logo

《難関大・二次対策に必須》荻野文子先生の「マドンナ古文Web」で「トップレベル記述古文ゼミ」「源氏物語集中ゼミ」など4つの講座が新登場!

株式会社 学研ホールディングス 2013年11月12日 10時22分
From PR TIMES



株式会社学研ホールディングス(東京・品川/社長:宮原博昭)のグループ会社である株式会社学研教育出版(東京・品川/社長:中村雅夫)は「大学受験のマドンナ」こと荻野文子先生の映像授業を受講できる「マドンナ古文Web」リンクにて、新講座「トップレベル記述古文ゼミ」「源氏物語集中ゼミ〈直前〉」「古典評論ゼミ〈直前〉」「古典文法強化ゼミ〈夏期〉」の受講申し込みを開始いたしました。

11月からは難関大合格に向けての仕上げや、センター試験の二次対策を始めるのに適した時期です。
さらに、ここでしっかりと文法をおさらいしたい受験生の強力な味方となる講座も揃っております。

古文を得点源にできる力が身につく「マドンナ古文Web」を、受験勉強のラストスパートに大いに活用できる講座になっています。


【講座概要】※4講座とも2013年11月12日より受講できます。

(1)「トップレベル記述古文ゼミ」  
リンク

対象:高3生、高卒生/東大・京大をはじめとする超難関の国公立二次を受験する生徒
内容:記述式ならではのテクニックを集中的にマスターするための講座
受講回数:90分☓10回  受講料:一式 19,500円(税込)

(2)「源氏物語集中ゼミ〈直前〉」   
リンク

対象:高3生、高卒生/難関国公私立大志望の生徒
内容:入試における最難出典「源氏物語」を攻略するための講座
受講回数:90分☓6回  受講料:一式 12,400円(税込)

(3)「古典評論ゼミ〈直前〉」   
リンク

対象:高3生、高卒生/難関国公私立大志望の生徒
内容:和歌評論・現古融合に対応する論理思考を身につけるための講座
受講回数:90分☓10回  受講料:一式 19,500円(税込)

(4)「古典文法強化ゼミ〈夏期〉」 ※常時受講可能です。
リンク

対象:高3生、高卒生/ 難関国公私立大志望の生徒
内容:入試で避けて通れない文法を基礎から入試レベルへ一気に引き上げる短期集中型講座
受講回数:90分☓5回  受講料:一式 9,800円(税込)


■「マドンナ古文Web」とは  
リンク

予備校界で数多くの受験生を難関大合格に導いてきた、超人気講師である荻野文子先生の映像授業を受講できるサービスです。全15講座、基礎から難関大まで、全レベル対応。
対象:大学受験をめざす高3生・高卒生/高2生/高1生

※講座一覧はこちら リンク
※無料会員登録をすると、全講座のサンプル動画をご覧いただけます。
 無料会員登録方法はサイトにてご確認ください。
※本講座はPC、タブレット端末、スマートフォンで閲覧できます。


★参考情報

【荻野文子(おぎのあやこ)先生 プロフィール】
上智大学国文学科を卒業後、編集プロダクション勤務を経て、実家の書店を経営。大手予備校講師としては、代々木ゼミナールにおいて、初の女性講師として締め切り講座を続出させたことにより、「受験界のマドンナ」として一躍注目株となる。その後東進ハイスクールに移籍し、映像授業配信を中心とする新しい予備校形態の推進役となった。受講生の厳しいアンケートでは、常に圧倒的な支持を得てきたことで、名実ともにトップ講師として君臨している。
学研より出版された参考書は、平成25年現在累計370万部を超える。
そのほか、高等学校採択用テキストとして『新修古典文法』(京都書房)、一般書として『ヘタな人生論より徒然草』(河出文庫)など古典文学に関する書籍も多く、その文章が大学や高校の入試問題にも採用されている。また、NHKテレビ「100分de名著」において徒然草の解説講師を担当した。現在、株式会社 学研教育出版特別顧問。
主な著書:「マドンナ古文 パワーアップ版」「マドンナ古文単語230 パワーアップ版」ほか

※本講座の授業映像および教材の提供は、すべて著作権利者である荻野文子先生と株式会社学研教育出版との契約に基づくものです。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。