logo

アンク、Windows 8.1に対応したコピペ判定支援ソフトの最新版「コピペルナーV3(Ver.3.0.3)」をリリース

Windows系のソフトウェア開発会社の株式会社アンク(本社:東京都新宿区、代表取締役:田村明)は、Microsoft(R) のWindows(R) 8.1に対応した、コピペ判定支援ソフト「コピペルナー」の最新版「コピペルナーV3(Ver.3.0.3」をリリースしました。

「コピペルナー」は、学生が論文などを作成する際、インターネットや知人の文章から不正な引用を行うことが社会問題となっていることから、金沢工業大学知的財産科学研究センター長の杉光一成教授がしくみを考案し、株式会社アンクが開発した製品です。


■Ver.3.0.2からVer.3.0.3への変更点
Windows 8.1(32bit / 64bit)に対応しました。
正しい引用をコピペ判定から除外する機能の不具合を修正しました。
コピペルナーV3をご購入済みのお客様は、コピペルナーV3(Ver.3.0.3)差分ファイルダウンロードページより旧バージョンとの差分を無償でダウンロード可能です。


■製品紹介ページリンク


■差分ファイルダウンロードページリンク


※コピペルナーは、株式会社アンクの登録商標です。
※コピペルナーは、特許申請中です(特開2009-205674)。
※MicrosoftおよびWindowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。


■株式会社アンクについて
株式会社アンク(リンク)は、1990年に設立したソフトウェア開発会社です。.NETなどマイクロソフトテクノロジに特化した開発を得意としており、特にSharePoint開発やタブレットPC向けソフトウェア開発については定評をいただいております。また、書籍の執筆業も行っており、『HTMLタグ辞典』をはじめとした「Web辞典シリーズ」、『Cの絵本』をはじめとした「絵本シリーズ」など、著書は多数です。
今後は、「コピペルナー」「データ警備保障」やSharePointソリューション「SP改」を含む自社製品の企画・開発・販売についても、積極的に行って参ります。


■本件に関するお問合せ
株式会社アンク
TEL:03-5396-7520

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事