logo

◎血友病治療の血漿(けっしょう)製品を途上国に配布 カナダのプロジェクト開始

世界血友病連盟 2013年09月27日 13時32分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎血友病治療の血漿(けっしょう)製品を途上国に配布 カナダのプロジェクト開始

AsiaNet 54405
共同JBN 1117 (2103.9.27)

【モントリオール(カナダ)2013年9月27日PRN=共同JBN】カナダの献血者から提供され血漿(プラズマ)製品の製造に使われた貴重なタンパク質の余剰分が、世界で初めて血友病の治療に転用されることになり、発展途上国で血友病にかかって生活している多数の人々の命と手足を救う治療に向けられようとしている。

生涯受け継ぐことになる出血性疾患である血友病は、世界の約1万人に1人を苦しめている。彼らのほぼ75%はほとんど、もしくはまったく治療を受けていない。血友病は血液の適切な凝固を阻害する多くの疾患の1つである。血友病にかかった人々は、長期にわたる内出血、それも見た目に小さな傷からも引き起こす。関節や筋肉への出血は激痛や身体障害を起こすとともに、脳など主要器官に出血して死の原因になる。血友病A(血液第8因子欠乏症)は、血液凝固に不可欠のタンパク質である第8因子で治療される。

世界血友病連盟(WFH)はCanadian Blood Services(CBS)および血漿製品メーカー2社のBIOTEST AGとGRIFOLSと提携して、カナダのモントリオールで9月26日から開かれる出血性疾患治療剤の安全性、供給に関するWFH Global Forumで、(血漿製品製造にかかわる)Project Recoveryの開始を正式に発表する。この人道支援プロジェクトは、Canadian Hemophilia Society(CHS)による初のプロジェクトと考えられ、数十年の努力が実って現実のものになる。

Project Recoveryは、カナダの献血者からこれまで破棄されてきたクリオプレシピテート(寒冷沈降物)をBIOTEST社の第8因子含有濃縮製剤Haemoctin(登録商標)に変換する。それはWFHの人道支援プログラム(Humanitarian Aid Program)を通じて実行され、これら命と手足を救う医療へのアクセスがほとんどあるいはまったくなく、それでなければ死亡もしくは重篤の身体障害のリスクのある患者に提供することに注力する。

WFHのアラン・ワイル会長は「Project Recoveryは世界中の多数の血友病患者の生活を向上する能力を持っている。プロジェクトはまた、WFHがいつどこでこの必須医薬品を配布し、この素晴らしい人道的努力の恩恵を最大限発揮するかのプロジェクトを注意深く計画してもらえる」と語った。

プロジェクトは毎年、国際単位系で少なくとも500万ユニットの第8因子を寄贈することになると推計されている。これによって子供と成人の血友病の最もよくある症状である関節出血を毎年約5000例治療することができるようになる。血友病にかかった人々は、そのような治療がなければ、毎週のように耐えがたい苦痛を耐え忍び、やがてこの重篤の関節損傷は不自由な手足になっていく。さらに、これら血友病の早期治療もしくは予防によって、両親、配偶者、兄弟姉妹らの介護者が、家庭や病院で手足が不自由になった人を介護するために仕事や学校を休む必要がなくなるだろう。

余剰のクリオプレシピテートを人道目的で第8因子に変換するこのようなパートナーシップが生まれたことは、世界で初めてのことである。この国際的協力契約は2013年7月に結ばれ、最初の製造段階が始まっている。WFHは2014年に第8因子の初の配布を受けることになる。

Canadian Hemophilia Society(CHS)のクレイグ・アップショー会長は「CHSは10年以上前からProject Recoveryを始めた。われわれはパートナーがプロジェクト成功のため多くの法律上、技術上、商業上、規制上の障壁を乗り越えて協力できたことを心から評価し、ほかの国々もカナダの例に続くことを希望している」と語った。

血液凝固に必須の第8因子は、血漿の要素の1つであるクリオプレシピテートに含有している。Canadian Blood Services(CBS)への献血者の血漿に含まれるクリオプレシピテートすべてが、カナダの患者に向けだけに第8因子を作る必要はなく、これまでは余剰分が廃棄されてきた。Project Recoveryによって、クリオプレシピテートは米国にある工場でGRIFOLS 社によって抽出され、製造のためドイツのBIOTEST社に移送される。この完成後の医薬品は、BIOTESTのライセンスの下で製造、リリースされ、血友病A治療用の高純度、二重のウイルス不活性第8因子製品であるブランド名Haemoctinとなる。一部はBIOTESTから販売され、残りはWFHへ寄付されるためCBSに割り当てられる。BIOTESTはまた、受け入れ国に寄贈Haemoctinを配布するためWFHを支援する。パートナーシップはあらゆる関係者にとって実費ベースである。

