logo

高校生による文化の祭典 “全国高総文祭”  書道部門に「菅公賞」を新設!

菅公学生服株式会社 2013年08月28日 18時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年8月28日

菅公学生服株式会社

高校生による文化の祭典 “全国高総文祭”  書道部門に「菅公賞」を新設!

菅公学生服株式会社 (本社:岡山市北区駅元町 社長:尾崎茂)は、今年度より、
各都道府県代表高校生による文化の祭典「全国高等学校総合文化祭 」(略称:全国
高総文祭)の書道部門特別賞の中に「菅公賞」を新設させていただきました。

今年度行われた文化庁、公益社団法人全国高等学校文化連盟主催 第37回全国高総文祭
長崎大会(2013しおかぜ総文祭)書道部門は、出典数313点のうち、奨励賞11点、
特別賞45点が選ばれ、「菅公賞」は特別賞の中から更に5点が優秀作品として選ばれました。

昨年度より、私たちは子どもたちの夢や学びを応援する「KANKO DREAM PROJECT」の
一環として、公益社団法人全国高等学校文化連盟への協賛を行っており、今年度開催の
全国高総文祭より、夢を持って書道の研鑚を積む生徒の皆さんを応援するため「菅公賞」
を設立する運びとなりました。

開催期間である8月1日に審査が行われ、受賞者が以下のように公表されました。
※()内は選考理由
 ・埼玉県立大宮光稜高等学校 3年 長谷川睦さん
  (古筆の特徴を理解し、線質の繊細さを追求した意欲的な作品 )
 ・三重県立津高等学校 3年 田中芽衣さん
  (自由な線質と繊細さを追求し、連綿部が流麗な筆致の作品 )
 ・明誠学院高等学校(岡山県) 2年 草加莉沙さん
  (書譜の特徴と気脈を追求した豊かな練習量を感じる優れた作品 )
 ・愛媛県立松山東高等学校 3年 大松茉喜さん
  (墨量の豊かさと筆圧の変化を表現した構成力ある作品 )
 ・熊本県立第一高等学校 3年 濱崎裕佳さん
  (古筆の学習をふまえ多様な技法と豊かな連綿線で表現された努力作品 )

私どもの会社名とブランド名の由来である「菅原道真公」は「学問の神様」として広く
親しまれていますが、同時にその文字の美しさから、空海・小野道風と共に「書の三聖」
として称えられ、「書道の神様」としての信仰も広まっています。

カンコー学生服の生地に選考理由のコメントを含め文章を金糸と銀糸の刺しゅうで
表現した賞状が、二学期に書道連盟事務局から各受賞者へ贈られます。
受賞された皆さんの更なる飛躍をご祈念申し上げます。

カンコー(KANKO)は、学問の神様である菅原道真公の呼び名「菅公」に由来します。
学者でありながら政治の道を志し、世の中のために尽力した道真公のように、
わたしたちも夢や目標への強い信念を持って道を切り開いていきたいという想いを
込めています。

【本件に関するお問い合わせ】
 菅公学生服株式会社 お客様相談室
 電話番号:フリーコール 0120-712983

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事