logo

B-EN-Gとインフォマティカ・ジャパン マスターデータ管理(MDM)パートナーとして協業

―企業の統合・再編およびグローバル展開の時代におけるデータ管理支援ソリューションの提供を開始―

2013年10月29日
※本リリースは、東洋ビジネスエンジニアリング株式会社とインフォマティカ・ジャパン株式会社の共同リリースです。両社より重複して配信される場合がございますがご了承ください。

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
インフォマティカ・ジャパン株式会社


東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:石田壽典、以下B-EN-G)は本日、インフォマティカ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田浩生、以下インフォマティカ)と、マスターデータ管理(MDM)分野における戦略的パートナーとして協業したことを発表しました。B-EN-Gは、マスターデータ管理ソリューションである「Informatica MDM」を中心としたインフォマティカのデータマネジメント製品の販売を開始し、2年間で4億5000万円の売り上げを目指します。

インフォマティカは、全世界で5000社を超える導入実績を誇るデータ管理における先進企業、米国インフォマティカ社の日本法人として、データ管理の側面から企業のグローバル化にともなう様々な課題の解決を支援しています。B-EN-Gは、1993年日本で初めての本格的なERP導入を成功に導いて以来、製造業を中心としたお客様への豊富なERP(基幹システム)導入実績を有し、サプライチェーンのグローバル化に強みを持っています。本協業はB-EN-Gがそこで培った技術やノウハウを背景に、インフォマティカのグローバル市場における強みを活かし、製造業を中心としたお客様に精緻なマスターデータの利用による企業情報システム全体の効率化と高品質化ソリューションを訴求していくものです。

昨今多くの企業は、組織の合併・吸収・再編、ならびにグローバル化への対応を余儀なくされ、そのような状況の中で情報活用のベースとなるマスターデータが複数のシステムに分散してしまっています。この状態では、システム間のデータ不整合が生じ、経営の意思決定において高い信頼性を保証することが出来ないという問題をもたらします。たとえば、顧客・製品・サプライヤーなどに関する情報がシステムにより異なるマスターコードで管理されている場合、ビジネス状況把握の不正確性の改善や、維持管理業務生産性の改善、企業間・組織間のシームレスな情報連携の実現が、各社にとって大きなシステム課題となります。

このような問題を解決する手法がMDMです。MDMは、マスターデータを統合し、それを継続的に維持していくことにより、ビジネスの全体状況を俊敏にとらえ迅速な意思決定を可能にするシステムです。Informatica MDMは、特に大規模で複雑なシステム環境に対応できるマスターデータ管理基盤であり、ERPを含む基幹システムとその他の様々な個別システムから構成される大規模なシステム環境において大きな効果を生み出します。このような特徴を持つInformatica MDMと、多くのERP(基幹システム)導入実績を誇るB-EN-Gのノウハウを組み合わせることにより、特に中・大規模なシステム環境におけるマスターデータ管理の課題に的確にお応えできると考えております。

B-EN-GはInformatica MDMを活用し、マスターデータ管理の現状分析、将来像のグランドデザインと言ったシステム企画段階から、パイロットシステムの構築、システム導入・展開の実行までマスターデータ管理全般におけるサービスを提供します。また、お客様の課題解決に即した以下のようなソリューションを提供してまいります。

- 設計・開発から生産、販売、アフターサービスに渡る企業マスターデータ統合
- グローバル拠点間のマスターデータ統合
- システム統合・刷新プロジェクトにおけるマスターデータ統合

Informatica MDMに関する詳細はこちらにてご覧いただけます。リンク

<東洋ビジネスエンジニアリング株式会社について>
東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は、製造業向けのERP(基幹業務)システム導入を中心に、ITサービス(ITソリューション)で「ものづくり日本」を支援する会社です。1993年に日本で初めての本格的なERPシステム導入を成功に導いて以来、国内のERP市場をリードしています。また、サプライチェーンのグローバル化を支援するITソリューション提供にも早くから取り組み、お客様の事業の発展をお手伝いしています。
東洋ビジネスエンジニアリングの詳細はリンク をご覧ください。

<インフォマティカ社について>
Informatica Corporation (NASDAQ: INFA) はデータインテグレーションソフトウェアおよびサービスにおける世界No.1独立系プロバイダーの1社です。インフォマティカのソリューションによって、世界中の企業がデータへの投資から最大限の効果を手にし、最も重要なビジネスニーズを満たしています。現在、世界5,000社を超える企業が企業内ならびにクラウドやソーシャルネットワーク等の企業外に保有する既存の情報資産から最大限の価値を引き出し、活用することに成功しています。インフォマティカに関する詳細はインフォマティカ・ジャパン株式会社(代表 03-5229-7211)までお問い合わせいただくか、弊社 Web サイト リンク をご覧ください。

関連情報へのリンク>>
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。