が運営するライティング指導に特化した英語学習サイト「フルーツフルイングリッシュ」(リンク)は2013年11月20日~22日に開催された「日本 e-Learning Awards 2013フォーラム(後援:文部科学省、経済産業省、総務省、厚生労働省)にて「英語ライティング部門賞」を受賞いたしました


▼「日本e-Learning Awards」ウェブサイト
リンク


eラーニング大賞は、ブロードバンド社会におけるeラーニングの健全な発展、市場の確立、コンテンツサービス提供企業の育成支援を目的として2004年から開催されており、今年で10回目を迎えています。


フルーツフルイングリッシュは、英語ライティング専門のオンライン学習サイトとして、2004年にサービスインし今年で10年目を迎えます。


「フルーツフルイングリッシュ」が専門に指導している「英語を書く」スキルについては、TOEICやTOEFLテストを運営するETS社の調査「上場企業における英語活用実態調査2011」にある通り、eメールに代表される英語を書く機会が会話などに比べて増えてきており、ビジネスパーソンを中心にここ数年利用者数が急伸しております。


グローバルな経済環境を生き抜くために企業レベルでは社員一人一人の英語力の必要性が高まり、個人レベルでもFacebookやTwitterというソーシャルメディアの登場で直接会わなくても頻繁なコミュニケーションが可能となる時代背景の中で、好きな時に、好きな場所で、好きなカリキュラムで英語ライティングスキルを学ぶことができるeラーニングの存在感は今後ますます増していくものと考えられます。


今回の日本eラーニング大賞「英語ライティング部門賞」受賞により、これからも「フルーツフルイングリッシュ」が日本人の英語力向上に貢献できる機会が増えてくるものと考えております。


▼「フルーツフルイングリッシュ」公式ウェブサイト
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事