logo

水深15mの防水、2mの耐衝撃性能を備える 世界初の防水・耐衝撃レンズ交換式デジタルカメラ「Nikon 1 AW1」を発売

株式会社ニコンイメージングジャパン 2013年09月19日 13時44分
From Digital PR Platform


株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、新たな映像表現を提案するレンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1(ワン)」の新機種として、世界初※1の防水・耐衝撃レンズ交換式デジタルカメラ「Nikon 1 AW1」を発売します。

また、カメラボディーと同様に世界初※2の防水・耐衝撃レンズとなる、標準ズームレンズ「1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6」※3および、広角単焦点レンズ「1 NIKKOR AW 10mm f/2.8」を同時発売します。
※1 2013年9月9日現在、発売済みのレンズ交換式デジタルカメラにおいて。ニコン調べ。
※2 2013年9月9日現在、発売済みのレンズ交換式デジタルカメラ用の交換レンズにおいて。ニコン調べ。
※3 「1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6」は、カメラボディーとセット販売のキット用レンズです。

「Nikon 1 AW1」は、「Nikon 1」の特長である、高速性能、持ち歩きに最適なコンパクトサイズに加え、水深15m※1の防水性能、2m※2の落下耐衝撃性能を備えたモデルです。スタイリッシュかつ高級感のあるデザインで、ほかの「Nikon 1」シリーズと同様、「1 NIKKOR」レンズや多彩な「NIKKOR」レンズ(マウントアダプター「FT1」装着の場合)と組み合わせての撮影も可能です。
※1 JIS/IEC保護等級8(IPX8)をクリアー(ニコン試験条件による)。水深15m(49ft)以内で60分までの撮影が可能。防水1 NIKKORレンズ装着時。
※2 MIL-STD 810F Method 516.5-Shockに準拠したニコン試験条件をクリアー。内蔵フラッシュ収納時。防水1 NIKKORレンズ装着時。

同時発売となる世界初の防水、耐衝撃レンズ「1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6」、「1 NIKKOR AW 10mm f/2.8」を組み合わせると、山や海などのアウトドアシーンにも撮影フィールドが広がります。すばやく簡単にメニュー画面の項目切り換えなどができる「アクション操作」機能をはじめ、グローブ着用時に発生しがちな誤操作を防止する「操作ボタンロック」機能、電子コンパスのほか、GPSとGLONASSから得られる位置情報、高度計、水深計、水準器などのログ取得機能も搭載。さらに、屋外の明るい場所などでも画面を見やすくする「アウトドア表示」など、アウトドアシーンでの撮影を考慮した独自の機能が特長です。


●「Nikon 1 AW1」発売概要
商品名 レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1 AW1」
予定生産台数 当初月産1万台

世界初の防水、耐衝撃レンズを組み合わせた以下のキットで発売予定です。

「Nikon 1 AW1 防水ズームレンズキット」 
1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6付き
価格 オープンプライス 
発売予定 2013年10月
カラー シルバー

●「1 NIKKOR AW 10mm f/2.8」発売概要
商品名 「1 NIKKOR AW 10mm f/2.8」
希望小売価格 \42,000(税抜 \40,000)
発売予定 2013年10月
カラー ブラック

●「Nikon 1 AW1」の主な特長

1.世界初の防水・耐衝撃レンズ交換式デジタルカメラ
ボディーの前後カバー間にシーリングゴム、ボディー側のマウント部にOリングを採用することで水深15mの防水性能を確保。また、落下高さ2mの耐衝撃性能を備えています(内蔵フラッシュ収納時)。そのほか、砂やほこりの侵入を防ぐ防じん性能および、-10℃の耐寒性能も備え、同時発売となる世界初の防水、耐衝撃レンズ「1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6」、「1 NIKKOR AW 10mm f/2.8」を装着すれば、マリンレジャー、ウィンタースポーツなど、これまで撮影が難しかったシーンで活用できるアウトドアモデルになります。
また、日常使いにおいては、「1 NIKKOR」レンズのほか、マウントアダプター「FT1」(別売)を装着すれば、多彩な「NIKKOR」レンズも装着でき、撮りたい作品や被写体に合わせてレンズ交換を楽しむことができます。

