logo

株式会社WevNAL様 導入事例発表 理想のシステムを味方に、さらなる成長の道へ!



日本オプロ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:里見 一典)は、株式会社WevNAL様へ帳票☆クラウド「OPROARTS Core(以下、OPROARTS)」を提供した事例を発表いたしました。

「見せ方から、魅せ方へ」を合言葉に、広告事業と制作事業の二本柱でクライアント企業に、魅せるWebプロモーションを提供してきた株式会社WevNAL様。設立からわずか2年で、ベンチャー企業が乱立するインターネット業界において確固たる地位を築き、業績を伸ばし続ける企業へと成長を遂げました。
今回は、株式会社WevNAL 管理部 老子 安奈様にOPROARTSの検討から導入までの経緯、稼動状況について伺いました。


さらなる成長のための理想のシステムとは?
当社は、設立から3期目を迎えました。ありがたいことにお客様からの依頼は月を追うごとに増え続け、順調に業績を伸ばしています。一方で、急増する顧客情報の管理、社員の業績管理が目下の課題となり、これを解決しない限り、さらなる成長は望めないと思うようになりました。
そのような状況の中で、情報管理システム導入が社内で検討されるようになります。当社に最も必要なシステムとは何か、まずは経営陣や各事業部にヒアリングすることから始めました。その結果、挙げられたのが二つの条件です。一つは、暑中見舞いや年賀状、その他、すべての帳票を一括出力できるシステム。そしてもう一つは、受注高、売上高を担当者ベース、案件ベース、商品ベースなど、さまざまな条件で経営判断に役立つデータを抽出できるシステムでした。そしてたどり着いた先が、Cybozu kintoneとOPROARTSのコラボレーションシステムでした。


コストをかけず、短期間で理想を実現!
OPROARTSの導入を決めたのは、その充実した機能性以外にもたくさんの理由があります。

当社のようなベンチャー企業は、まだまだ資金が豊富というわけではないので、初期費用とランニングコストが抑えられることが何よりも魅力的でした。さらに短期間での導入も可能。実際に導入の段階になっても、日本オプロの社員さんがしっかりフォローしてくれます。その結果、およそひと月という短い期間で、当社が求めていた理想のシステムを構築することができました。


タイムリーな情報が未来を拓く
OPROARTSの導入によって、面倒だった請求書発行業務の負担が大幅に削減されました。入力ミスや二重発行というムダもなくなり、発行される請求書自体も格段と見やすくなったと社内外から好評をいただいています。また、売上の進捗状況をリアルタイムで把握でき、さまざまな切り口からデータの抽出もできます。使えば使うほど、当社のようなベンチャー企業にはうってつけのシステムだと感動しますね。そして同時に、新たな欲も出てきます。資金繰りなど、ベンチャー企業がぶつかる壁はまだまだありますので、それらを一括で解決できるシステムの開発を期待しています!


【主な効果】
○ 初期費用、ランニングコストの削減
○ 業務のムダをカット
○ 的確な情報による的確な経営判断が可能に


【株式会社WevNAL様事例詳細】
リンク


【その他の事例紹介】
リンク


【イベント出展・セミナー情報】
2013年12月17日 ERPフロントソリューション第1弾!基幹業務のモバイル活用実践セミナー
ERPフロントソリューション第1弾として、基幹業務のモバイル活用についてデモを交えてご説明します
リンク


日本オプロ株式会社概要
社名: 日本オプロ株式会社
社長: 里見 一典
設立: 1997年4月4日
所在地: 東京都港区芝3-43-15 芝信三田ビル6階
URL: リンク

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。


本件に関するお問い合わせ先
日本オプロ株式会社
C-Collabo推進部
e-mail:sales@jp.opro.net
電話:03-5765-6510 / FAX:03-5765-6560

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。