logo

ニコンデジタル一眼レフカメラで初めてのWi-Fi(R)、位置情報機能(GPS)内蔵 バリアングル液晶モニター搭載のエントリーモデル「ニコン D5300」を発売

株式会社ニコンイメージングジャパン 2013年10月17日 13時14分
From Digital PR Platform


株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5300」を発売します。

「D5300」は、有効画素数2416万画素、光学ローパスフィルターレスのニコンDXフォーマットCMOSセンサーと高性能の新画像処理エンジン「EXPEED 4」を採用したエントリーモデルです。ニコンのデジタル一眼レフカメラとしては初めて、Wi-Fi(R)と位置情報機能(GPS)を内蔵しており、描写性能に優れたNIKKORレンズと「D5300」で撮影した高画質な画像をスマートデバイスを介して簡単に共有したり、旅行やアウトドアなどの思い出や軌跡を撮影場所とともに振り返ることができます。

また、「D5300」は炭素繊維を用いた新素材を採用。さらに、カバー構成を箱型の一体的な構造体とするモノコック構造を実現し、小型軽量と十分な強度を両立しています。そのほか、自由自在なアングルで撮影できる約104万ドットの広視野角ワイド3.2型バリアングル液晶モニター、より滑らかな動画撮影が可能な1920×1080:60p対応のフルHD動画撮影機能「Dムービー」、撮影時にカメラ本体でさまざまな演出効果を選択、リアルタイムで設定できる「スペシャルエフェクトモード」(全9種類)を搭載し、ユーザーの撮影を強力にサポートします。


●発売概要
商品名     ニコンデジタル一眼レフカメラ「D5300」
価格      オープンプライス
発売時期    2013年11月中旬予定
予定生産台数  当初月産約10万台
カラー     ブラック、レッド、グレー
※ボディー単体はブラックのみの発売になります。


なお、「D5300」とレンズを組み合わせた以下のキットも同時発売します。
● D5300 18-140 VR レンズキット オープンプライス 2013年11月中旬発売予定
 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR付き
 ボディーカラー  ブラック、レッド、グレー


●主な特長
1.クラス最高の高画質・高精細を可能にする有効画素数2416万画素、光学ローパスフィルターレス仕様ニコンDXフォーマットCMOSセンサーと新画像処理エンジン「EXPEED 4」
有効画素数は2416万画素。新開発のニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載しています。光学ローパスフィルターレス仕様を採用し、高画素ならではの解像力とNIKKORレンズの描写力を最大限いかした撮影を可能にします。
また、高性能デジタル一眼レフカメラ向けに最適化し処理能力がさらに高速化した新画像処理エンジン「EXPEED 4」により、ノイズリダクション(NR)、オートホワイトバランス、色再現性、階調処理が大幅に向上しています。常用撮像感度域はISO 100~12800で、最大ISO 25600相当(Hi1)までの増感設定ができ、幅広い感度域でノイズを抑えた高精細な画像の撮影が可能です。

2.高画質な画像をスマートデバイスへ送信、簡単に共有できるWi-Fi(R)内蔵
ニコンのデジタル一眼レフカメラとしては初めて、Wi-Fi(R)を内蔵しています。高画質な画像を、手軽にスマートデバイスに転送し共有することができます(※1)。スマートデバイスから家族や友人に画像を転送したり、ブログやSNSにアップロードすることができ、撮影後の楽しみが広がります。

転送機能: 
「D5300」で撮影した画像やメモリーカード内に保存されている画像をスマートデバイスにワイヤレスで転送することができます。転送された画像は、スマートデバイスの画面上での閲覧、ブログやSNSへのアップロードに活用できます。また、画像のサイズも2種類から設定でき、スマートデバイスのメモリー容量や用途に合わせた使い方が可能です。

送信指定機能(※2):
スマートデバイスに取り込みたい画像を「D5300」の画面上で予め送信指定し、一括で送信することができます。通信環境が十分でない状況やスマートデバイスが手元にない場合でも、送信指定をしておけば、後でスマートデバイスに指定のファイルサイズで画像を転送することができます。

リモート撮影機能:
スマートデバイスの画面に「D5300」のライブビューを映しだし、リアルタイムで確認しながらリモート撮影をすることができます(※3)。

※1:事前にスマートデバイスに「Wireless Mobile Utility」(各スマートデバイスのアプリストアから無料でダウンロードが可能)をインストールする必要があります。
※2:静止画のみ対応
※3:AFエリアモードを「ノーマルエリアAF」または「ワイドエリアAF」に設定している場合のみ有効。

