logo

東芝ソリューション、東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)に『鉄道輸送計画ICTソリューションSaaS』をクラウドで提供開始

~社会インフラシステムをクラウドで低コストに導入し、BCP対策もあわせて実現。ゴムタイヤのような特殊な車両の運転曲線も作図可能~

東芝ソリューション株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:河井信三)は、株式会社ゆりかもめ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:宮川昭)に、株式会社東芝と共同開発した『鉄道輸送計画ICTソリューションSaaS(TrueLine(R))』の運用を、東京臨海新交通臨海線(以下、ゆりかもめ)にて10月1日より開始しました。従来、鉄道事業者は、各社で独自の輸送計画システムを構築してきたため、システム導入にかかるコスト負担が大きくなっていました。また、震災以降高まる交通機関としての事業継続計画(BCP)の検討では、自社設備が被害を受けた場合の再構築スピードやコスト、セキュリティの課題がありました。これらの課題を解決するため、長年培ってきた「輸送計画システム」をクラウドコンピューティング化し、ファーストユーザとしてゆりかもめに提供します。

 今回、ゆりかもめが運用を開始した"運転曲線作成サービス"は、列車のダイヤを検討する上で基準となる運転時分を求める重要なもので、地上設備条件(曲線、勾配、トンネル等)や車両条件(編成、電動機、ブレーキ性能等)をもとに、速度・ブレーキ等の条件を入力し、自由度の高い画面操作で運転曲線を作図することで、駅間の走行状況をグラフで表示します。

 これまで、運転曲線の作図には、運転理論に基づき複雑な計算を行い、手作業で作図していたため、専門知識と大変な労力が必要でしたが、本サービスを利用することにより、画面操作だけで作図が可能になります。特に、ゆりかもめで採用されている車両は、鉄輪ではなくゴムタイヤを採用しているため、運転理論において必要となるブレーキ抵抗などの係数が通常と異なるにもかかわらず、実測データを基に新たに計数の算定を行うことで、実態に近い作図が可能になります。この結果、鉄道以外の事業者に対しても悪天候時の走行や地上設備側の改良など様々なシミュレーションに活用することが可能になります。
 また、エネルギー消費量も算出できるため、エネルギー削減量の予測ができ、別サービスの「基本ダイヤ作成サービス」と連携することにより、省エネダイヤも実現します。

 今後、ゆりかもめへの納入を皮切りに、東芝ソリューションは東芝と共同で、鉄道事業者に向けて、「基本ダイヤ作成サービス」、「乗務員/車掌運用作成サービス」、「車両割当サービス」、「構内作業計画サービス」、
「GIS運行監視サービス」を含めたトータルな輸送計画システムを提案していきます。また、海外の鉄道事業者向けにも利用できるよう、多言語対応していることで、クラウドの特長を活かし、海外鉄道事業者に、日本の
優れた鉄道運行ノウハウを低価格で提供し、全世界の鉄道が安定輸送・定時運行を実現し、省エネもあわせ、地球環境に優しい鉄道事業に向けて貢献を目指します。


●『鉄道輸送計画ICTソリューションSaaS(TrueLine(R))』
 東芝ソリューションが持つ高度なWeb技術とセキュリティ技術、データセンタ運用ノウハウをあわせクラウドサービスとして提供することにより、お客様のシステム維持管理が不要で、高信頼、低コストでサービスを実現
します。費用は、数万円/月額 です(サービスメニューの内容により異なります)。

(1)運転曲線作成サービス
地上条件と車両条件をもとに、ノッチ・ブレーキの操作による走行をシミュレーションし、ランカーブを描画するシステム
*ゆりかもめに提供するサービス

(2)基本ダイヤ作成サービス
手書きに近いスジ描画や、基準列車を用いたスジ描画を実現

(3)乗務員/車掌運用作成サービス
運転士及び車掌の運用計画を直感的操作と自動接続機能でスピーディな作成を実現

(4)車両割当作成サービス
日々の車両編成の割当てや複雑な検査計画を、パズルを埋め合わせるように解決するシステム

(5)構内作業計画作成サービス
車両基地内の限られた検査設備で、留置された車両を効率よく配置換えし、検査をこなすためのシステム

(6)GIS運行監視サービス
GPSを活用し車両位置を地図上にリアルで高精度に表示できる運行監視システム


*『鉄道輸送計画ICTソリューションSaaS(TrueLine(R))』を、11月6日(水)~8日(金)に千葉市・幕張メッセで開催される「第3回鉄道技術展」に出展し、展示・デモンストレーションを実施します。

※TrueLineは、東芝ソリューション株式会社の登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

車両編成作成画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。