logo

PDF帳票を保管する「SVF PDF Archiver」のセキュリティ強化オプション 「SVF PDF Archiver Guardtime Option」を販売開始

「SVF PDF Archiver」は、一定期間の保管が必要なPDF帳票や、部門や部署、拠点などで散在するPDF帳票を、適切かつ長期的に保管運用することにより、基幹業務システムにおける帳票の安定運用を支援する製品です。

 このたび販売開始となる、オプション製品「SVF PDF Archiver Guardtime Option」は、暗号鍵を使わずに電子データの真正性を検証できるタイムスタンプサービス「キーレス署名」を提供します。ハッシュ暗号関数を応用したキーレス署名技術を搭載し、PDF帳票に署名した時刻やデータの非改ざん性、署名期間の完全性、データ出所を証明します。暗号鍵を使った複雑かつ高価で証明期間が短い公開鍵基盤(PKI)技術を使うことなく、PDF帳票の真正性を半永久的に証明できます。

 なお、キーレス署名技術を搭載したセキュリティについて、10月30日(水)に開催する「ウイングアークフォーラム 2013」(ANAインターコンチネンタルホテル東京)内で講演いたします。
リンク
[C-3]米国とエストニアのサイバーセキュリティ、サイバー責任とクラウドコンピューティングの最新事情  
    /Guardtime CEO Mike Gault


本発表にあたり、エンドースメントをいただいております。

「企業活動の中では、膨大なデータが日々生成、蓄積保存されていますが、それらのデータの信頼性確保については、システム運用手法に依存しているケースがほとんどです。Guardtime社が提供するKSI(Keyless Singnature Infrustrucure)は、データの真正性を長期にわたって完全に担保でき、データそのものの証拠性に対する監査対応や説明責任をはたす上で、極めて有用な手段であるといえます」


                                                     NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
                                         セキュリティソフトウェア事業本部
                                         米国公認会計士 工藤 眞一 様


「Guardtimeは、ウイングアークの「SVF PDF Archiver Guardtime Option」の発表を歓迎いたします。弊社は、従来のタイムスタンプ等で使われていた公開鍵基盤(PKI)の有効期限、鍵管理などの課題を克服する、暗号鍵を使わずにデータの真正性を検証できるタイムスタンプサービスとして、「キーレス署名」を開発しました。この技術が「SVF PDF Archiver Guardtime Option」に利用され、より多くのお客様のセキュリティを守り、ビジネスを支えることを、大いに期待しております」

                                             日本ガードタイム株式会社
                                            代表取締役 柳原 孝志 様

■「SVF PDF Archiver」について
「SVF PDF Archiver」は、一定期間の保管が必要なPDF帳票や、部門や部署、拠点などで散在するPDF帳票を、適切かつ長期的に保管運用することにより、基幹業務システムにおける帳票の安定運用を支援する製品です。
リンク


■製品概要
名称:「SVF PDF Archiver Guardtime Option」
出荷開始日:2013年10月30日(水)
価格(税別):120万円
  ※詳細についてはお問い合わせください。

<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
ウイングアーク株式会社  
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1  渋谷インフォスタワー14F
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.co.jp


※ウイングアークの「わっとちゃん」が日々の出来事を発信しております。
Twitter:リンク
Facebook:リンク
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。