logo

充実の機能を装備し、本格的な撮影が楽しめる「COOLPIX P7800」を発売

株式会社ニコンイメージングジャパン 2013年09月05日 14時36分
From Digital PR Platform


株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、マニュアル操作による本格的な撮影が楽しめる多機能、高性能なコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P7800」を発売します。

「COOLPIX P7800」は、デジタル一眼レフカメラと同等の本格的な撮影機能や拡張性を備えたモデルで、「COOLPIX P7700」(2012年9月発売)の後継機です。1/1.7型の裏面照射型CMOSセンサー、広角28mm相当から望遠200mm相当(いずれも35mm判換算の焦点距離)までのズーム全域で高い描写性能を誇る光学7.1倍ズーム、明るい開放F値2-4のNIKKORレンズを搭載。
また、「COOLPIX P7800」から視度調節機能付きの約92万ドット(VGA)、視野率約100%の高精細電子ビューファインダー(EVF)を新たに搭載しています。RGBW方式を採用した広視野角3型バリアングルTFT液晶モニターも搭載し、撮影スタイルに柔軟に対応する操作性を実現しています。

そのほか、フルHD動画撮影では、ビデオ出力のNTSC/PAL切り換えに連動して、フレームレートが30fps/25fpsに自動的に切り換わります。

また、スピードライト(※)やGPSユニットのほか、新たにワイヤレスモバイルアダプター「WU-1a」、ワイヤレスリモートコントローラー「WR-R10/WR-T10」、小型LEDライト「LD-1000」などのアクセサリーに対応します。多彩な映像表現を可能にするアクセサリーの充実により、拡張性をさらに高めました。(アクセサリーはすべて別売)
※ 使用可能な別売スピードライトは、SB-910、SB-700、SB-400、 SB-300。


●発売概要
商品名    ニコンデジタルカメラ「COOLPIX P7800」
価格     オープンプライス
発売予定   2013年10月10日
予定生産台数 当初月産 約1万台


●主な特長
1. 開放F値2-4の明るい、焦点距離28mm相当から200mm相当(いずれも35mm判換算の焦点距離)をカバーする光学7.1倍ズームのNIKKORレンズ
広角側での開放F値がf/2、望遠側でもf/4と明るいため、手ブレやノイズ低減に威力を発揮し、ズーム全域にわたり解像感の高い鮮鋭な画像が得られ、高感度時の画質も安定します。また、手ブレ軽減をサポートするレンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能も搭載。さらに、7枚羽根絞りにより、自然なボケ味も表現できます。広角側ではレンズ前約 2cmまで被写体に迫れるマクロ撮影が可能です。
                                     
2. 有効画素数1219万画素、1/1.7型裏面照射型CMOSセンサー
有効画素数は、1219万画素。1/1.7型の裏面照射型CMOSセンサーを搭載しています。CMOSセンサーの高速性能をいかした自動連写合成技術により、シーンモードの「夜景」(「手持ち撮影」設定時)で撮影した場合にはブレやノイズを抑え、夜景も人物も明るく描写します。また、「逆光」(「HDR」設定時)では、白とびや黒つぶれを抑えた豊かな階調表現を実現します。さらに、約8コマ/秒(※)の高速連写が可能です。
※「連写H」設定時、画像サイズ:12M、画質:NORMAL(JPEG)

3. 電子ビューファインダー(EVF)とRGBW方式採用の広視野角3型バリアングルTFT液晶モニターを搭載。撮影スタイルに柔軟に対応する操作性を実現
「COOLPIX P7800」は、電子ビューファインダー(EVF)と、バリアングル液晶モニターの両方を搭載しているため、撮影シーンにあわせて柔軟に撮影スタイルを選ぶことができ、さらに快適な撮影環境を実現しています。液晶モニターの画面を内側にして収納すると、電子ビューファインダー(EVF)の表示に切り換わります。また、液晶モニターと電子ビューファインダーの表示切り換えができるモニターボタンも搭載しています。

1)電子ビューファインダー(EVF):
約92万ドット(VGA)で、視野率約100%の高精細表示と便利な視度調節機能により、高い視認性を実現しています。さらに、構図、ピント、露出を確認しながら撮影をおこなうことができ、操作性を進化させました。

