logo

増加するスマホ・タブレットの業務利用・・・セキュリティ対策状況も昨年から上昇傾向

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2013年10月22日 11時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する、IT製品情報を掲載する無料会員制サイト『キーマンズネット』(リンク)は、IT製品の導入状況や製品の選定ポイント、IT担当者の関心事がわかるコーナー「IT担当者300人に聞きました」を公開しています。

今回は企業のIT担当者を対象に「MDMの導入状況(2013年)」についてアンケートを実施しました。MDM(Mobile Device Management:モバイルデバイス管理)の「導入状況」をはじめ、「業務用スマートフォン・タブレット端末の導入状況」やその「セキュリティ対策状況」など業務利用におけるモバイルデバイスについての質問などから、MDMの導入実態が明らかになりましたので、結果の一部をお知らせします。

▼「MDMの導入状況(2013年)」記事はこちらから
リンク


――――――――――――――――――――
■大企業では過半数がスマホやタブレットを導入・検討、BYOD実施は全体で約3割
――――――――――――――――――――
●業務用スマートフォン・タブレット端末の導入状況(全体)

「既に導入済みである」30.1%
「今後導入を検討している」17.6%
「導入は検討していない」52.3%

●私用端末の業務利用状況(全体)

「私用端末は業務利用していない」69.9%
「私用端末と業務用端末を業務利用している」16.3%
「私用端末のみ業務利用している」13.9%

「業務用スマートフォン・タブレット端末の導入状況」を従業員規模別に見ると、1001名以上の大企業では「既に導入済みである」「今後導入を検討している」の割合を合計すると52.3%となり、過半数の大企業で業務用スマートフォン・タブレット端末の導入及び検討が進んでいることが分かる。
「私用端末の業務利用状況」については、「私用端末は業務利用していない」割合が69.9%と最も高く、次いで「私用端末と業務用端末を業務利用している」割合が16.3%、「私用端末のみ業務利用している」割合が13.9%と続く結果となり、いわゆるBYOD(Bring your own device:私用デバイスを職場に持ち込み業務に使用すること)を実施している企業は30.2%と、全体の約3割で存在することが分かった。

▼さらなる分析結果はこちらから
リンク
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧いただくには無料の会員登録が必要です。

――――――――――――――――――――
■増加するスマホ・タブレットの業務利用…セキュリティ対策状況も昨年から上昇傾向
――――――――――――――――――――
●実施しているセキュリティ対策(導入済み)

「パスワードやパスコードによるロック機能」79.8%
「端末データの遠隔消去・自動消去機能」55.0%
「ウイルススキャン機能」47.7%
「リモートアクセス機能」44.0%
「端末利用状況の監視機能」33.0%
「デバイス制御機能(一部通信機能の使用禁止設定など)」30.3%
「特に対策をしていない(社員道徳に任せている)」12.8%

「実施しているセキュリティ対策」について尋ねた結果を、2012年3月6日~ 2012年3月13日にかけて調査した「MDM(モバイルデバイス管理)の導入状況(2012年)」と比較してみたところ、実施しているセキュリティ対策の項目すべてにおいて昨年よりも割合が高くなっていた。特に「端末データの遠隔消去・自動消去機能」や「端末利用状況の監視機能」などの項目は昨年と比較して約3倍増加している。その代わり、「特に対策をしていない(社員道徳に任せている」割合が昨年は26.7%だったのに対して、今年は13.9ポイントダウンし12.8%と半分以下に下がっていた。

▼さらなる分析結果はこちらから
リンク
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧いただくには無料の会員登録が必要です。

――――――――――――――――――――
■MDM導入率はたった13.8%、46.0%が「必要性を感じない」と回答
――――――――――――――――――――
●MDMの導入状況(全体)

「既に導入済みである」13.8%
「今後導入を検討している」12.4%
「必要性を感じるが導入は検討しない」27.8%
「必要性を感じない/業務用スマートフォン・タブレットを導入していないので必要ない」46.0%

「MDMの導入状況」の結果を従業員規模別に見ると、導入済みは100名以下の中小企業では8.8%、101~1000名以下の中堅企業では13.1%、1001名以上の大企業では17.7%となり、従業員規模が大きくなるほど導入率が高い傾向にあった。100名以下の中小企業では「私用端末のみ業務利用している」割合が28.2%と突出してその割合が高かったものの、MDMの導入割合は8.8%と低く、業務用モバイルデバイスの管理及びセキュリティ対策が十分に行われているかどうか、課題が残る。

▼さらなる分析結果はこちらから
リンク
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧いただくには無料の会員登録が必要です。

<アンケート概要>
○調査期間:2013年7月31日~8月19日
○有効回答数:378
○調査対象:キーマンズネット会員

――――――――――――――――――――
◆キーマンズネットとは?
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、IT担当者が集まる無料会員制サイトです。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに、IT初心者から上級者まで納得の特集や、製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。

<コンテンツ> ※全ての機能は、会員登録する事で、フルにご利用できます!
1)製品レポート「Keyレポ」「Keyノート」
IT製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

2)「比較表」作成機能
製品同士のスペックや価格などの基本情報をまとめた「比較表」が簡単に作成できます。
3)「資料ダウンロード」機能
検索結果や比較表からまとめて資料請求することもでき、情報収集が効率化できます。

4)ITがよくわかる特集
状況や立場に応じて選ぶことができ、興味のあるカテゴリの最新ニュースや製品情報を毎日メールでお届け。IT製品の“いま”がわかります。

5)企業向けITのセミナー・イベント情報
IT製品に関する各種セミナー情報を、Webとメールでご提供します。

6)キーマンズネットDaily
あなたの興味にそった情報を毎日メールでお届けします。製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

キーマンズネットでは、IT製品の選定に必要なさまざまな情報を提供しています。
もちろん登録・利用は無料。是非ご登録いただき、IT製品選びにお役立て下さい。


▼「キーマンズネット」はこちらから
リンク

▼「IT担当者300人に聞きました」オススメ記事はこちらから

▼統合運用管理ツールの導入状況(2013年)
リンク

▼SFAの導入状況
リンク

▼デスクトップ仮想化の導入状況
リンク

▼CMSの導入状況
リンク

◆ほかにもまだまだあります!「IT担当者300人に聞きました」記事一覧
リンク

▼「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事