logo

アルテラ、『ET2013/組込み総合技術展』に出展 ~ テーマは「今すぐ使えるFPGAソリューション」 ~

日本アルテラ株式会社 2013年11月15日 11時12分
From PR TIMES

明日からの設計に役立つ情報、量産出荷中 28nm FPGA/SoC ソリューション群を一挙公開

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーである米アルテラ・コーポレーションの日本法人、日本アルテラ株式会社(東京都新宿区 代表取締役社長:ハンス・チュアン、NASDAQ:ALTR  以下、アルテラ)は、2013年11月20日(水)~22日(金)パシフィコ横浜にて開催される『ET2013/組込み総合技術展(以下、ET2013)』に出展いたします。


アルテラブース(ブース番号:A-30)では、「今すぐ使えるFPGAソリューション」をテーマに、最先端 28 Gbps トランシーバ・テクノロジー、OpenCLソリューション、日本企業が強みを発揮する分野としてますます注目を集める自動車および産業機器市場アプリケーションでの具体的な活用方法まで、量産出荷中28nm FPGA / SoCソリューションを中心に、組込みシステム設計開発に携わるすべての皆さまに、明日からの設計にすぐに役立つ情報、デモをご紹介いたします。


また、アルテラおよびパートナー各社のソリューション概要を、15分でご紹介するブースプレゼンテーションも各日21セッション行われます。さらに、FPGAトラック(無料)では、FPGA入門講座から最先端技術の紹介まで、実際の設計に役立つ講演を、5セッションをお届けします。


<ET2013出展概要>
■展示会名: Embedded Technology 2013/組込み総合技術展 (公式サイト:www.jasa.or.jp/et/)
■会期: 11月20日(水) ~ 22日(金) 10:00 ~ 17:00 [ 21日(木) のみ10:00 ~ 18:00 ]
■会場: パシフィコ横浜 
■ブース番号: A-30


【主な展示/デモ内容】
・最先端 28 Gbps トランシーバ・テクノロジー <展示会初登場>
・OpenCL(TM) for FPGA (フィックスターズ社)
・アルテラ FPGA 搭載 開発キット
・Helio ボードによる画像処理デモ (アルティマ社)
・SW + HW 実装デモ
・アルテラ SoC システム開発環境
・IP コア ソリューション: 高速化 Android 大容量・高速ストレージ (富士ソフト社)
・ライセンスを簡素化する産業用イーサネット・ソリューション
・アルテラ FPGA によるドライブ装置向けソリューション
・アルテラ SoC による車載センサー・フュージョン開発コンセプト
・車載インフォテイメント・システム開発キット <展示会初登場>

詳細は、こちらでご確認ください:
リンク


アルテラ・コーポレーションについて
アルテラ・コーポレーションは、プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーです。1983年にシリコンバレーで創業した世界で最初のファブレス企業であり、1988年にNASDAQに上場しました。FPGA/CPLD、ASICなど、カスタム・ロジックの分野でテクノロジー・リーダーとして高成長を続け、顧客 企業のイノベーションに貢献しています。世界各国に拠点を持ち、日本法人である日本アルテラ株式会社は1990年に設立されました。顧客志向のソリューションが高く評価され、日本におけるPLD市場でトップシェアを維持しています。

・ Altera、The Programmable Solutions Company、アルテラのロゴ、弊社特定デバイスの定義、およびその他の商標ならびにサービス・   マークを意味する語彙は、特記されていない限り、すべてアルテラ・コーポレーションの米国及びその他の国における登録商標、商標またはサービス・マークです。その他記載されている製品名あるいはサービス名は各所有企業に帰属します。 

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。