logo

教育現場のICT化の現状を調査し、今なすべきことを問いかける 『日本のICT教育にもの申す!』

EPUBとプリント・オンデマンドによるNextPublishingメソッドの新刊



インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使った新刊『日本のICT教育にもの申す!』(副題:教育プラットフォームによる改革への提言、著者:関島 章江)を発刊いたしました。


『日本のICT教育にもの申す!』


著者:関島 章江
小売希望価格:印刷書籍版 1,600円(税別)/電子書籍版 1,200円(税別)
印刷書籍版仕様:A5判/モノクロ/本文124ページ
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
ISBN:978-4-8443-9594-2
発行:インプレスR&D
発売:インプレスコミュニケーションズ

≪発行主旨≫
本書は、日本の教育現場におけるICT活用について、調査・研究した結果をまとめたものです。
≪内容紹介≫
タブレットやデジタル教科書の導入など、教育のICT化が話題になっている昨今ですが、日本の教育現場はまだ海外に比べて遅れをとっており、一部の先進的な学校が動き出した段階にすぎません。
本書は、日本のICT教育の現状に危機感をいだいた著者が、国内・海外の事例を用いながら、これから子どもたちのために何をなすべきかを問いかけます。
先生や親、企業がその現実を把握し、協力してICT化を進めるために、「教育プラットフォーム」構想を軸に、新しい教育のエコシステムの形を提言します。

≪目次≫
第1章 「教育のICT化・デジタル化」を巡る日本の現状と動向
第2章 学校教育の事例と課題
第3章 学習塾等の事例
第4章 親たちの現状と課題
第5章 スマート教育先進国・韓国の状況
第6章 教育プラットフォーム構想
≪著者紹介≫
株式会社電通国際情報サービス オープンイノベーション研究所 シニアコンサルタント。
IT企業の社員としてシステム構築や運用に従事しつつ、教育問題に関心を持つ。社内公募によるビジネス企画案が採用され、2011年より現部署にてICTを活用した教育関連のビジネス開発に取り組んでいる。様々な関連企業や教育関係者、保護者グループ等とコラボレーションや実証実験を行い、幅広い人脈を有する。国内外の教育ICT事情について広範なサーベイも行っている。1男1女の母。

≪販売ストア≫
印刷書籍:
Amazon.co.jp: リンク
三省堂書店オンデマンド: リンク
電子書籍:
Amazon Kindleストア: リンク
楽天koboイーブックストア: リンク
Apple iBookstore: リンク
インプレスR&D libura PRO(ライブラプロ): リンク
※各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
※一般書店では販売しておりません。


【Next Publishingとは】
従来型の出版モデルでは経済性の観点からむずかしかった専門領域の出版を、電子書籍とプリント・オンデマンド(POD)技術を利用することで実現した新時代の出版メソッドです。この方式により、これまで世に出ていなかった専門性の高い知識の出版を目指します。

【株式会社インプレスR&D】 リンク
インプレスR&Dは、NextPublishingメソッドを活用した次世代型出版事業を推進する企業です。
【インプレスグループ】 リンク
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

【お問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
TEL 03-5275-1087
電子メール: np-info@impress.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事