logo

Ardent Leisure、シームレスなエンターテインメントエクスペリエンスの提供のためにBrocadeを選択

Brocade 2013年10月28日 16時15分
From JCN Newswire

Dreamworld Theme Parkを始め多くの施設をアップグレード

SYDNEY, AUSTRALIA, Oct 28, 2013 - ( JCN Newswire ) - オーストラリア最大のテーマパークのDreamworldのビジターは、パークの所有者のArdent Leisure Group (ASX: AAD)によって展開される大規模なネットワークアップグレードプログラムにより、無線インターネットアクセスを50か所のライドやアトラクションのように楽しめるようになります。施設内でもネット接続したいというお客様のニーズに応え、新しいエンターテイメントの機会をつかむために、グループではBrocade(R) ICX(R)スイッチファミリをベースにした高パフォーマンスネットワークの提供にBrocade (NASDAQ: BRCD)を採用しました。BrocadeのローカルパートナーのASI Solutionsにより提供される新しいネットワークにより、Ardentは、変化を続けるビジネス環境に合わせて迅速かつ効率的に進化できます。

DreamworldはArdentのレジャー施設群の中で最大の単一資産ですが、グループにはオーストラリア、ニュージーランド、米国に138の資産があります。これらの資産には、ゴールドコーストのWhiteWater WorldとSkyPoint Observation Deck、オーストラリアとニュージーランドのヘルスクラブ、マリーナ、およびボーリングセンター、米国のマルチアトラクションエンターテイメントセンターなどがあります。このポートフォリオはArdentによる一連の買収により形成され、現在オーストラリアで最大級のレジャーグループになっています。しかしこの過程で、グループは異種ネットワークシステムを所有するようになりました。

上記の主要施設間の老朽化したネットワークインフラにより、Ardentの提供できるサービスやサービスレベルが限定されたものになっていました。そして、Ardent施設のローカルエリアネットワークのパフォーマンス、信頼性、および管理容易性の不足が、サービス提供に影響を与えつつありました。たとえばDreamworldでは、WiFiアクセスポイントのスループットが、100メガビット/秒(Mbps)のパフォーマンス限界に節約されていました。

「弊社のポートフォリオは多様で、IT需要は多岐にわたっていますが、すべての施設で我々が必要としているものはただひとつ、管理容易性の向上です。我々が2012年に買い取ったジムのような施設を買収してみると、たいていは消費者品位の設備を実行しているのが判明します。我々はコスト意識が高く、ITチームは常に多忙なため、Brocadeのように導入してすぐ手間をかけずに機能するローカルエリアネットワークソリューションを求めていました。我々は6年間Fibre Channel SANスイッチを実行していましたが、リブートが必要だったことは一度もありません。」と、Ardentのグループネットワーク管理者のSteven van Rooyenは述べました。

「我々がBrocadeソリューションを検討しようと思いついたのは、ガートナーの影響です。というのも我々は、予算内で最大の価値を引き出すために、市場イノベータとの協業を求めていたからで、この点でBrocadeはまさに目的どおりだったからです。」と彼は述べました。

DreamworldでArdentは、サイトのネットワークコアとなるBrocade ICX 6610スイッチスタックをサーバールームに展開しました。Brocade ICX 6610スイッチは、スタッカブルフォームファクタで筐体のような機能を提供し、全てのポートでギガビット/秒(Gbps)単位のワイヤスピードのノンブロッキングパフォーマンスをサポートします。スイッチは、4つの全二重40Gbpsスタッキングポートを使ってスタックして、完全な冗長性を持つ320 Gbpsのバックプレーンスタッキング帯域幅を提供できますので、内部スイッチのボトルネックを解消します。

さらにArdentは、ギガビットイーサネットネットワークアクセスを提供するために、Dreamworld全域にBrocade ICX 6430スイッチを、WiFiアクセスポイントとVoIP (voice-over-IP)電話をサポートするPoE (power over Ethernet)機能とともに、広範に展開しました。

「Brocadeは、Dreamworldネットワークの設計に間違いがないよう、特別の努力を払って支援しました。また、ASI Solutionsはプロジェクト実施に非常に有用でした。その結果、すべてのパフォーマンスボトルネックが解消しました。また、今まではスイッチ構成の変更に丸一日かかっていましたが、全インフラの管理容易性のおかげで、機能をオンにするまでに5分しかかかりませんでした。」と、van Rooyenは述べました。

BrocadeのオーストラリアとニュージーランドのカントリーマネージャーのGreig Guyは、Ardentのような成長を続けるネットワークにはBrocadeのソリューションが最適だと述べており、エンドユーザー向けの用途を付け加えました。「異種ストラクチャから集中管理ネットワーク設計への移行により、Ardent Leisureにとって真のビジネスと技術のメリットを提供するでしょう。ある意味、この戦略的アップグレードにより、ネットワーキングの観点から負荷を軽減できます。」

Brocadeについて

Brocade (NASDAQ: BRCD)ネットワーキングソリューションは、世界トップクラスの企業・団体が、アプリケーションと情報がいたるところに存在している世界へと、円滑に変革していく支援を行います。( www.brocade.com リンク )

(c) 2013 Brocade Communications Systems, Inc.全版権所有。

ADX、AnyIO、Brocade、Brocade Assurance、B-wingシンボル、DCX、Fabric OS、ICX、MLX、MyBrocade、OpenScript、VCS、VDX、Vyattaは、米国およびその他の国で、Brocade Communications Systems, Inc.の登録商標であり、HyperEdge、The Effortless Network、The On-Demand Data Centerは、商標です。本書に記載された他のブランド、製品またはサービス名は、それぞれの所有者の商標の場合があります。

BROCADEお問い合わせ先
アジア太平洋地域メディア広報
Wendy Lang
電話: +65-6317-2464
wlang@brocade.com

PR会社お問い合わせ先
Cathryn van der Walt
電話: +612-8905-0995
cathryn@einsteinz.com.au

概要:Brocade

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。