logo

【アイレップ ネット選挙運動白書2013】2013年7月の「参議院議員選挙」における各政党のネット利用状況を調査

●キーワード検索時における各政党公式サイトの順位状況 ●各政党公式サイトのSEO対応状況 ●Facebook、Twitter利用状況

広告主のマーケティングを最適化するデジタルマーケティングエージェンシーの株式会社アイレップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:紺野俊介、以下アイレップ)では、7月の参議院議員選挙で、各政党が行った「ネット選挙運動」の取り組みについて調査いたしました。

平成25年4月19日のインターネット選挙運動解禁に係る公職選挙法の一部を改正する法律の成立を受け、今回の参議院議員選挙は、初のいわゆる「ネット選挙運動」となりました。

今回、各政党公式サイトのSEO対応状況や候補者のインターネット上での活動について、当社評価基準で調査しましたのでご報告いたします。

≪調査項目≫

■各キーワード※検索時における、各政党公式サイトの表示順位に関する調査
1ページ目(10件)に各政党公式サイトが表示される割合は2割以下
具体的な政党名を掛け合わせた検索時において、上位3位以内に各政党公式サイトが表示される割合は、3割~8割弱と政党によりばらつきあり

■各政党公式サイトのSEO対応状況
5つの要因からの分析で、サイト構築の改善の余地が明確に

■東京・大阪選挙区で出馬した候補者のFacebook、Twitterアカウント開設状況
いずれも開設は約6割、どちらか開設は約8割

■参考:選挙プランナー三浦博史氏に聞くネット選挙運動の今後


≪調査概要≫ 
■調査内容 :①政党のSEO対応状況調査対象として今回の参議院議員選挙における
        当選者数上位6政党の公式サイトについて、2013年7月24日時点で
        取得したYahoo!検索10件表示設定の検索結果を調査

        ②東京・大阪選挙区で出馬した候補者のFacebook、Twitterの
         アカウント開設状況を調査

■調査実施者:株式会社アイレップ SEOグループ

■調査結果

※詳細はこちらをご参照ください
リンク

■ 選挙プランナー 三浦博史氏のコメント

今回のネット選挙運動について、選挙プランナーの三浦博史氏は以下のように分析しています。

今回の参議院議員選挙からネット選挙運動が解禁となりました。当初、ネット選挙運動解禁によって投票率の向上が期待されていましたが、ふたを開けてみると、前回比5.31ポイントダウンの52.61%でした。ネット選挙運動の解禁が、当初の期待に反して盛り上がりに欠けた大きな理由の1つとして、ネットという舞台がいくら良くても、選挙をするサイドのワクワク・ドキドキ感の演出が上手くできなかったことが挙げられます。

但し、政党によるネット選挙運動は、温度差はあるもののそれなりに善戦したと思います。各政党のネット選挙運動で特筆すべきは、自民党のゲームアプリ「あべぴょん」、そして共産党イメージの一新を狙った「カクサン部」です。これらのゆるキャラキャンペーンは、今までの堅い政党のイメージとは違った印象を有権者に与えたものと思われます。また、公明党はLINEをうまく活用し、支持者のネットワークを活性化させていたと思います。

政党の公式サイトのSEO対応状況をみると、改善の余地がたくさんありそうです。政党の公式サイトは、政策などの情報・コンテンツを格納・一覧できる政党の一次情報の置き場として重要ですので、今後は、ネット上で有権者や支持者をより一層盛り上げるような演出や、目的に応じた企業とは異なったSEO対応を行っていくのがよいのではないでしょうか。



■株式会社アイレップ について
アイレップは広告主のマーケティングを最適化する「デジタルマーケティングエージェンシー」です。デジタル領域における、リスティング広告、運用型ディスプレイ広告、SEO(検索エンジン最適化)、SMO(ソーシャルメディア最適化)、Web 解析、LPO(ランディングページ最適化)まで、多様化する広告手法やデバイスに対応した質の高い専門サービスをワンストップで提供し、企業価値の向上に努めてまいります。
━━ 会社概要 ━━
【社名】  :株式会社アイレップ
【所在地】 :東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
【URL】  :リンク
【代表者】 :紺野俊介
【設立年月】:1997年11月
【資本金】 :5億4,789万円 (2012年9月末現在)
【事業内容】:
◆デジタルマーケティング領域
・SEMサービス(PC/モバイル/スマートデバイス)
・運用型ディスプレイ広告
・ソーシャルメディアマーケティング
・アフェリエイトマーケティング
・インターネット広告
◆デジタルメディア領域
住宅展示場サイト(総合住宅展示場) リンク
食育メディアサイト(ちゃちゃめし) リンク

【記事転載・引用等に関するお問い合わせ先】
●株式会社アイレップ
TEL:03-3596-8050  FAX:03-3596-8145
【報道関係お問合せ先】広報担当 小泉  E-MAIL: pr@irep.co.jp
【弊社サービス内容に関するお問合せ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事