logo

Cloud Shared Office:クラウド・シェアード・オフィス 新バージョン発表!!

株式会社ソルクシーズ 2013年08月22日 11時11分
From RELEASE PRESS



株式会社ソルクシーズ(JASDAQ証券コード:4284 本社:東京都港区、代表:長尾章)は、企業が安心して使えるファイル管理・帳票クラウドサービス「Cloud Shared Office」(以下CSO)を開発し、既に多くのお客様にご利用頂いておりますが、2013年7月に新たな機能を追加した新バージョンを開始致しましたことをお知らせ致します。ソルクシーズはお客様のご要望にお応えするべく、今後ますますサービスに磨きをかけて参ります。


【新機能の概要】
1.“Cloud Shared Office / ECM”
●ギャラリー表示機能
従来のコンテンツ管理機能では、CSO / ECMに保存したコンテンツの一覧がリストとして表示するのみでした。ギャラリー表示機能では、保存したJPEG、PNGなどのイメージファイルを画像一覧表示、選択した画像は、解像度の高いサムネイルとして確認する事ができます。

●クリエイターズオプション
AI、PSD、EPSのAdobeの制作ファイルをギャラリー表示、サムネイル表示する事ができ、制作会社、デザイナが納品した制作ファイルを確認する際などに、Adobe Illustratorなどの高額なライセンス無しにプレビューできる様になりました。

2.“Cloud Shared Office / WebReport”
●Excel出力機能
ファイル出力の種類としてExcel形式で出力可能となり、出力後の急な帳票の修正など、二次加工ができる様になりました。

●マルチオーバレイ機能
注文書・納品書・受領書などの全く異なったデザインの帳票フォームを、Excelフォーム上複数のシートを組み合わせるだけで、1回の処理(1ファイル)として出力可能になりました。

●マルチ仕分けオプション
配送業務等で必要とされる仕分け処理機能が、ブラウザベースの使い易いGUIで設定できるようになりました。組織・顧客の統廃合や仕分けする単位の変更など、仕分けマスタを変更するだけで、簡単に仕分け処理ができます。

●出力ルール機能(for Salesforce版)
Salesforceの情報を帳票として出力する際、指定した日時、指定したファイル名、指定した保存場所を設定し、システムで自動出力できる様になりました。このため、会計などの“締め”を意識した帳票業務を、開発不要でSalesforce上で実現いたしました。


【Cloud Shared Officeとは 】
1.ファイル管理&コラボレーションサービス“Cloud Shared Office / ECM”
クラウド上でセキュアに外部とコラボレーションできる、企業向けに特化したファイル共有サービス

2.帳票クラウドサービス“Cloud Shared Office / WebReport”
帳票の作成・出力・保管・管理・共有までをクラウド上で一元管理

3.Cloud Shared Office /ECM、Web Report for Salesaforce
Salesforceで構築した業務アプリケーションとシームレスに連携し、関連するファイルを一元管理、社内外でコラボレーションが可能。SalesforceからExcelで帳票設計、出力が可能な帳票サービスも提供。

■「Cloud Shared Office」ウェブサイトはこちら
リンク

リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事