logo

コンフォタブル チェアベッド「Ipsia(イプシア)」新発売

株式会社岡村製作所 2013年11月05日 17時02分
From 共同通信PRワイヤー

2013年11月5日

株式会社岡村製作所

「心地よさ」と「安心」という発想で、確かな治療とホスピタリティをサポートいたします。

株式会社 岡村製作所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)は、コンフォタブル チェアベッド「Ipsia(イプシア)」を、2013年11月6日(水)より開催される「オカムラグランドフェア 2013」にて発表・展示し、2014年1月より発売を開始いたします。
人工透析や化学療法が必要な治療は近年増加の傾向にあります。「Ipsia」は、ベッドで長時間過ごすことが日常生活となるような治療に向き合う患者や医療スタッフをしっかりと支える電動のリクライニングチェアです。
治療中に必要となるさまざまな姿勢にポジションを設定することができます。シート幅は750mmとオカムラの従来製品に比べコンパクトで、省スペースに貢献しながらも、患者のからだをしっかりホールドしゆったりとやさしく包み込むボリューム感のあるデザインです。またアームレストはゆったりと幅広で、跳ね上げられるだけでなく外側にもワンタッチで3つの角度に調整できます。リストバンドも備えられており、治療中の腕ずれを防ぎます。
そのほか、からだをしっかり支え角度調整も可能なフットバーや、オプションでサイドテーブルやTV用モニターアームが装着できたりと、さまざまな装備を搭載しています。「Ipsia」は、「心地よさ」と「安心」という発想から生まれました。高い機能性とデザイン性で、確かな治療とホスピタリティをサポートいたします。

― 「Ipsia」の特徴 ―
■快適と安心のチェア・ポジション
シート角度は無段階で調整可能です。また200mmの上下動も可能です。患者や医療スタッフのさまざまなシーンに対応します。

【チェア・ポジション】
中間座面の角度より、座位を安定させ、長時間座っていても疲れにくいシートデザインです。

【ベッド・ポジション】
フルフラットの設定でベッドとして使用できます。左右のアームが患者の身体をサポートします。

【レッグアップ・ポジション】
足を少し高くする姿勢によって、足への負担を軽くするとともに、血液の循環に効果的です。

【コンフォート・ポジション】
上半身と下半身をバランスよく体圧分散します。長時間の治療の際に、快適で安定した姿勢が保てます。

【ショック・ポジション】
緊急時も簡単なボタン操作ひとつでショック体位(トレンデンブルグ体位)に変形できます。
あらゆるポジションに操作可能なリモコンの赤ボタンを押すだけで、約20秒でショック体位に移行できます。

■包まれる感覚
シート幅は750mmとオカムラの従来製品に比べコンパクトで、省スペースに貢献しながらも、しっかりホールドし、からだをゆったりとやさしく包み込むボリューム感のあるデザインです。

■確かな安心感
アームレストはゆったりと幅広で、跳ね上げられるだけでなく外側にも3段階で角度調整できます。リストバンドも備えられており、治療中の腕ずれを防ぎます。

■信頼のサポート
身体をしっかり支え、角度調整も可能なフットバーを装備しました。バーを利用することで、治療中に足がつった際の痛みを軽減し、またフットケアにも利用可能です。

■快適な装備
サイドテーブルとTV用モニターアームが装着可能です。(オプション)背もたれ上部にスピーカーを内蔵したチェアもご用意しております。(特注対応)また移動をサポートするキャスターを装備しています。

□基本寸法 チェア時:W750×D1420×H1320 ベッド時:W750×D2080×H540 座面高540-740(単位mm)
□価格 850,000円(本体価格)※フットバー含まず 



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事