logo

「東日本大震災アーカイブ」が2013年度グッドデザイン賞を受賞しました!

首都大学東京 2013年10月01日 16時02分
From Digital PR Platform


 首都大学東京システムデザイン研究科インダストリアルアート学域の渡邉英徳研究室は、宮城大学事業構想学部デザイン情報学科の中田千彦研究室と共同で制作した「東日本大震災アーカイブ」で、2013年度グッドデザイン賞を受賞しました。
 「東日本大震災アーカイブ」は、震災の被害状況を可視化し、災害の実相を世界につたえる多元的デジタルアーカイブズです。被災地の写真、被災者証言、ツイートなどのビッグデータを一元化し、デジタル地球儀上で俯瞰することができます。
 なお、本受賞により、同時にグッドデザイン・ベスト100に選出され、「グッドデザイン賞金賞」等、特別賞の候補となりました。

■グッドデザイン賞公式サイトURL
リンク

■東日本大震災アーカイブURL
リンク
※当コンテンツの閲覧にあたっては、「Google Earth」プラグイン(無料)、もしくは「Google Earth」のインストールが必要となります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。