3.撮影時の位置情報や移動ルートを記録する位置情報機能(GPS)内蔵
撮影した写真に緯度・経度・高度の位置情報を記録できるGPSをニコンのデジタル一眼レフカメラとして初めて内蔵しました。ニコンのソフトウェア「ViewNX 2」や画像共有・保存サービス「NIKON IMAGE SPACE」、市販の地図ソフトと連携して、撮影した画像の位置情報を地図上に表示したり、位置情報付きの画像を共有したりすることが可能です。また、A-GPS(※)により、位置情報の検出もスムーズに行なえます。旅行やアウトドアなどの思い出や軌跡を撮影場所、撮影時間とともに振り返ることができます。
※ A-GPSデータはニコンのホームページからダウンロード出来ます。

4.新素材を用いたモノコック構造により実現した高強度・小型軽量ボディー
「D5300」は、炭素繊維を用いた新素材を採用しています。また、ボディー内部の金属シャシーを廃止し、カバー構成を箱型の一体的な構造体とするモノコック構造を実現。Wi-Fi(R)や位置情報機能(GPS)などの新機能を搭載しながらも、幅約125mm、高さ約98mm、奥行き約76mm、質量約530g(※)の小型軽量化と強度の両立を可能としました。
※ バッテリー、SDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く

5.自由なアングルで簡単に撮れる、約104万ドットの広視野角ワイド3.2型バリアングル液晶モニター
約104万ドットの広視野角ワイド3.2型液晶モニターを採用し、大型で、十分な視認性を確保しています。また横開き方式バリアングルは、開閉は左側に0~180度、回転は開いた状態で時計回りに90度、反時計回りに180度可動し、ローアングルからハイアングル、自分撮りまで自在なアングルで撮影できます。

6.1920×1080:60p対応のフルHD動画撮影機能「Dムービー」
1920×1080:60p対応により、より滑らかな動画撮影が可能になった「Dムービー」を搭載しています。NIKKORレンズと有効画素数2416万画素、新画像処理エンジン「EXPEED 4」の連携により、ノイズや偽色、モアレをおさえた解像感の高い映像を提供します。また、コントラストAFでのピント合わせができ、AFモードを常時AFサーボ(AF-F)に、AFエリアモードをターゲット追尾AFに設定すると、動き回る被写体を追従してピントを合わせ続けます。ライブビュー時および動画撮影時のシャッタースピードとISO感度を自分好みに設定できるマニュアル設定も可能です。
フルHDのフレームレートは60p、50p、30p、25p、24pから選択できます。
また、内蔵のステレオマイクで高音質な録音ができるほか、別売のステレオマイクロホン「ME-1」による録音も可能です。

7.「トイカメラ風」「HDR(ハイダイナミックレンジ)ペインティング」を追加した、全9種類のクリエイティブな静止画・映像表現が可能な「スペシャルエフェクトモード」
静止画、動画にかかわらず、液晶モニター上でリアルタイムに確認しながら、撮影時にカメラ本体で演出効果を選択、設定できる「スペシャルエフェクトモード」を備えています。「D5200」で搭載していた7種類(「セレクトカラー」「カラースケッチ」「ミニチュア効果」「ナイトビジョン」「シルエット」「ハイキー」「ローキー」)に、新たに「トイカメラ風」と「HDRペインティング(※)」を追加し全9種類から選ぶことができます。絵画や映画のワンシーンのような演出効果を手軽に楽しめ、オリジナリティ溢れる世界を表現したいというユーザーの創作意欲に応えます。

「トイカメラ風」: 
色味を変えて、周辺光量を落とすことで、トイカメラのような静止画・動画にすることができます。ユーザーの好みに合わせて、彩度と周辺減光はともに3段階の調整ができます。

「HDRペインティング(※)」:
露出の異なる2枚の画像を連続で撮影、合成し、色階調変更処理をすることで、絵の具で描いたような絵画調のHDR画像にすることができます。
※ 「HDRペインティング」は動画非対応。静止画撮影時のリアルタイム表示は不可。

8.片手でしっかり握れるグリップデザインと新色グレーを含む全3色のカラーバリエーション
「D5300」は光学ファインダーおよびライブビューによる撮影の両方で撮影しやすいように、手のひら全体にフィットし片手でしっかり握れるグリップデザインを採用しました。また、人気色のブラック、レッドに加え、新たにグレーを用意したほか、マイクカバーやモードダイヤル天板に表面加工をした金属パーツを使用するなど、高級感のある仕上がりになっています。


主な仕様はこちらからご覧いただけます。
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事