logo

◎TraditionがCorvil選択 パフォーマンス監視に利用

Corvil 2013年09月10日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎TraditionがCorvil選択 パフォーマンス監視に利用

AsiaNet 54200
共同JBN 1032 (2013.9.10)

【ロンドン、ニューヨーク2013年9月10日PRN=共同JBN】Par FX、Trad-Xプラットフォームの全利用者に公正を確保するCorvilNetを配備-。

IT向けパフォーマンス監視システム(Operational Performance Monitoring=OPM)のプロバイダー、Corvil(リンク)は10日、金融、商品関連の店頭取引で世界有数のインタートレーダー・ブローカー、Tradition(リンク)がPar FX、Trad-Xプラットフォームのリアルタイム取引可視性とOPMのためにCorvilNetを配備したと発表した。

 (Logo: リンク

Traditionの新電子取引プラットフォーム、ParFxはグローバルなFX市場に新たな可視性と平等性をもたらすように設計されている。CorvilのプラットフォームはFXの値付けとクライアント注文のフルライフサイクルに独自の運用管理を与えるために利用される。

Traditionのグループ最高情報責任者(CIO)ヤン・ルイリエ氏は「参加者全員の可視性と平等性提供への要求が高まっている。われわれの取引プラットフォームは顧客に約定上最高の処理能力、効率を与える。われわれはこのような需要に確実に対応し続けるために、パフォーマンス監視業界のリーダー、Corvilを選択した」と語った。

CorvilのTrade Lens(リンク)はTraditionのTrad-X、ParFXプラットフォームにレイテンシー、フィルレート、オーダー/キャンセル率など主要指標の可視性を与える。さらに、取引インフラ全体のレイテンシーに関するマルチホップ分析によって、Traditionはいかなる閾値違反も積極的に対処することが可能になる。

Corvilのドナル・バーン最高経営責任者(CEO)は「Traditionは崩壊を最小化、公正取引環境を与えるという市場の要求に応える技術開発の最先端にいる。彼らがParFXプラットフォームの継続的成功とクライアント向けの最高水準の可視性を確保するため、CorvilのOPMプラットフォームを使ってくれて喜んでいる」と語った。

▽Corvilについて
CorvilはIT向けにパフォーマンス監視システム(Operational Performance Monitoring=OPM)を提供している。Corvilのプラットフォームはワイヤデータからリアルタイムで処理情報を引き出し、その情報をITアプリ、サービスの処理分析に利用、イベントをリアルタイムで探知、警告し、ビジネス情報、リスク管理分析のために濃縮データを転送する。顧客はビジネスプロセス・サービスの処理能力を最適化、保護するためにCorvilを使う。Corvilのプラットフォームは高パフォーマンス、低レイテンシー、データ集約IT環境の要求に独自の方法で対処する。同社は2000年に創設され、ニューヨーク、ロンドン、シンガポール、東京、ダブリンで営業している。詳細は公式サイトリンクを参照。

▽Traditionについて
Traditionは金融、商品関連の店頭取引で世界有数のインタートレーダー・ブローカーである。世界28カ国に展開し、2400人を雇用している。TraditionはCompagnie Financiere Tradition(CFT)の商号で、スイス証券取引所に上場している。Traditionの活動は米虚偽請求取締法(FCA)、米証券取引委員会(SEC)、米商品先物取引委員会(CFTC)などグローバルな規制当局から監督されている。詳細は公式サイトリンクを参照。TraditionとParFXはCompagnie Financiere Tradition S.A.の登録商標である。

▽問い合わせ先
Corvil
Sheila Carroll
sheila.carroll@corvil.com
+353-1-859-1040

MHP Communications
Tradition@mhpc.com
John Sarsfield/James Morgan/Fern Hammond
+44(0)20-3128-8530/8533/8092

ソース:Corvil

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事