logo

テクトロニクス、最新のIEEE 802.11 無線LANテスト・ソリューションを発表

テクトロニクス 2013年11月19日 15時47分
From Digital PR Platform


報道発表資料
2013年11月19日

テクトロニクス(代表取締役 米山 不器)は、本日、ミックスド・ドメイン・オシロスコープ、リアルタイム・スペクトラム・アナライザ、パフォーマンス・オシロスコープ、解析ソフトウェアを強化し、最新の無線LAN規格に対応した新たなテスト・ソリューションを発表します。今回のソリューションによって、 IEEE 802.11 a/b/g/j/n/p/ac 無線LAN機能の統合を効率的に行いたい設計エンジニアを強力に、かつリーズナブルな価格で支援することが可能になります。このソリューションは、家電製品から産業機器まで、増え続ける無線LAN機能を内蔵した機器設計の効率化を実現します。

新しい無線LANテスト・ソリューションはIEEE 802.11 a/b/g/j/n/p/acのテスト/デバッグにおいて、業界で最も高い付加価値と使いやすさを提供します。さらに、テクトロニクスはその新しい製品ラインアップとソフトウェア・ソリューションにおいて、次のような無線、RFテスト・アプリケーション向けの大幅な機能強化を実施します。

・スペクトラム・アナライザ性能を大幅に向上し、医療、自動車から家電、民生機器まで、さまざまな分野で急速に普及する無線アプリケーションに最適なミックスド・ドメイン・オシロスコープであるMDO4000Bシリーズを発表します。ミックスド・ドメイン・オシロスコープは、テクトロニクスが提供する、世界初、唯一のスペアナ統合オシロスコープであり、1台の計測器でアナログ信号、デジタル信号、RF信号を、時間相関をとりながら取込むことができます(詳細についてはMDO4000Bシリーズのプレス・リリースをご覧ください)。

・今回発表するもう一つの新製品RSA5000Bシリーズは、165MHzのリアルタイム取込帯域幅と、クラス最高の信号捕捉性能を持ちます。2.8マイクロ秒持続する信号であれば100%の信号捕捉確率(POI)を実現します。この拡張された帯域幅は、高速なIEEE 802.11ac信号など、さまざまなアプリケーションのテストで必要になります(詳細については、RSA5000Bシリーズののプレス・リリースをご覧ください)。

・SignalVu-PCソフトウェアの新しいオプションでは、MDO4000Bシリーズとのライブ・リンク機能と、IEEE 802.11 a/b/g/j/n/p/acの送信波形の変調解析をサポートしています。

・RSA5000B、RSA6000シリーズ・スペクトラム・アナライザの新しいオプションでは、IEEE 802.11 a/b/g/j/n/p/acの送信波形の変調解析をサポートします。

・MDO/DPO70000シリーズ、DPO7000シリーズ・オシロスコープにおいて、無線LANをサポートするための機能がSignalVu(R)オプションに追加されます。

テクトロニクスは、スペアナ統合オシロスコープによって無線LANテスト・ソリューションを提供する業界で唯一のメーカとなりました。エンジニアの多くは、組込み設計におけるアナログ/デジタル回路のデバッグにオシロスコープを使用しますが、無線LANやRFのテスト機器の操作経験のあるエンジニアの数は圧倒的に不足しています。ミックスド・ドメイン・オシロスコープの新製品、MDO4000Bシリーズを使用することで、1台の計測器でデジタル信号、ベースバンド信号、RF信号の検証、デバッグが行えます。複数の計測器を使用する場合に比べて低コストであるばかりでなく、操作が容易で、効率的な設計プロセスの導入によりエンジニア不足の解決につながります。

テクトロニクス、ソース・アナライザ・プロダクト・ライン、ジェネラル・マネージャのJim McGillivaryは、次のように述べています。「インターネットの普及に伴い、数多くの製品が無線LANを組込むようになっていますが、どの製品もコンプライアンス・テストに合格しなければなりません。製品のライフサイクルのすべての段階において、無線LANテスト・ソリューションを必要とする大きな市場が存在します。テクトロニクスは、より優れた操作性と、既存のソリューションに比べてほぼ半分のコストでこのニーズに応えます」

低コスト実現の一例としては、MDO4000BシリーズとSignalVu-PCソフトウェアのライブ・リンク機能があります。専用の計測器を別々に使用するのではなく、MDO4000Bシリーズを使用することでベクトル・シグナル・アナライザ機能を1台の計測器とPCで実現し、パルス測定、スペクトル解析/変調解析、表示が行えます。ライブ・アップデート機能は測定データの転送を自動で行い、PC上で連続的に解析結果をアップデートします。このソリューションは、業界トップクラスの取込帯域幅(最低1GHz)性能と優れた信号品質を備えています。また無線LAN測定用のプリセット機能により、機器をすばやく、簡単に設定できます。

<販売開始> 11月20日より

<テクトロニクスについて>
テクトロニクスは、計測およびモニタリング機器メーカとして、世界の通信、コンピュータ、半導体、デジタル家電、放送、自動車業界向けに計測ソリューションを提供しています。65年以上にわたる信頼と実績に基づき、お客様が、世界規模の次世代通信技術や先端技術の開発、設計、構築、ならびに管理をより良く行えるよう支援しています。米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、現在世界22カ国で事業を展開しています。詳しくはウェブサイト(www.tektronix.com/ja)をご覧ください。

<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク )
YouTube(リンク

<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL リンク

Tektronix、テクトロニクス、SignalVuはTektronix, Inc.の登録商標です。本文に記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事