2.アウトドアに適した機能性と街中でも目を引く高級感を両立させたデザイン
滑りにくい素材のグリップを採用し、ボディー上面の主要ボタンを大きくして配置の間隔を広げることで、アウトドアで使用する際に求められる高いホールド感や操作性を実現しています。また、ボディー前面の外装材質を強度があり錆びにくいステンレスにすることで、耐衝撃性能を確保しているだけでなく、タウンユースでも存在感かつ高級感のあるデザインに仕上げています。

3.高速かつ高精彩な動画・静止画撮影を可能にするCMOSセンサー、AFシステム、画像処理エンジン、光学ローパスフィルターレス仕様

・世界最短※1撮影タイムラグを実現する「スーパーハイスピードAF CMOSセンサー」
「スーパーハイスピードAF CMOSセンサー」は、ニコンが開発した「CXフォーマット」のセンサーです。73点の位相差AFと135点のコントラストAFを搭載し、世界最短※1の撮影タイムラグを実現しています。有効画素数1425万画素、ISO感度 160~6400で、高感度時も低ノイズで鮮明な画像を提供します。また、AF追従で約15コマ/秒の高速連写※2、AF固定でフル解像度による約60コマ/秒の高速連写※3も可能です。また、解像力を最大限に活かすため、光学ローパルフィルターレス仕様を採用しています。
※1 「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」のワイド端使用でシングルエリアAF時。2013年9月9日現在、発売済みのレンズ交換式デジタルカメラにおいて。ニコン調べ。
※2 連続撮影可能コマ数:約22コマ。
※3 連続撮影可能コマ数:約20コマ。

・高速性と高精度を両立した「アドバンストハイブリッドAFシステム」
ピント合わせが速く、動く被写体への追従性が高い「位相差AF」と、暗い場所でも高精度な「コントラストAF」の2つのAF機能を備えた「アドバンストハイブリッドAFシステム」を搭載しています。動きのある被写体や、動きが予測しにくい動物や子どもなどを撮影する際、シャッターチャンスを逃さずに大切な一瞬を残せます。

・画像処理の高速化・高画質化を実現した画像処理エンジン「EXPEED 3A」
「Nikon 1」向けに最適化した画像処理エンジン「EXPEED 3A」を搭載し、優れた高速画像処理を実現しました。撮影中のフルHD動画を途切れさせることなく、高画質な静止画を同時に撮影することが可能です。
「スーパーハイスピードAF CMOSセンサー」、「NIKKOR」レンズの開発で長年培ってきた光学技術から生まれた「1 NIKKOR」レンズ、「EXPEED 3A」の組み合わせにより、高速処理かつ、高画質な静止画と動画撮影を実現しています。

4.水中やアウトドアでの撮影時に便利な機能・装備

・すばやく簡単に操作できる「アクション操作」機能
ボディー背面にある「アクションボタン」を押しながらカメラを左右に傾けるだけで、撮影モードの変更、再生時の画像送り、動画再生時の早送り・巻き戻しや「アウトドア表示」などの操作がすばやく簡単にできます。

・意図しないボタン操作を防止する「操作ボタンロック」機能
ウィンタースポーツなどでグローブを着用している時に、誤ってボタンを押しても作動しないように予め設定できる機能です。ロック可能なボタンは、拡大縮小・サムネイル表示、再生、削除、アクション、DISP(ディスプレー)表示切り換えの5つです。

・屋外でもくっきり見やすい「アウトドア表示」
「アウトドア表示」に設定すると、「ハイコントラスト表示」が作動し、モニターの明るさが高輝度な「Hi」に設定されます。屋外の明るい撮影状況下でも視認性を確保します。

・3つの「水中」モードが加わったクリエイティブモード
クリエイティブモードに、「水中」撮影に適した3つのモードを新設。「スタンダード」、「ダイビング」、「クローズアップ」の3つのモードで撮影シーンに適した画作りを簡単に楽しめます。また、撮影時にライブビューで確認しながら青と緑の色味のバランスを手動で補正することも可能です。

・水中モード
スタンダード:水辺や浅い水深での撮影に適しています。
ダイビング :スキューバダイビングなど、比較的深い水深での撮影に適しています。
クローズアップ:近接位置の被写体の撮影に適しています。

