logo

Autodesk Maya LT 2014 Extension 1 とFBX SDK for iOSを発表

オートデスク株式会社は、インディー系やモバイル端末ゲーム開発向けモデリング/アニメーション ソフトウェア「Autodesk Maya LT 2014」の拡張機能「Extension 1」を10月25日より提供開始しました。このExtension 1により、Unity 3Dをはじめとする業界標準ゲームエンジンへのアセット書き出しが簡単になり、3Dモデリング機能が強化されます。また、「Autodesk FBX」のiOS向けソフトウェア開発キット(SDK)も同日より提供開始します。本SDKにより、FBXの読み込み/書き込み/変換機能をiOSアプリケーションにも組み込むことができるようになります。

Maya LT 2014 Extension 1は保守サービス「Subscription」契約者またはレンタルプランでご利用のお客様に無償で提供します。また、Autodesk FBX SDK for iOSは制限なく、どなたも無償で利用できます。

主な新機能
• Unityとのデータ互換性向上:「Send to Unity」ワークフローにより、Maya LTから3Dアセットをポリゴン数の制限なく、直接Unityプロジェクトのアセットフォルダへ書き出し可能

• 書き出し可能なポリゴン数の拡大:Autodesk FBXアセット交換フォーマットにより、最大65,000ポリゴンまでの高解像度モデルやシーンを、対象ゲームエンジンに書き出し可能(これまでは25,000ポリゴン)

• 高度なブーリアン演算:強力で操作性の高いライブラリを導入し、ポリゴン ジオメトリに対して、さらに高速で信頼性の高いブーリアン演算を実現

• FBX書き出しの改善:ジオメトリ法線(従法線)を正確に書き出すための機能を改善し、アセットをエンジン内でレンダリングした際のサーフェスのシェーディングをさらに均一化

• リトポロジー ツールキット:Maya 2014に初めて導入され、Maya LTにも引き継がれているNEXモデリング技術は、リポトロジーのワークフローの効率化を促進。Maya LT内で単一のツールセットを使用してメッシュを最適化し、柔軟性の高い変形を実現し、パフォーマンスを向上

Autodesk Maya LT紹介サイト リンク


Autodesk FBX SDK for iOS
これまで当社のFBX SDKはWindows専用として提供されてきましたが、Autodesk Maya LT、Maya、Mudboxなど、デジタル エンターテインメント作成アプリケーションの間の互換性を促進するため、当社が開発したファイルフォーマットであるFBX技術を基盤として用意しました。当社ソフトウェア向けのプラグイン開発や、iOSプラットフォームのアプリケーションを対象にFBX読み込み/書き込み/変換機能開発の後押しをします。

以上


オートデスク株式会社概要
本 社:  東京都中央区晴海1-8-10  晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F
代表取締役社長:ルイス・グレスパン
設 立: 1985年4月1日
資 本 金: 1億円
ホームページ: リンク

Autodesk, Inc.会社概要
豊かな想像力と発想を基に、より良い世界を創り出す――オートデスクは、より良い世界を創り出す「デザイン」分野で世界中の人々を支援しています。設計者から、建築家、デジタル・アーティスト、学生、ホビー・ユーザーまで、あらゆる人々が自身の創造力を存分に発揮し、大きな成果を上げられるよう、オートデスクは優れたソフトウェア製品を提供します。

◆ 報道関係者問い合わせ窓口
オートデスク 広報 池田
Email: kazuomi.ikeda@autodesk.com
Tel: 03-6221-3513

Autodesk、Maya、Maya LT、FBX、Mudboxは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。
(C) 2013 Autodesk, Inc. All rights reserved.

###

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事