logo

サラリーマンの夢?「正直、独立したい願望はある」と答えた人は何%いた?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2013年09月18日 11時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する3000点以上のIT製品情報を掲載する無料会員制サイト『キーマンズネット』(リンク)は、ITに関する身近でちょっと気になるテーマについて、投票形式で白黒をつけるコーナー「情シスのスイッチ」を公開しています。

今回のテーマは「最適」。“正直言って、独立したい願望はある?”“ノートパソコンを利用する際、あなたはどちら派?”の2つをお題にしたアンケート結果を、お届けいたします。

▼「情シスのスイッチ」の記事はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
■お題1:正直言って、独立したい願望はある?
――――――――――――――――――――
ある・・・33%
ない・・・67%

独立したい願望が「ある」と答えた人は33%、「ない」と答えた人は67%と、ダブルスコアの結果となりました。IT業界の場合は起業して独立する以外にも、フリーのエンジニアになるという手もあるようですが、意外に独立願望は高くないようです。「ある」派の中では、20~30代での独立意識が高いようです。それでも、独立はしたいけど実際にはムリ・・・、というコメントも少なくありませんでした。「ない」派の多くは、現在の安定した会社員生活を捨ててまで独立する意志はないことを正直にコメントしています。そして当然といえば当然ですが、家庭を持っている確率の高い40代以降では「ある」派の割合がぐっと減り、「ない」派が多数を占めました。多くの人は堅実に会社勤めを全うしたいということが現実なのでしょうか。

<コメント(一部抜粋)>
【「ある」派のコメント】
●独立して年収数千万、なんていうのを夢見ています。夢だけですが。(30代・男性)
●意欲的な独立願望ではなく、一生続けていける仕事がほしいだけです。会社員だと無理なので。(40代・女性)
●宝くじが当たったら、「なにもしない株式会社」の社長がやりたいです。(50代・男性)

【「ない」派のコメント】
●会社に飼われることに安堵します。社蓄ですから。(30代・女性)
●周りで独立したり、定年後起業した人が多数いるが、その人たちとはバイタリティに差がありすぎる。(50代・男性)
●独立するくらいなら、家も相続したしリタイアかな。畑を本格的に耕して食糧確保に努めます。(40代・男性)

▼その他の「ある」派、「ない」派の理由はこちら
リンク


――――――――――――――――――――
■お題2:ノートパソコンを利用する際、あなたはどちら派?
――――――――――――――――――――
タッチパッド派・・・23%
マウス派・・・・・・77%

ノートパソコンを利用する時の入力デバイスが「タッチパッド派」だという人は23%、「マウス派」だという人は77%と、大きな差の付く結果になりました。パソコンの主流がデスクトップからノートへ移ったのはここ数年のことです。おそらく「マウス派」は、現在ノートを使っていても以前デスクトップでマウスを操作していた感覚が残っているのではないでしょうか。コメントにもあるように、マウス操作のほうが細かい操作しやすいのは確かかもしれません。「タッチパッド派」は、もちろんタッチパッド操作に慣れているということもありますが、モバイル時にマウスを持ち歩くのが面倒、デスクにマウスを動かせるスペースがない、という事情がある人が多いようです。ちなみに両派において、本当はトラックボールやトラックポイント(ThinkPadに搭載されていた)が好きという人が少なくなかったことも付記します。

<コメント(一部抜粋)>
【「タッチパッド派」派のコメント】
●Macのトラックパッドに触れてから、細かい作業以外ではマウスは不要になりました。(20代・男性)
●ノートパソコンには何も繋ぎたくありません。(30代・女性)
●マウスをコチョコチョ動かすよりも、タッチパッドにしてショートカットを多用すると、腕の活用が半々になり、肩こりが少し楽になります。(60代・男性)

【「マウス派」派のコメント】
●腱鞘炎の観点からするとタッチパッドが良いのですが、やはり慣れません。(30代・男性)
●ボールマウス派です。机にゴミがあるとすぐ動きが悪くなるため、机の上をきれいに保つことにも役立ってます。(40代・女性)
●マウスのスピードにタッチパッドでは勝てない。(50代・男性)

▼その他の「タッチパッド派」派、「マウス派」派の理由はこちら
リンク


<調査概要>
○調査期間:2013年8月22日~2013年8月28日
○有効回答数:433
○調査対象:キーマンズネット会員


――――――――――――――――――――
◇「キーマンズネット」について
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、35万人のIT担当者が集まる無料会員制サイトです。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに、IT初心者から上級者まで納得の特集や、製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。

<コンテンツ> ※全ての機能は、会員登録する事で、フルにご利用できます!
1)製品レポート「Keyレポ」「Keyノート」
IT製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

2)「比較表」作成機能
製品同士のスペックや価格などの基本情報をまとめた「比較表」が簡単に作成できます。

3)「資料ダウンロード」機能
検索結果や比較表からまとめて資料請求することもでき、情報収集が効率化できます。

4)ITがよくわかる特集
状況や立場に応じて選ぶことができ、興味のあるカテゴリの最新ニュースや製品情報を毎日メールでお届け。
IT製品の”いま”がわかります。

5)企業向けITのセミナー・イベント情報
IT製品に関する各種セミナー情報を、Webとメールでご提供します。

6)キーマンズネットDaily
あなたの興味にそった情報を毎日メールでお届けします。製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

キーマンズネットでは、IT製品の選定に必要なさまざまな情報を提供しています。
もちろん登録・利用は無料。是非ご登録いただき、IT製品選びにお役立て下さい。


▼「キーマンズネット」はこちらから
リンク

▼「情シスのスイッチ」オススメ記事はこちらから

◆「Google Apps 対 Office 365」使うならどっち?
リンク

◆「iPhone vs Android」業務利用ではどちらを使いたい人が多かった?
リンク

◆「開発 VS 運用」会社で発言力が強いのは、“実は”どっち?
リンク


◆ほかにもまだまだあります!「情シスのスイッチ」記事一覧
リンク

▼キーマンズネットの「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。