logo

アクロニス、VMware vSphereTM小規模仮想環境向けの バックアップ・リカバリソフトウェアの最新版を発売

アクロニス・ジャパン株式会社 2013年10月01日 13時00分
From DreamNews

物理環境、仮想環境、クラウド環境に対応し使いやすさを追求したバックアップと復元のソリューションを提供するリーディングカンパニーであるアクロニス社(本社:米国マサチューセッツ州/日本:東京都港区、代表取締役 村上 督、以下: アクロニス)は、VMware vSphereTMによって構築された小規模仮想環境に特化したバックアップ・リカバリソリューションの最新版、「Acronis vmProtect 9」を、本日から提供を開始します。本製品は、アクロニスWebサイト、またはディストリビューターであるソフトバンクBB株式会社、ダイワボウ情報システム株式会社、株式会社ネットワールド、及び当社製品のリセラー企業を通して販売されます。

Acronis vmProtect 9は、VMware vSphereによって構築された小規模仮想環境に最適なバックアップ、復元ソリューションです。本ソリューションは、簡単セットアップ、迅速バックアップと復元などの従来のメリットに加え、以下の新機能を追加することで、コスト効率に優れた安全、安心なバックアップ・復元環境を提供し、お客様の課題を解決します。

Acronis(R) vmProtectTM 9の主な新機能
1. マイクロソフトの各種アプリケーションバックアップ
以下の様々なマイクロソフトのアプリケーションを認識し、ディスクとアプリケーションを統合的に行います。各アプリケーションは以下の方法で復元します。
-Microsoft Exchange Server:  データベース、メールボックス単位の復元が可能(MS Exchange 2013はデータベースのみの復元)
-Microsoft SQL Server:  復元はデータベースのみ可能(インスタンスごとの復元はできません。)
-Microsoft SharePoint Server: SharePoint Explorerを使用し、サイトコレクションやサイト、アイテム(ドキュメントや添付ファイル)単位での復元が可能
- Microsoft Active Directory: アプリレベルでの復元機能の提供はありません。

2. 集中管理ダッシュボード
vmProtectに集中管理ダッシュボードが搭載されました。1つのvmProtectの管理Webページから、複数のAcronis vmProtect 9エージェントにアクセスできます 。
3. エージェントの構成ファイルのインポート/エクスポート
Acronis vmProtect 9 エージェントの構成ファイルのエクスポートとインポートが可能となりました。
仮想アプライアンスとWindowsマシンにインストールしたエージェント間での設定移行にも対応しています。
<サポート環境>
サポートされるファイルシステム
NTFS、FAT16/32、Ext2/Ext3/Ext4

サポートされるWebブラウザ
Microsoft (R) Internet Explorer(R) 7.0以降
Mozilla(R) Firefox(R) 3.6以降
Apple(R) Safari(R) 5.0以降
Google ChromeTM 10.0以降
OperaTM 10.0以降

サポートされるストレージ
HDD(P-ATA (IDE), S-ATA, SCSI, iSCSI, FC)
NAS (SMB and FTP)

■出荷開始日
日本語ライセンス版、オンライン版発売日: 2013年10月1日(火)
日本語パッケージ版発売日: 2013年10月1日(火)

■販売形態と参考価格:
ライセンス版価格: 60,000円(税抜)、オンライン版価格: 60,000円(税抜) (共に1 CPU  1ライセンス)
パッケージ版価格: 60,000円(税抜) (1CPU 1ライセンス)
(注)※ 価格には消費税が含まれておりません。  


【報道関係者のお問い合わせ先】
アクロニス・ジャパン株式会社 マーケティング  担当 北尾(PR担当)
TEL: 03-6430-1442 / Email: Media_jp@acronis.com




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事