・ホワイトバランス(水中)
ホワイトバランスを「水中」に設定すると、水中撮影時に発生しやすい青や緑の色かぶりを自動補正し、自然な色合いを再現します。

・自動ゆがみ補正(水中)
水中撮影時に糸巻型に発生してしまうゆがみを自動補正することができます。

・水中でも使用可能なi-TTL調光対応の内蔵フラッシュ
ガイドナンバー約5(ISO 100・m、20℃)、約6.3(ISO 160・m、20℃)の内蔵フラッシュは、水中での使用も可能です。フラッシュ発光部は2軸の回転機構を備えた手動ポップアップ方式を採用しています。

・アウトドアで役立つ多彩な計測機能
電子コンパスを搭載し、カメラの向いている方位を表示、撮影した画像に記録することができます。そのほか、GPSとGLONASSから得られる位置情報、高度計、水深計、水準器などのログ取得機能といったアウトドアでの撮影をサポートする多彩な機能を搭載しています。

5.「Nikon 1」が誇る特別な一瞬をとらえる先進機能

・撮りたい瞬間を切り取れる「スロービュー」機能
シャッターボタンを押すタイミングを見逃してしまうような動きの速い被写体を撮影する時に便利な機能です。シャッターボタンを半押ししてピントを合わせた瞬間から自動的に20コマ連写し、半押ししている間中、背面液晶モニター上で取り込んだ画像を5倍のスロー表示に引き伸ばして繰り返し再生します。保存したい静止画のところでシャッターボタンを全押しすることで、ベストなシーンを選択し保存できます。

・ベストショットを確実に撮影する「スマートフォトセレクター」
シャッターボタンを全押しする前後の20枚を高速連写し、手ブレやフレームアウトした写真などを判別して、カメラが自動的に最高の一瞬を厳選します。カメラがベストショットとして選んだ1枚だけを保存するか、ベストショット候補に選んだ5枚を保存するかを設定することもできます。

・動画と静止画を融合するニコン独自の映像表現「モーションスナップショット」
シャッターボタンを押すだけで、静止画とその前後のわずかな時間をスローモーション動画として記録します。ボディー内電子式手ブレ補正(e-VR)に対応しており、動画撮影時の手ブレを画像処理により電子的に補正します。
また、画像再生時に、マルチセレクターのボタンを押すと「モーションスナップショット」で撮影したスローモーション動画のみを簡単に連続再生することが可能になりました。

●水中撮影に便利なアクセサリー

・「フィルター AW 40.5 NC」(別売)
防水レンズに装着した状態で、水深20m以内で使用できます。 「1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6」、「1 NIKKOR AW 10mm f/2.8」に装着可能です。水中でのレンズの曇りを軽減することができるため、水辺や水中でお使いになるときは、取り付けることをおすすめします。

「フィルター AW 40.5 NC」発売概要
商品名 「フィルター AW 40.5 NC」
希望小売価格 \6,825(税抜 \6,500)
発売予定 未定

・「SB-N10」(2014年春発売予定・別売)
「Nikon 1」専用の水中スピードライトです。「Nikon 1」用 のウォータープルーフケースおよび「Nikon 1 AW1」に使用できます。

●「1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6」の主な特長
・世界初、水深15m※1の防水性能、2m※2の耐衝撃性能を備えた「Nikon 1 AW1」専用レンズ
・焦点距離11-27.5mm(35mm判換算で焦点距離30-74mm相当の撮影画角)の標準ズームレンズ。スナップや風景、ポートレートなど幅広いシーンに対応
・「Nikon 1 AW1」と一体感のある高品位デザイン
・ズームリングを使って、水中でもズーミングが可能
・自動ゆがみ補正(水中)に対応

●「1 NIKKOR AW 10mm f/2.8」の主な特長
・世界初、水深20m※1の防水性能、2m※2 の耐衝撃性能を備えた「Nikon 1 AW1」専用レンズ
・焦点距離10mm(35mm判換算27mm相当の撮影画角)の広角単焦点レンズ 
・最短撮影距離は0.2m
・「Nikon 1 AW1」と一体感のある高品位デザイン
・自動ゆがみ補正(水中)に対応
※1 カメラに取り付けた状態でJIS/IEC保護等級8(IPX8)相当(ニコン試験条件による)。
※2 カメラに取り付けた状態でMIL-STD 810F Method 516.5-Shockに準拠したニコン試験条件をクリアー。


主な仕様はこちらよりご覧下さい。
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事