2)RGBW方式を採用した広視野角3型バリアングルTFT液晶モニター:
明るく高精細で忠実な色再現性に加えて、画面全体の明るさを向上させつつ、消費電力は従来のRGB方式よりも低減させています。さらに、従来パネルの約1.7倍の高輝度表示ができる「屋外撮影モード」(メニュー内では、Hiと表示)により、晴天下の屋外での視認性を向上させました。ローアングルからハイアングル、自分撮りまで自由度の高い構図づくりが楽しめます。

4. 本格的なマニュアル撮影を可能にする操作性の高いダイヤルやボタン
多彩な表現を実現する「P/S/A/M」の4つの露出モードをすばやく設定できるモードダイヤル、±3段の範囲を1/3刻みで設定(※)し、画像の明るさを思い通りに調整できる露出補正ダイヤル、露出やピントを固定できるAE-L/AF-Lボタンに加えて、スムーズに撮影設定変更が可能なクイックメニューボタンを採用し、マニュアル操作による本格的な撮影の楽しさと快適さを両立しました。
※ 動画モード(カスタム動画含む)では±2段の範囲で1/3段刻み

5. 多彩なアクセサリー対応と充実のシステム拡張性
「ニコンクリエイティブライティングシステム(CLS)」の一つである「アドバンストワイヤレスライティング」に対応し、光と影を演出して被写体を引き立てる美しい写真が撮影できます。マスター(主灯)およびリモート(補助灯)グループごとの多彩な発光制御により、クリエイティブな多灯発光を実現します。
また、「COOLPIX P7800」の内蔵フラッシュにはコマンダー機能(※1)を搭載しており、リモート用として使用可能なスピードライト(※2)が1台あれば、内蔵フラッシュだけで、リモート制御が可能です。

さらに、多彩なアクセサリー(※3)に対応する充実のシステム拡張性を誇ります。

【主な対応アクセサリー】
・「GP-1/GP-1A」:撮影時の位置情報を写真に記録できるGPSユニット
・「MC-DC2」:三脚使用時のレリーズ操作に便利なリモートコード
・「40.5NC」:40.5mmネジ込み式フィルター
・「WU-1a」:スマートデバイスと接続してリモート撮影、撮影後の画像転送が可能なワイヤレスモバイルアダプター
・「WR-R10/WR-T10」:半押しによるオートフォーカスや連続撮影が可能なワイヤレスリモートコントローラー
・「LD-1000」:新製品の小型LEDライト
※1 内蔵フラッシュを小光量で発光させ、カメラから離れた別売りのスピードライトを補助灯として、ワイヤレスで制御し発光させます。
※2 リモート用として使用可能な別売スピードライトは、SB-910、SB-700、SB-R200。 SB-R200使用時は、アタッチメントリング「SX-1」装着不可、スピードライドスタンド「AC-20」への装着を推奨。
※3 アクセサリーはすべて別売です。

6. カスタム動画モードを搭載したステレオ音声付きフルHD動画撮影機能
明るいレンズと裏面照射型CMOSセンサー搭載により、暗いシーンでもノイズの少ない画像を提供します。シャッタースピードや絞り、ISO感度などを自由に設定できるカスタム動画モードには、ビデオ出力のNTSC/PAL切り換えに連動してフレームレートが30fps/25fpsに自動的に切り換わり撮影する新たな機能を追加しています。

7. 持つこと、使うことへの「満足感」を提供するデザイン
軽くて堅牢なマグネシウム合金を採用したシンプルなデザインのボディーに、使いやすさに配慮したダイヤルや操作ボタンを設置し、スムーズな操作感を実現しています。


●その他の機能・特長
・レンズからの光を減光してシャッタースピードを3段分遅くできる内蔵NDフィルター設定
・撮影時に水平や垂直を視覚的に確認でき、用途に応じて選べる2パターンの水準器
・COOLPIXピクチャーコントロールでカメラ内現像ができるRAW(NRW)ファイル対応
・画像処理エンジン「EXPEED C2」搭載


主な仕様はこちらよりご覧下さい。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事