logo

イメーション、Nexsan NST6530とNestOS 3.0が新登場

イメーション株式会社 2013年08月20日 10時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年8月20日

イメーション株式会社

イメーション、SANおよびNASの負荷を妥協のないパフォーマンスで実現する、
コスト効率の良い完全一体型ハイブリッドストレージソリューションを発表

パフォーマンス、接続性、拡張性を強化したNexsan NST6530とNestOS 3.0が新登場。NST6000MC Metro Storage Clusterは高い可用性とデータセンター間での災害復旧を実現。

[米国発表資料抄訳]2013年8月19日 米国ミネソタ州オークデール発
スケーラブルストレージとデータセキュリティの世界的企業である米Imation Corp.(本社:ミネソタ州、NYSE上場)は、8月19日、次世代Nexsan NST一体型ハイブリッドストレージプラットフォームのNST6530システムと、柔軟な拡張性を備えたストレージオペレーティングシステムのNestOS 3.0を発表しました。

NestOS 3.0を搭載したNST6530システムは、ブロックレベル(ファイバーチャネル、iSCSI)とファイルレベル(NFS、CIFS、SMB、FTP)のトラフィックをサポートします。その際、ソフトウエアやライセンスの追加購入の必要はありません。ブロックとファイルのアクセスを同時にサポートする完全一体型ソリューションを導入することで、SANやNASのストレージシステムへ個別の投資が不要になります。NST6530システムは、新たな高性能コントローラと拡張フロントエンドFASTierRキャッシングエンジンを採用して、設計を根本から見直したNSTシステムです。パワフルかつ効率的なNexsan Eシリーズストレージ(最大5PB)に接続し、最も厳しいランダムI/Oパフォーマンス要件にも対応します。
イメーションのNexsanマーケティング・サポート担当副社長であるマイク・ストルツは次のように述べています。「Nexsan NST6530システムでファイバーチャネルがサポートされたことにより、設備投資や運用コストの削減と、あらゆる組織が直面している急速なデータの増加に応じた拡張が可能な、コンパクトで効率の良い完全一体型ハイブリッドストレージシステムを展開できるようになりました。より多くの経営幹部、ストレージ管理者、IT部門やデータセンターの専門家が、現在進行中のサーバーの仮想化、バックアップとアーカイブ、データセンターの全体的なコスト最適化、複雑さを増すアプリケーション展開作業のサポートなど、さまざまな戦略的プロジェクトにおいて、一体型ハイブリッドストレージが不可欠な存在だと考えるようになっています。」

8月25~29日にサンフランシスコで開催されるVMworld 2013のブースにて、仮想IT環境に最適なNexsan NST6530システムの初めての実演デモを行います。NST6530システムは、複数の仮想マシンから生じる大規模でI/O集約的な負荷を同時にサポートします。

NST6530の中核になるのがNestOS 3.0ストレージオペレーティングシステムです。NestOS 3.0は今後、Nexsan NST ハイブリッドストレージソリューション全体で利用できるようになります。イメーションのNexsanソリューションのエンジニアリング担当副社長であるトマス・ゴスネルは次のように述べています。「NestOS 3.0は、新たなクラスの完全一体型ハイブリッドストレージソリューションの出発点です。NestOS 3.0の開発には、お客様やチャネルパートナーからいただいたフィードバックと、ストレージシステムの設計やプログラミングに関する幅広い専門知識を持つ開発チームの力が結集されています。」
業界アナリストは次のように述べています。「NST6530によって、連続的かつランダムなI/Oに対応する高性能な一体型ストレージのアーキテクチャが提供され、イメーションのNexsan製品ラインはさらに進歩しました。専門化したオールSSDストレージシステムに注目が集まっていますが、今後データセンターでは、マルチ階層キャッシュのFASTierRテクノロジーを採用したNST6530のような、SSDとハードディスクの両方をサポートするハイブリッドストレージシステムの活用がいっそう進むことでしょう。」


■可用性が高く災害復旧に適したソリューション:NST6000MC Metro Storage Cluster

イメーションは今回、NST6000MC Metro Storage Clusterも発表しました。NST6000MC Metro Storage Clusterは可用性が高く災害復旧に適した統合型ソリューションで、データセンターと構内のサイト、または10キロ圏内の遠隔サイトとの間のデータレプリケーションやフェールオーバーの機能が強化されています。Nexsan NST6000MC Metro Storage Clusterは、Nexsan Eシリーズのファイバーチャネルストレージで設定されたアクティブ/アクティブ構成の2つのコントローラノードを備えています。

チャネルパートナーは次のように述べています。「中堅企業やエンタープライズのお客様は、仮想化、クラスタ化、クラウド化によるメリットを享受するまでの時間を短縮する方法を求めています。新しいNestOS 3.0、NST6530、NST6000MC Metro Storageは、自社のITオペレーション向けにコスト効率が良く高性能なストレージシステムへの投資を検討しているお客様にとって、待望の新しいツールです。」

■仕様と可用性

Nexsan NST6000MC Metro Storage ClusterソリューションはNexsanのチャネルパートナーを通してすぐに入手することができます。NST6530とNestOS 3.0は今秋発売予定(米国)です。NST5000システムをご利用中のお客様は、お使いのシステムをアップデートしてNestOS 3.0をインストールすることができます。ファイバーチャネルとの接続は、NST6000シリーズのシステムをご利用の場合のみ可能です。

新Nexsan NST6000シリーズの全仕様はデータシートをダウンロードしてご確認ください:
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事