logo

セルシスのQUMARION 中国のクリエイターに提供開始

-1000億元のグラフィックマーケットに新たな創作環境を-

 株式会社セルシス(本社:東京都新宿区、代表取締役:野崎 愼也、以下:セルシス)は、合弁会社である廈門聯合優創網絡科技有限公司(本社所在地:中国福建省廈門市、董事長:朱 槿、以下:UNICORN)を介して、人型入力デバイス『QUMARION (クーマリオン)パッケージ』を急拡大する中国グラフィックマーケットへ提供開始致しました。



 近年、中国政府のコンテンツ文化振興政策(*1)などもあり、中国内において、ゲーム、アニメ、マンガに代表されるグラフィックコンテンツに対する関心が急速に高まっており、動漫(アニメ、マンガ)、デザイン系の学校の卒業生が毎年60万人(*2)規模で増加しています。

 また中国の総人口13億人強のうち、動漫市場の消費者は約5億人(*3)、年間の市場規模は約1000億元(*4)(日本円で1兆5000億円)と試算され、さらに動漫関連のキャラクタービジネスの市場規模は、玩具、文具、ゲーム等の売上(*5)をあわせると数千億元となっております。
 UNICORNは、セルシスが開発・提供しているデジタル創作支援サービスを元に、中国のクリエイターが使いやすいオリジナルのツール・WEBサービスを開発・提供し、中国発のグラフィックコンテンツ制作を支援しております。
 この度のQUMARION中国展開ではQUMARIONと新たに開発をしたグラフィックソフトを合わせ『優動漫快速動漫開発解決方案』として販売を開始致しました。

 セルシスはUNICORNとともに、中国のクリエイターにデジタルコンテンツの創作活動をサポートする環境を提供します。
 またこの活動を通して、日中間のクリエイター交流・コンテンツ交流の活性化に寄与してまいります。

*1 中国政府の第12次五カ年計画で2015までに文化産業(特にアニメ・漫画・ゲーム産業)の生産額を
国内総生産(GDP)の5%超にする目標
*2  2012-2016年中国动漫产業投资分析及前景预测报告
*3  中国動漫産業分析及投資諮詢報告
*4  DVDやビデオソフト、コミック、放送料、映画興業実績といった、動漫そのものの売り上げの総計
*5 児童食品関係、玩具、児童の服装、文具、児童向け音楽と児童出版物、音楽会や演劇あるいは
関連ゲーム(オンラインゲームを含める)や携帯ゲーム等の売り上げの合計


【株式会社セルシスについて】
 株式会社セルシスは、1991 年5 月に設立。「CLIP STUDIO シリーズ」「ComicStudio」「RETAS STUDIO」等のイラスト・マンガ・アニメなどのグラフィック系コンテンツの制作ツールの提供や、グラフィッククリエイターの創作活動を支援するwebサイト「CLIP」を運営し、クリエイターの創作活動をトータルにサポートするサービスを提供する「クリエイターサポート事業」、PC・タブレットデバイス・スマートフォンを始めとする各種プラットフォームへの電子書籍配信ソリューション「BS Reader」「BS BookStudio」等の様々なデバイス・プラットホームに対応したグラフィック系コンテンツの制作・流通・再生にまつわる各種ソリューションを提供する「コンテンツソリューション事業」を営んでおります。
 当社は、マンガ/アニメを始めとするグラフィック系コンテンツの制作/閲覧環境から、流通支援、コンテンツを通じたコミュニケーション等を、IT技術で支援するトータルソリューションプロバイダを目指しております。

セルシスホームページ : リンク

(C) CELSYS, Inc. All Rights Reserved.


CELSYS、CLIP、CLIP STUDIO、IllustStudio、ComicStudioおよびRETAS STUDIOは、株式会社セルシスの商標または登録商標です。その他の会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

(注) ニュースリリースに記載されている内容は報道発表時の情報です。
ご覧になった時点で内容等が変更になっている場合がございますのであらかじめご了承ください。


【報道関係者様からのお問い合わせ先】
株式会社セルシス 広報担当 増川 聖子
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-15-7 パシフィックマークス新宿パークサイド 2F
TEL:03-3373-9919 / e-mail:press@artspark.co.jp

【その他のご連絡先】
株式会社セルシス 営業部
e-mail:info@celsys.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。