logo

SK-II×アカデミー賞受賞“レ・ミゼラブル”監督トム・フーパー氏 新TVCM 8月10日(土)より全国オンエア開始!

SK-II 2013年08月08日 10時30分
From Digital PR Platform


マックス ファクター(本社:神戸市)の高級スキンケアブランド「SK-II」は、「たったひとつ。フェイシャル トリートメント エッセンス」プロモーションの一環として、ブランド誕生のきっかけとなる唯一無二の独自成分SK-II<ピテラ(R)>*の発見の伝説的なエピソードを、映画「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」などの作品で知られるアカデミー賞受賞監督トム・フーパー氏が撮影したTVCM『発見~クリアな素肌の秘密~』篇を、8月10日(土)より全国で放映開始いたします。

独自の成分SK-II<ピテラ(R)>*の発見のエピソードは、30年以上前に造り酒屋で始まりました。日本酒を醸す熟練した杜氏の手が、年齢を重ねても柔らかで美しいことに当時の研究チームが偶然着目し、貴重な酵母の発見や特殊な発酵プロセスを研究し、SK-IIの根幹成分SK-II<ピテラ(R)>*を誕生させました。
SK-IIは、この発見ストーリーをテーマに関わる人々の人間性にフォーカスしドラマテイックに表現できるのは、トム・フーパー氏をおいて他にないと考えました。また、トム・フーパー氏自身もこの発見ストーリーに強く触発されたことから、この奇跡的なコラボレーションが実現しました。SK-IIブランドの30年以上の歴史の中で、映画監督にCM制作を依頼するのは、初の試みとなります。

TVCM『発見~クリアな素肌の秘密~』篇は、SK-II<ピテラ(R)>*発見ストーリーをフーパー氏の芸術的な視点で読み解き、日本の原風景を舞台に美しい映像で表現しています。

<トム・フーパー監督が描く、美しさの秘密を求める神秘的な奇跡の物語>

少女は祖母から託された折鶴に導かれて、永遠の美しさの秘密を探す不思議な旅に出かけます。幾つかの季節や場所を経て、最後に行き着いたのは山奥にある酒蔵。そこで働く年老いた杜氏の手を見て、年齢を重ねた杜氏の手が透明感があり美しいことに気づき、肌の秘密を知るという幻想的な物語に仕上がっています。
トム・フーパー氏は、テーマとなった発見ストーリーについて次のように述べています。「美しさへの探求は、世界中のあらゆる文化の根底にあるものです。少女が魔法の場所を求める旅に出て、別の秘密を見つけるというアイディアは、ストーリーに空想的な側面を織り込めるため、とても気に入っています。子どもの純粋な目を通して旅をするという点も素晴らしい」。日本の美しい自然や風景をバックに展開する、トム・フーパー氏ならではの美しい映像、生き生きとした登場人物達、壮大なストーリーにご注目ください。

また、8月10日(土)のOAと同時に、SK-II公式webサイト(リンク)にて、120秒のスペシャルムービーも公開いたします。


■撮影秘話(1) 将来は大女優に!?アカデミー監督が認めた、注目の子役
今回のCMで美しさの秘密を探す旅に出る少女役に大抜擢されたのは、オーディションを経てトム・フーパー氏によって見出された6歳の安藤美優ちゃん。撮影では、トム・フーパー氏が求める演技に的確に応えたことで絶賛されていました。
トム・フーパー氏は「子供は子供らしく無邪気なままでいてほしかったので、できるだけ自由に演技してもらいましたが、美優は見事な表現方法で僕のイメージ通りの完璧な演技をしてくれました。美優には輝かしい未来をものにしてほしいと願っています」とコメントしており、将来の大女優の予感を感じさせます。

■撮影秘話(2) 監督のこだわりが細部にまで・・・
子供の頃から黒澤明監督の大ファンだったトム・フーパー氏。イメージする世界観を具現化するための様々なこだわりが随所に。

●独特の世界観を求めて、ロケ地は山形・山寺
発見ストーリーにマッチする撮影場所を求め、撮影チームは日本全国をくまなく探し歩き、ついに、イメージ通りの場所を山形市に見つけました。そこには素晴らしい参道の階段を持つ見事な寺が山腹にあり、非常に神秘的な雰囲気を醸し出していました。
また、米沢市の小嶋酒造資料館に展示されている、19世紀当時の道具や樽などを確認できたことで、独特の世界観を持ちつつ、リアリティのある映像を実現することができました。

●オクトコプターでの撮影法
安藤美優演じる少女が折鶴に導かれるシーンでは、“オクトコプター”と呼ばれる遠隔操作可能な8枚のプロペラを持つ小さなヘリコプターを使った撮影方法に初めてトライしたトム・フーパー氏。これまでは不可能と思われていた映像を表現することができ、自身も非常に興奮していました。


