logo

Webブラウザーで帳票設計が可能になる 「SVF Web Designer」を販売開始 ~「SVFX-Designer」を補完し、分散開発と現場での容易なメンテナンスを実現~


 1stホールディングスグループのウイングアーク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内野弘幸)は、Webブラウザーで帳票設計が行える、帳票設計ツール「SVF Web Designer」を、10月30日(水)より販売開始します。価格は、98万円(税別)~です。

 「SVF Web Designer」は、 Webブラウザー上で帳票設計からメンテナンスまでを行える、Web版の帳票設計ツールです。帳票開発ツールの「SVFX-Designer」による開発環境を補完し、分散開発と現場での容易なメンテナンスを可能にします。
 サーバー上で、帳票開発を共同で行う開発会社や帳票を利用する業務現場のユーザーと帳票資源の共有化を図ることにより、帳票開発のさらなる迅速化とメンテナンス性の向上を実現します。

■Webブラウザー上で帳票設計が可能
 サーバーにインストールした「SVF Web Designer」にアクセスし、Webブラウザー上で帳票開発を行えます。クライアントにソフトウェアやプラグインなどをインストールすることなく、様々な場所から帳票作成やメンテナンスを行うことができます。79種類のテンプレートを利用して、新規に帳票作成を行うことができます(*)。また、ユーザー独自で作成したテンプレートを保存することも可能です。

■チーム開発やエンドユーザーの参加を考慮した開発環境
「SVF Web Designer」では、プロジェクト単位で帳票を一括管理します。各帳票プロジェクトは、様々なメンバーの開発への参加やエンドユーザーがメンテナンスを行うことを前提に、分散開発のための環境やアクセス権限の設定、各プロジェクトの保存履歴管理を行えます。

■グローバルな開発体制と帳票運用を踏まえた機能を提供
開発用PCのロケールに依存することなく、多言語の帳票設計が可能となっており、日本語、英語のほか、簡体字、繁体字、韓国語、タイ語、チェコ語、フランス語の8ケ国語に対応しています。開発画面のインターフェイスは、日本語、英語、中国語(簡体字)から選択することができます。海外の工場や拠点で利用する帳票の作成が可能です。

■帳票デザイン部品の共通化と再利用により工数を削減
共通する部分は埋め込みフォームによって部品化することで、複数の帳票で利用できます。既存帳票のメンテナンスにおける、都度修正や変更漏れをなくし、新規帳票の作成での工数削減にも効果を発揮します。

 なお、「SVF Web Designer」の詳細については下記URLをご参照ください。
 リンク

* 新規で帳票を作成できるのはStandardのみです。

■製品概要
名称:「SVF Web Designer」
出荷開始日:2013年10月30日(水)
価格(税別):
SVF Web Designer( Limited)  98万円
SVF Web Designer(Standard)  198万円
  ※詳細についてはお問い合わせください。







<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク株式会社  
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1  渋谷インフォスタワー14F
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.co.jp


※ウイングアークの「わっとちゃん」が日々の出来事を発信しております。
  Twitter:リンク
  Facebook:リンク
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。