logo

◎HID Globalがクラス最高の安全認証ソリューションを提供するために日本市場における基盤を拡充

HID Global 2013年09月10日 13時35分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎HID Globalがクラス最高の安全認証ソリューションを提供するために日本市場における基盤を拡充

AsiaNet 54173

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。


HID Globalがクラス最高の安全認証ソリューションを提供するために日本市場における基盤を拡充

東京 2013年9月10日/PRNewswire/ --

ニュースハイライト

-- HID GlobalはHID正規パートナーへの顧客満足度向上のため、日本市場における販売・サポート体制を強化
-- HID Globalは顧客および現地パートナーとの関係を強化するとともに、より包括的な安全認証ソリューションのポートフォリオを提供することに注力

HID Global(R)は本日、クラス最高のSecure Identityソリューションを提供するため、
新規採用を通じて日本オフィスの人員を増員することを発表しました。
人員の増強により、販売戦略を拡充し、垂直市場における基盤を強化するとともに、
顧客および現地パートナーとの関係を強化することが可能になります。

HID Globalのセールス(ノースイーストアジア)担当ディレクターであるJeon Choong-wooは、
「HID Globalは今後も日本における成長を継続していきます。現在の成功を継続するうえで重要なのは、域内の経済・事業環境の変化に常に適応し、対応していく能力です」、
「HID Globalのリソースとサポートの拡充は、この非常に競争の激しい市場で広範なソリューションを提供しつつ、我々の大規模なパートナーおよびエンドユーザーのコミュニティにおいて優れた顧客満足度を実現することで、HID正規パートナーのコミットメントを実証するものです」と指摘します。

HID Globalはダイナミックな日本市場における基盤を拡充するために取り組んでおり、
船橋 正樹と宇佐美 良の両氏を新たにリージョナル・セールス・マネジャーとして迎え入れました。
船橋氏はセキュア発行とICカードソリューションにおいて25年以上の経験を有しており、
セキュアカード発行ソリューションの分野における販売計画および流通経路開発を担当します。
宇佐美氏はこれまでの経験を活用し、アクセスコントロールと通信システム事業を主導し、物理アクセスコントロールソリューションの分野におけるHID Globalの戦略的パートナーシップと顧客基盤の拡大に努めます。

日本のセールス・マネジメント・チームの拡充により、成長を促進するとともに、顧客やパートナーへの
レスポンスを改善し、日本国内の拡張戦略に弾みをつけます。

HID Globalからの情報発信
メディアセンター( リンク )、
ブログ( リンク )、
RSS フィード ( リンク )、
Facebook ( リンク )、
LinkedIn ( リンク )、
Twitter ( リンク )

HID Globalについて
HID Globalは世界中に数百万人の顧客を持つ、信頼ある安全認証ソリューションのメーカーです。
信頼性の高い品質、革新的デザイン、そして業界における先駆的業績で定評のあるHID Globalは、
さまざまな分野におけるOEM企業、システムインテグレータ、アプリケーション開発企業によって
選ばれています。
こうした分野には、
強固な認証およびクレデンシャル管理を含む物理および論理アクセスコントロール、
カード印刷およびパーソナライゼーション、
政府機関向け高度セキュリティID、
動物用ID、産業・物流用アプリケーションなどがあります。

弊社の主要ブランドには
HID(R) ActivID(R) / FARGO(R) / LaserCard(R)があります。
カリフォルニア州アーバインに本社を置くHID Globalは、世界中に2,100 名の従業員を擁し、
世界各地の拠点から100カ国以上をサポートしています。
HID Global(R)はASSA ABLOY Group のブランドです。
詳しくは www.hidglobal.jp をご覧ください。
###

HID(R)および HIDロゴは、米国および/または他国におけるHID Globalおよび、そのライセンスの商標、
もしくは登録商標です。その他すべての商標、サービスマークおよび製品やサービスの名称は、各所有者の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。