■新TVCM概要
《TVCM》
タイトル:「発見~クリアな素肌の秘密~」篇
放送期間:2013年8月10日(土)~2013年9月30日(月) (予定)
秒数: 15秒

タイトル:「発見~クリアな素肌の秘密~」篇
放送期間:2013年8月17日(土)~2013年9月24日(火) (予定)
秒数: 120秒
※120秒バージョンは、TBSのみにて期間中8回だけの限定オンエアとなります。
また、下記のURL内でも120秒バージョンをスペシャルムービーとして、8月10日(土)より公開予定です。
公開URL:リンク


【トム・フーパー監督 プロフィール】
●生年月日:1972年
●出身:イギリス
数々の受賞歴を誇る英国人映画監督のトム・フーパー氏は、13歳の時に、初の映画である『Runaway Dog』を撮影、オックスフォード大学在学中に、同期生と劇場作品を撮り、初のTVコマーシャル監督も務めました。
フーパー氏に世界的な脚光をもたらしたのは、『英国王のスピーチ』でした。同作品は英国インディペンデント映画賞(British Independent Film Awards)で5部門を獲得したほか、ゴールデングローブ賞ではコリン・ファースが主演男優賞に輝きました。第83回アカデミー賞でも、2010年に公開されたどの作品よりも多い14部門にノミネートされ、作品賞および脚本賞を受賞しました。またフーパー氏は監督賞に、コリン・ファースは主演男優賞に輝きました。最新作の『レ・ミゼラブル』は、アカデミー賞作品賞部門にノミネートされました。

【安藤美優 プロフィール】
●生年月日:2007年2月28日生まれ
●身長:115cm
●出演作:
・パナソニック エコナビ『洗濯機 夏こそ実感篇』【2013年4月~】
・ケンタッキーフライドチキン『ごきげんにしてよ篇』【2013年4月~】終了
・バンダイ プリキュア『お世話してきゅぴ!ちゅぱちゅぱアイちゃん篇』【2013年3月~】


<参考資料>
【SK-IIとは】
1980年に日本で生まれた高級スキンケアブランド。現在日本を含む世界13の国と地域へ市場を広げ世界中の人々に愛され続けています。杜氏の手はなぜ美しいのか、という発想から「発酵」に着目して生まれた独自の整肌保湿成分、SK-II<ピテラ(R)>*を全製品に配合。現在も売上の一位を誇る基幹製品の化粧水「SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス」から始まり、「透明感あふれる美しい肌づくり」をめざした研究開発により、年齢・肌質を問わず多くのお客様からの信頼によって支えられています。現在、製品数は約50種に増え、世界で一番厳しい目を持つ日本市場において、トップクラスの高級スキンケアブランドへと成長しました。

【SK-IIだけが託された“たったひとつ”の特別な成分。クリアな素肌の秘密=SK-II<ピテラ(R)>*】
今から30年以上前。「柔らかく、若々しい肌。クリアな素肌。その秘密はどこに?」この視点こそが、SK-IIのスタートでした。インスピレーションを受けたのは、酒造所で働く杜氏たちの美しい手。年齢を重ねた杜氏のクリアでなめらかな肌に、美肌の秘密を発見したのです。キーとなったのは、"酵母"と"発酵"。約350種もの酵母の中から、肌への効果が最も高く、安全な酵母を発見し、唯一無二の成分SK-II<ピテラ(R)>*が誕生しました。類まれな成分SK‐II<ピテラ(R)>*との奇跡的な出会いに恵まれ、人知のおよばない領域で誕生するこの成分が、肌が本来もっているうるおい成分(天然保湿因子)と同じ成分を含み、神秘的な肌への効果を備えていることを発見しました。SK‐II<ピテラ(R)>*がもつ神秘的な肌への効果を称したのが、美肌への「秘密の鍵― Secret Key 」。その頭文字「SK」と、“次世代へ”という意味を込めた「II」を組み合わせ「SK‐II」の名が誕生しました。

【SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス】
SK-II独自の成分SK-II<ピテラ(R)>*をほぼそのままボトルにつめた、いわば、そのほとんどがこの成分でできている化粧水。
発売から30年以上経ちますが、SK-II製品の中で世界で最も売れている、ベストセラー&ロングセラーな名品です。
つけた瞬間に心地よくなじみ、明るくうるおいに満ちた肌へ。
肌本来の働きを整えることで、透明感を引き出し、乾燥によるくすみが気にならない、ツヤ、ハリ、キメのある肌へ。使い続けるほどに透明感あふれる、クリアな素肌へと導きます。

215ml 20,475円(税抜19,500円)
150ml 16,275円(税抜15,500円)
75ml  8,400円(税抜8,000円)

* ガラクトミセス培養液(整肌保湿成分)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。