logo

ミッタシステムが仮想環境基盤の構築に コンパクトデータセンター「Dell™ PowerEdge™ VRTX」を採用

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:郡 信一郎)は、本日、6月26日より販売開始したコンパクトデータセンター「Dell™ PowerEdge™ VRTX(バーテックス)」を、株式会社ミッタシステム(所在地:香川県高松市、以下 ミッタシステム)が仮想化基盤の構築のために採用したと発表しました。
システム開発を手掛けるミッタシステムは、教育機関・企業向け連絡網システム、工場製造設備監視システム、スマートフォン向けアプリ開発、行政向け災害情報システムなど多様なサービスを提供しています。特に学校用メール連絡網は、高松市PTA連絡協議会と共同開発し、高松市内の公立小中学校で一括導入されています。同社は、お客様のさまざまな要望に応じて、既存の枠組みに囚われない、効果的かつ効率的、低コストのシステム開発を行っています。

ミッタシステムは現在、物理サーバを6台保有していますが、新システム検証のためにシステム拡大を検討していました。同社はサーバラックを使用しておらず、追加サーバを設置できる場所も限られていました。そこでサーバ仮想化に着目し、仮想化環境を構築することとなりました。しかし、仮想化環境の構築に際して、共有ストレージの導入に多額の費用がかかる点が障害となっていました。

同社は、このような課題を解決する仮想化環境の基盤としてDell PowerEdge VRTXの採用を決定しました。サーバ、ストレージ、ネットワークおよび管理機能をタワー型サーバサイズのシャーシに収めたコンパクトデータセンターとして、オフィスに置ける省スペース型・静音でありながら、エンタープライズクラスの機能を備えています。内蔵ディスクは共有ストレージとして複数のサーバから同時にアクセスが可能で、仮想化基盤としても最適です。仮想化支援ソフトウエアVMware vMotionにも対応するなど本格的な仮想化機能を備えている点も高く評価されました。

今回、ミッタシステムが採用を決定したVRTXは、Dell PowerEdge 第12世代サーバの2ソケットDell PowerEdge M520を2台搭載し、ストレージとしてホットプラグ対応3.5インチHDD 600GB (15krpm)を3本内蔵しています。

ミッタシステムは、今後、VRTXを活用して物理環境を順次、仮想化環境に移行していく予定です。コンパクトデータセンターとして機能するVRTXが提供する優れた機能が、高度な仮想化環境の確立に貢献すると同社は期待しています。

Dell PowerEdge VRTXは、INTEROP Tokyo 2013の「Best of Show Award」で特別賞を受賞しています。VRTXについての詳細はこちらからご参照いただけます。
リンク
*記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事