Canadian Blood Services(CBS)のイアン・マンフォード業務責任者は「われわれはProject Recoveryの名誉あるパートナーである。献血者から受け取った心温まる贈り物(献血)を最大限活用することに加えて、利害関係者との粘り強く強力な関係は、多くの有資格患者を支援することになる」と語った。

このようなHaemoctin寄贈はWFHにとって一大出来事である。このプロジェクトによってWFHは、出血性疾患にかかったすべての人々の治療を実現する包括的活動の一環として、その人道支援プログラムを拡大することができる。

▽血友病およびその他の出血性疾患について
血友病、フォン・ヴィレブランド病、遺伝性血小板障害、その他の要因による欠損は、血液が適切に凝固しない生涯にわたる出血性疾患である。出血性疾患を患う人々は、出血を抑制する血液中のタンパクである特定凝固因子が欠損しているか、適切に機能していない。出血性疾患の重篤性は、凝固因子の欠損、あるいはその活性低下によって左右される。血友病患者は、外見的にはささいに見える軽症によって抑制不可能な出血を体験することがある。関節内および筋肉内出血は激痛と身体障害をもたらす一方、脳などの主要臓器での内出血は死をもたらすこともある。

▽BIOTEST AGについて
BIOTESTは、世界的に活動している薬物・生物学的薬物グループの統合的アプローチを持つ革新的な血液学、免疫学におけるスペシャリストであり、血液・免疫疾患治療用の医薬品を開発、製造、販売している。BIOTESTの薬剤の主要な出発物質は、ヒト血漿で、凝固障害(血友病)、重篤な感染症、免疫システム不全など人命を脅かす健康状態の治療に使用される。
BIOTESTのサイトはリンク

▽Canadian Blood Servicesについて
Canadian Blood Servicesは国立、非営利慈善団体で、全州とケベック以外の準州における血液および血液製剤を管理している。Canadian Blood Servicesはまた、OneMatch Stem CellとMarrow Networkを監督しており、組織、細胞のドネーションと移植で全国的なリーダーシップをとっている。Canadian Blood Servicesは、年間42の常設献血サイトと2万以上のドナー・クリニックを運営している。カナダ各州・準州の保健省はCandian Blood Servicesの運営資金を提供している。カナダ連邦政府は、連邦政府保健省(Health Canada)を通じて血液システムの規制に責任を持っている。

▽Canadian Hemophilia Societyについて
Canadian Hemophilia Society(CHS)は1953年創立の全国的で自発的な健康慈善団体である。その使命は、遺伝性血液疾患にかかっているすべての人々の健康と生活の質を改善することであり、究極的にはその治療法を見つけ出すことにある。ビジョンは、遺伝性血液疾患からの痛みと苦しみのない世界である。CHSは世界血友病連盟(World Federation of Hemophilia、WHF)の創立メンバーである。CHSのサイトはwww.hemophilia.ca.

▽GRIFOLSについて
GRIFOLSは、高品質の革新的病院向け製品とサービスによって人々の生活を改善している。ヒト血漿由来の治療法は、有効性、安全性で群を抜いた記録を持っている。GRIFOLSはまた、血液バンク、輸血センター、臨床研究所で使用される医療機器、分析器、試薬で業界をリードするメーカーでもある。GRIFOLSは、Canadian Blood Services向けヒト血漿分留装置を製造している2社の1つである。

▽世界血友病連盟について
国際的な非営利組織の世界血友病連盟(World Federation of Hemophilia、WHF)は50年間にわたり、血友病やその他の先天性出血性疾患を患う人々の生活を向上させることに努めてきた。1963年に創設されたWHFは122カ国の患者組織の世界規模のネットワークであり、世界保健機構(WHO)から公認されている。WHFのサイトはリンク

▽問い合わせ先
World Federation of Hemophilia
Sarah Ford
+1 514 266-7764
sford@wfh.org
www.wfh.org

Canadian Hemophilia Society
Chantal Raymond
+1 514 848-0503 #226
craymond@hemophilia.ca
www.hemophilia.ca

ソース:World Federation of Hemophilia



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事