logo

◎エアチャイナが接続強化 北京での乗り換えが容易に

中国国際航空(エアチャイナ) 2013年11月05日 16時48分
From 共同通信PRワイヤー

◎エアチャイナが接続強化 北京での乗り換えが容易に

AsiaNet 54900
共同JBN 1338 (2013.11.5)

【北京2013年11月5日PRN=共同JBN】
 *中国国際航空(エアチャイナ)はハブを通じて乗り換えを容易にすることを約束するネットワークを構築し、多くの乗り換え商品、サービスを発売して旅客が北京経由で世界と接続するのを助けている。

近年、エアチャイナは明確な計画を推進し、より多くの北京乗り換え接続オプションを設定することで国内、国際航路に広がるネットワークの接続性を強化している。特に、エアチャイナはスケジュールが詰まっていて、外国から第三国に旅行するが北京で乗り換える(業界では第6航空権として知られている)旅客のニーズに応える乗り換えサービスを伴う多くの国際路線の運航を開始した。このすべてがますます多くの旅客をエアチャイナのフライトに引きつけており、旅客は同航空のフライトを利用し、北京で乗り換えて世界のほかの場所へ旅することを選ぶようになっている。

 (Logo: リンク

エアチャイナは現在、国際便72ルート、地域便14ルート、国内便213ルートを含む299ルートのネットワークを運航しており、48の国際都市、3地域都市、103国内都市を含む154都市を結んでいる。スター・アライアンス加盟航空会社として、エアチャイナは194カ国・地域の1329の目的地に旅客を運ぶことができる。北京のハブとアジア、北米、欧州ルートの相乗効果を十分利用してエアチャイナは手ごろな価格で効率がよく、便利な旅行オプションを世界の旅客、なかでもホーチミン市、デリー、東南アジア、南アジアからの旅客に提供している。2013年にエアチャイナは北京-ヒューストン、北京-ジュネーブ、成都-フランクフルト、重慶-サンフランシスコ路線を含む無数の新路線を開始し、国際的なプレゼンスを拡大し、旅行する人々に恩恵を与えた。

欧州はエアチャイナの最重要海外市場の1つであり、いまではエアチャイナは中部欧州への最多路線を運航している航空会社でもある。今年5月の北京-ジュネーブ路線の開始はエアチャイナの欧州の目的地を最大12にまで増やした。ジュネーブはエアチャイナの欧州定期便路線にとって価値ある追加目的地であり、フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフ、ロンドン、パリ、ストックホルム、ミラノ、ローマ、マドリッドもこれに含まれている。

エアチャイナは北米で効率のよい便利なサービスの提供に集中している。北米は同航空にとって欧州に次ぐ2番目に大きな市場になった。同航空のこの地域の5路線には、北京-ニューヨーク、北京-ロサンゼルス、北京-サンフランシスコ、北京-バンクーバー、北京-ヒューストンが含まれている。これらのうちで最も新しい北京-ヒューストン路線は北京と米国南部を結ぶ唯一の接続便で、北京経由で北米に旅行する旅客への追加的な旅行オプションを提供する。

ルートのネットワークを改善する一方でエアチャイナはフリート(保有旅客機)近代化計画を実行しており、これには新しい航空機の購入、既存航空機のアップグレードが含まれ、運航の安全、燃料効率、旅客への親切を確保している。同航空のフリートには、新たに引き渡された中国で最先端の双発エンジン、長距離用ワイドボディー機体の20機のB777-300ER、客室の内装がアップグレードされた既存のA330-200、A330-300が含まれている。これらの航空機は北京経由で北米、欧州に行く旅客に真に楽しい体験を提供する。

またエアチャイナは特に72時間ビザなし滞在旅客のための乗り換えホテル、エクスカーションなど乗り換え旅客向けの多くの商品、サービスを発売している。1-3日間のエクスカーションは中国の72時間ビザなし滞在政策で資格のある旅客向けのカスタムメード・サービスであり、こうした旅客がほとんどの時間を使って北京のユニークな東洋の魅力を経験するのを助ける。

ソース:Air China

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事