logo

アクセラテクノロジ、製造業向け問題解決型ナレッジシステム「Accela BizAntenna 技術キュレーター」の新バージョンをリリース

アクセラテクノロジ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:進藤達也)は、技術情報の共有・活用を促進するソーシャルナレッジベース「Accela BizAntenna 技術キュレーター」(アクセラビズアンテナ)の新バージョンを、クラウド版とオンプレミス版それぞれで提供開始することを発表いたします。クラウド版の販売・提供開始は2013年11月1日、オンプレミス版の販売開始は11月1日、提供開始は2014年2月3日となります。

ナレッジマネジメントに対する取組みは、従来の「社員個人のナレッジをデータベースに蓄積する」、「専任の部署で集め取りまとめる」といった考え方によるものから、ナレッジを人々のネットワークの中に存在する「より社会的」なもの、業務の現場にある「より実践的」なものと捉えた、人と人とをつなぎ業務を円滑にするための取組みへとシフトしてきました。

そういった背景のもと、「Accela BizAntenna 技術キュレーター」の新バージョンでは「コミュニケーション」「業務遂行」「知識活用」の3つのレイヤーにより、組織のナレッジを活用し問題解決を支援する仕掛けを導入しました。

・コミュニケーションレイヤー
個々の役割に応じ、業務にフォーカスした「ビュー」(操作画面)を提供します。社内の担当者間やお客様、販売パートナーといった外部とのやり取りなど、すべての発言履歴を蓄積しながらコミュニケーションを行います。メールのように個人対個人かつ「フロー型のコミュニケーションツール」と違い、複数ユーザやコミュニケーションに参加している他のユーザも共有可能な「ストック型のコミュニケーションツール」であるため、組織対組織の共働プロジェクトにおいて、担当者の交代に対しても威力を発揮します。

・業務遂行レイヤー
ソフトウェアのインシデント管理等で定評のある「チケット」という電子的な依頼書を採用し、業務の進行状況を管理します。実施すべきタスクを管理し、抜け漏れのない業務遂行を実現します。
コミュニケーションレイヤーと連携し、お客様からの問い合わせなど特定の投稿に対して、その対応をタスクとして管理するための「チケット」の自動発行が行えます。

・知識活用レイヤー
マニュアルや操作手順を撮影した動画などコンテンツに、タグやコメントといったメタ情報を付加することができ、アクセスされればされるほど、より価値が高まるソーシャルナレッジベースを実現します。
業務遂行レイヤーと連携し、「チケット」の進行状況に応じて、関連コンテンツに対する特定の意味を表すタグの自動付与や、特定ユーザ向けの自動公開が可能です。


この他の「Accela BizAntenna 技術キュレーター」の特徴的な機能は以下の通りです。

1. コンテンツ中心型情報共有を実現する検索機能
・個人的な書き込みやつぶやきを中心としたSNS/ブログと異なり、あくまで業務に欠かせない「コンテンツ」を主軸とし、そこで議論やメタ情報付けを行うことが可能。蓄積されたコンテンツ群から、キーワードでの検索はもちろん、タグを使った「ドリルダウンナビ(※1)」で容易にほしい情報を取り出すことが可能。

2. 多言語対応機能
・多言語対応により、海外の拠点など言語の異なる地域ともグローバルに情報を共有。
・同一コンテンツに対して、言語の異なる利用者間でタグ付け/共有可能。例えば日本語圏の利用者に「性能」とタグ付けされたコンテンツを、英語圏の利用者が「Performance」というタグとして検索することが可能。コンテンツの中身は理解できない言語で書かれていても、タグで概要や重要性を理解可能。また、「日本語版○○マニュアル」、「英語版○○マニュアル」、「中国語版○○マニュアル」といったように、1つのコンテンツに対して複数言語の版を用意する運用にも対応。

3.オフィス系文書閲覧機能
・Word、Excel、PowerPointなどオフィス系文書や写真などファイルをダウンロードすることなく、全ページをブラウザ上でプレビュー可能。
・コンテンツ単位、ページ単位での検索が可能。必要な情報がどのコンテンツにあるか探し、さらにその中のどのページにあるかを絞り込める。
・PDFの「しおり」を反映した「ドリルダウンナビ(※1)」で、目的のページへ一気に絞込み。

4.動画コンテンツの共有機能
・スマホやデジカメで撮った動画を簡単投稿でき、ブラウザ上でプレビュー可能。
・動画中の「注意ポイント」をチャプターとして設定し、タグやコメントを付けることで動画に対して後付けで説明を加えたり、共有した動画に複数人からコメントの形で意見をもらうことが可能。

アクセラテクノロジでは、本商品をクラウド版とオンプレミス版で提供いたします。


なお、今回の新バージョンは、先行して日産自動車株式会社様で、様々な生産性改善ノウハウのグローバル展開活動に於いてご利用いただており、言語を意識することなく海外拠点と双方向に情報共有が可能な仕組みとして実現されています。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

【商品体系】
・Accela BizAntenna 技術キュレーター クラウド版: 月額25万円~(税別)
・Accela BizAntenna 技術キュレーター オンプレミス版: 1,200万円~(税別)
 

(※1)ドリルダウンナビ:キーワードの入力なしに、項目をクリックしていくだけで、必要な情報に絞込みが可能。利用者は直感的に思いついた順に項目をクリックしていくことで、ほしい情報へ辿り着くことができる。ドリルダウン項目はタグから自動生成。


◇アクセラテクノロジ株式会社について (リンク
アクセラテクノロジ株式会社は、2001年に富士通株式会社のスーパーコンピュータグループのメンバーが母体となり設立され、世界トップレベルの高性能検索ソフトウェア「Accela BizSearch(R)」を軸に、知識活用技術で業務の現場にパワーを与え、お客様のビジネスを拡大・加速させるソリューションを提供しています。「Accela BizSearch(R)」は国内企業2047サーバ(2013年3月現在)の導入実績を持ちます。
※Accela BizSearchは、アクセラテクノロジ株式会社の登録商標です。一般に記載の会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

◇報道関係および一般のお問い合わせ
アクセラテクノロジ株式会社 営業部 営業推進グループ 太宰
TEL: 03-5793-5411/FAX: 03-5793-5412/E-mail: marketing@accelatech.com
URL :リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事