logo

ニュータニックス、すべての仮想デスクトップユーザーに向けた アプリケーションの提供を可能にする業界初の統合インフラ・ソリューションを発表

ニュータニックス合同会社 2013年11月27日 15時02分
From PR TIMES

新製品NX-7110が、動画や画像を多用するアプリケーションをワークステーション並のパフォーマンスに

Nutanix Inc.(本社:米国カリフォルニア州、創業者兼CEO:Dheeraj Pandey 以下、Nutanix)は本日、グラフィック アプリケーションを多用する仮想デスクトップ向けに最適化された、業界初の統合インフラストラクチャー・ソリューション「NX-7110バーチャルコンピューティング プラットフォーム」を発表しました。この新しいプラットフォームによって、導入企業は、仮想デスクトップを最大限のパフォーマンスで稼動させる単一インフラストラクチャーを構築することができます。

仮想デスクトップの利用は、企業規模を問わず、全世界のビジネスシーンで主流になりつつあります。しかし、その幅広い成功とは裏腹に、動画や画像を多用するアプリケーションを物理ワークステーションと同等のパフォーマンスで実行することは、仮想デスクトップ インフラストラクチャー(VDI)では、非常に困難なこととされてきました。今回発表されたNX-7110は、このような課題を解決し、仮想環境においても、マルチメディアや画像の活用を可能とします。この新しい統合プラットフォームは、地理空間情報サービス、ビデオストリーミング、CADデザイン、3Dレンダリングなど、特に画像を多用するアプリケーションを実行する仮想デスクトップに向け開発されたものです。さらに、本プラットフォームでは、複数のハイパーバイザーをサポートしており、導入企業はVMware Horizon、Citirix XenDesktopのいずれについても選択することができます。

General Dynamics C4 Systems社で、米国陸軍をサポートするLandWarNet Schoolのシステムアドミニストレーターを務めるDavid Avery氏は、Nutanixが提供するバーチャルコンピューティング プラットフォームについて次のように述べています。「当社のビジョンと技術的な将来性に基づき、Nutanixバーチャルコンピューティング プラットフォームを、自社の標準VDIインフラストラクチャーとして採用しました。本ソリューションは、グラフィック アプリケーション向けに設計されたものですが、大規模なVDI環境のためのソリューションとしても十分活用できます。現在、当社のデータセンターにおける次世代のインフラストラクチャーとしてNutanixを採用するために、さらなる検証を進めています」

NX-7110では、ユーザーが日々使用するものと同様のグラフィック アプリケーションを利用できるよう、NVIDIA GRIDとTeradici PCoIP双方のテクノロジーを融合していますが、デスクトップはあくまでも仮想的なものとなっています。NVIDI社のGRIDおよびTeradici社のPCoIPハードウェア アクセラレータ ソリューションを、スケーラブルで高いパフォーマンスを誇るNutanixの仮想コンピューティング テクノロジーと組み合わせることで、仮想デスクトップをこれまでにはない規模と範囲に適用することができます。導入企業は、高価で移動性に欠ける物理ワークステーションを使用することなく、どこからでも、どんなデバイスからでも必要なアプリケーションを利用できるようになります。NX-7110により、非常に負荷の高いグラフィック アプリケーションについても、廉価なラップトップやモバイルデバイスから、高価なデスクトップ・ワークステーション並みのパフォーマンスで利用することができるようになります。

NVIDIA社のGRIDビジネス担当ジェネラルマネージャーであるJustin Boitano氏は、NX-7110について次のように述べています。「Nutanix NX-7110バーチャルコンピューティング プラットフォームは、最先端のNVIDIA GRIDグラフィック テクノロジーと、簡潔で拡張性の高いNutanixの統合インフラストラクチャーを組み合わせたプラットフォーム製品です。NVIDIA GRIDのグラフィック性能を最大限に生かすことで、最も負荷が高いとされる3Dアプリケーションでも、モバイル環境から確実に使用できます」

導入企業は、既存のNutanixクラスターにNX-7110を追加するだけで、グラフィック向けの処理をシームレスに一体化し、共通の統合コンソールであるNutanix Prismを介して管理することができます。さらに、NX-7110では、多様な構成が可能となるため、データセンターの管理者は、組織内で仮想デスクトップを使用する特定ユーザーグループの要望に対しても適切に対応することができます。

Nutanix Inc.のマーケティングおよび製品管理担当VPであるHoward Tingは、自社のミッションについて次のように述べています。「Nutanixバーチャルコンピューティング プラットフォームによって、導入企業がエンドユーザーからのほとんどのNX-7110 を要求に応えられるよう支援することが、私たちのミッションです。NX-7110は、デスクトップの仮想化において飛躍的な進歩をもたらします。私達Nutanixは、あらゆるアプリケーションをすべての仮想デスクトップで使用できるようにする、垂直統合インフラストラクチャーを提供できる最初で唯一のプロバイダと言えるでしょう」

ニュータニックス、新しいNX-3000及びNX-6000バーチャルコンピューティング プラットフォームを発表
Nutanix Inc.では、さらにNX-3000およびNX-6000製品ファミリーとして、インテル社のIvy Bridgeプロセッサーを採用した5つの新たなプラットフォーム製品を発表しました。新製品NX-3060、NX-3061、NX-6060およびNX-6080は、仮想化サーバ、プライベートクラウド、VDI、ビッグデータ環境などにおいて優れたコストパフォーマンスを発揮します。これらのプラットフォームは、ホスト単体で最大115の仮想マシンをサポートし、既存のNutanixプラットフォームに比べ、30%のパフォーマンス向上が図られています。またNX-6020では、25%のストレージ容量アップが図られ、データのアーカイブやストレージ容量を必要とするアプリケーションに対して、高いコスト効果でリソースを提供することができます。

提供時期
これらの新製品は、全世界のNutanix販売代理店からご購入いただくことができます。新プラットフォームに関する詳細な情報および提供時期については、リンク でご覧いただくか、最寄りのNutanix社営業、または販売代理店までお問い合わせ下さい。

Nutanix Inc.について
Nutanix Inc.は、データセンターインフラ向けに大規模な拡張性と画期的なシンプルさを兼ね揃えた効率的なソリューションを提供しています。Nutanixの仮想化コンピューティング・プラットフォームは単一のアプライアンスでサーバとストレージの統合をシームレスに実現する機能を内蔵し、業界で高い評価を得ています。米国カリフォルニア州サンノゼに本社を置き、世界各国に営業拠点および正規ソリューションプロバイダを展開しています。Nutanix Inc.の詳細については、www.nutanix.comをご覧ください。


【本件に関する報道機関からの問い合わせ先】
ニュータニックス合同会社
担当:岡田 卓也
電話:03-5288-5252 E-mail:Takuya@Nutanix.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事