logo

◎ウォルト・マクドナルド氏を次期ETS社長兼CEOに任命

Educational Testing Service 2013年08月30日 13時40分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎ウォルト・マクドナルド氏を次期ETS社長兼CEOに任命

AsiaNet 54096
共同JBN (2103.8.30)

【プリンストン(米ニュージャージー州)2013年8月30日PRN=共同JBN】

*マクドナルド氏、2014年1月1日にカート・ランドグラフ(Kurt Landgraf)氏を引き継ぎETS 社長に就任の予定

Educational Testing Service (ETS)評議員会は30日、世界の代表的な非営利教育測定・研究機関である同社の次期社長兼最高経営責任者(CEO)としてウォルト・マクドナルド(Walt McDonald)氏を選出した。マクドナルド氏は現在、ETSで上級副社長兼最高執行責任者(COO)を務めている。正式就任は2014年1月1日付け。

(写真:リンク
(ロゴ:リンク

マクドナルド氏が引き継ぐカート・M・ランドグラフ氏は2000年以来社長の座にあった。ランドグラフ氏の社長在任中、ETSはグローバル・プレゼンスを拡大、革新的技術を使った評価方法を開始し、さらに先端的な研究を行って、教育政策の分野で重要な発言力を持つに至った。同機関はまた、教師の教育、学生の学習を助けるため、また少数民族および低所得層の学生に過度に表れる学習成果の格差を埋めるための新たな製品を開発してきた。ETSはランドグラフ氏の指揮の下、6000人の従業員が180カ国で活動する組織に成長した。

ETS評議員会議長のロバート・S・マリー氏は「マクドナルド氏は経営幹部として大変有能で大きな業績を上げ、ETSの評価プログラム、運営部門全般にわたって成果を残してきた」として次のように述べた。「氏は戦略立案、執行、監視から製品設計および革新、収入拡大、プログラム管理および品質管理にいたるまで優秀な結果を残し、同僚を鼓舞し、ETSのみならず業界全体に対する一般の評価を大きく高めた。今回マクドナルド氏が社長兼最高経営責任者(CEO)に任命されたことは、米国および世界におけるETSの未来、そして従業員およびステークホルダーの利益が非常に優秀な人にまかされたことだと確信している」

退任するランドグラフ氏は「マクドナルド氏ほどETSを知り尽くした人は他にいない。氏は知力、創造的な気質、ビジネスのノウハウ、ETSの社会的使命に対する絶対的なコミットメントおよび情熱を一身に体現した人だ」として次のように述べた。「私は氏が任命されたことをこの上なく喜んでおり、評議員会の判断、マクドナルド氏の成功にお祝いを言いたい。権限委譲も非常にスムーズに行くはずだ」

新任のマクドナルド氏は「評議員会の決定および私に対する信認に大変感謝している」として次のように述べた。「私は職業人生のほとんどをETSで過ごしてきたが、文字通り世界中の人々の教育、学習の手助けをする機会を得て何と幸せなことかと毎日のように思っている。そのようなことができる機関は多くない。カート・ランドグラフ氏と一緒に仕事をすることができたのも非常な幸運だった。氏は私にとっては模範でメンターでもあり、ETSの指導者として比類ない存在だった。氏はいつも目標を高く掲げていた」

マクドナルド氏はETSの歴史で最も利益を出した期間の中心的な幹部だった。共通コア科目プロジェクトを含む大規模評価の成長で同機関はすべての学習者の教育の質、公平性を向上させるミッションを進展させており、同時に特に英語教育および高等教育部門の新製品、サービスでETSは新たなマーケットへの参入、世界中の学習者のサポートを行っている。

この期間にETSは新規および既存クライアントの成功を助けることで順調にビジネスを伸ばし、「GRE」「TOEFL」「TOEIC」「Praxis」などの中心ブランドの先端性を保ち、すべてのクライアント、顧客に対してシックス・シグマの高品質を提供することで成長した。またこの時期、ETSは研究開発や運営上の専門性を生かして新たな分野に参入したが、その中には大規模な国際的調査評価、幼児教育、高校卒業認定試験、職場教育、学生が身につけた能力の測定などがある。

▽ETSについて
ETSは厳格な調査に基づいた測定法を創造することで、世界の人々に対する高品質で公平な教育の提供を推進している。ETSは個人、教育機関、政府機関を対象に教職課程、英語学習、初等・中等、中等後教育に向けたソリューションをカスタマイズすることに加え、教育分野の研究、分析、政策研究を行っている。ETSは1947年に非営利団体とし創設され、現在は世界180カ国以上の9000を越える場所で年に5000万件以上のテストを開発、実施、採点しているが、その中にはTOEFL(登録商標)およびTOEIC(登録商標)テスト、GRE(登録商標)テスト、The Praxis Series(商標)測定が含まれる。

詳しい情報はウェブサイト(www.ets.org)を参照。

ソース:Educational Testing Service

▽問い合わせ先
Tom Ewing,
tewing@ets.org,
+1-609-683-2803


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事