logo

Arbor Networks、2013年上半期のDDoS 攻撃に関するデータを発表

2013年に入りDDoS 攻撃の攻撃規模が急激に拡大、6月の平均は2.7 Gbps

企業およびサービス・プロバイダ向けに、ネットワーク・セキュリティおよびマネージメント・ソリューションを提供するArbor Networks, Inc.(本社: マサチューセッツ州バーリントン、社長: コリン・ドハーティ、以下「Arbor Networks」)は、2013年上半期中のDDoS攻撃の動向に関するデータを同社のブログ上で公開しました。これによると、期間中、DDoS攻撃の規模、速度、複雑性は拡大傾向にあり、DDoS攻撃が依然として世界的な脅威であることが明確に示されています。DDoS攻撃の動向に関するデータの原文は、以下のリンクよりご確認いただけます。
リンク: リンク

主なデータの概要

上昇傾向
・ 攻撃の平均規模は2013年に入って以降、BPS(ビット毎秒)で43%拡大しています。1Gbps以上の攻撃が占める割合は46.5%と、2012年上半期の13.5%から大幅に上昇。
・ 2~10 Gbpsの攻撃の割合は14.78%から29.8%と2倍以上に上昇。
・ 10Gbps以上の攻撃の割合は、2013年初から41.6%上昇。
・ 2013年上半期中に観測された20Gbps以上の攻撃総数は2012年全体の2倍以上に増加。

下降傾向
・ 攻撃の継続時間は短縮傾向にあり、全体の86%が1時間以下。
・ 2011年後半から2012年中、大幅な上昇を見せていた攻撃のPPS(パケット毎秒)には低下傾向が見られる。

Infonetics Research社のセキュリティ担当主席アナリスト、ジェフ・ウィルソン(Jeff Wilson)氏は、こうした傾向について次のように述べています。「政治的な動機や国家的な支援によるサイバー戦争、社会活動、組織的な犯罪、また、昔からある目的のない単なるいたずらやいやがらせなど、さまざまな要素が入り混じる中、攻撃規模が目立って拡大しています。これは、こうした攻撃にボット化/ボットネットが容易に利用できることや、攻撃ツールを一般に簡単に流通させることができることなどの理由によるものです」

Arbor Networksのソリューション・アーキテクト、ダレン・アンスティ(Darren Anstee)は次のように述べています。「ATLAS(※以下参照)によって、インターネット全体を通じてエンドツーエンドでの広範な視認性が得られています。攻撃の規模、頻度、複雑性は日ごとに高まっており、その攻撃ベクトルの多様性には目を見張るものがあります。現在ではさまざまなツールを入手して誰でも攻撃を立ち上げたり、攻撃に加わったりできるようになっており、こうした攻撃の手が緩む兆しは一向に見られません」

DDoS攻撃対策における世界的リーダー
Arbor Networksのソリューションは現在、世界のほとんどの有力サービス・プロバイダや大規模なエンタープライズネットワークを始め、全世界でさまざまなネットワークで採用されています。米国の調査会社Infonetics Researchが今年6月に発表した報告書「DDoS Prevention Appliance Market Outlook(DDoS 攻撃防御アプライアンス市場展望)」では、Arbor NetworksがDDoS 攻撃対策ソリューションのトップサプライヤとして位置づけられ、キャリア、エンタープライズ、モバイルのすべての市場においてトップシェアを占めていることが報告されています。

ATLASについて
ATLASは業界唯一の革新的なインターネット監視システムです。ATLASは全世界で270社を超えるネットワーク・オペレータとの協力関係によって実現されており、これらの企業の合意に基づいて共有される匿名トラフィックデータとArbor Networksのダークアドレス監視データおよびサードパーティやその他のデータフィードと合わせた独自の観測体制が構築されています。ATLASを介して提供されるネットワークやセキュリティ・インテリジェンスによって、Arbor Networks製品を導入した企業は自社ネットワークに関するミクロ的な視点だけでなく、グローバルなインターネット・トラフィックのマクロ的な視点(ATLAS)を併せた強力な組み合わせを得ることができ、大幅な差別化を図ることができます。Arbor Networksは他に類を見ないこうした独自の利点を活かし、DDoS攻撃のみならずマルウェアや脆弱性の悪用、フィッシング、ボットネットなどインターネット・インフラおよびサービスを脅かすさまざまな攻撃に関するインテリジェンスを提供できる理想的な体制を確立しています。


Arbor Networks について
Arbor Networks は、企業およびサービス・プロバイダ・ネットワーク向けに、ネットワーク・セキュリティおよびマネージメント・ソリューションを提供するリーディング・プロバイダです。顧客には、世界の主要インターネット・サービス・プロバイダおよび大手企業ネットワークを有しています。Arbor Networks の定評あるネットワーク・セキュリティおよびマネージメント・ソリューションは、お客様のネットワーク、業務、およびブランドを確実に保護します。また、世界のサービス・プロバイダやネットワーク・オペレータとの緊密な協力関係を通じて実現されたATLAS® Active Threat Level Analysis Systemを介し、Arbor Networks はインターネットのセキュリティおよびトラフィック動向に対する深い洞察力と展望を提供します。全世界で270社を超えるネットワーク・オペレータとの類例のない協力関係から実現されたATLASでは、セキュリティ、トラフィック、ルーティングに関するリアルタイムの情報を共有し、業務におけるあらゆる意思決定に寄与することで皆様のビジネスに貢献します。

最新のセキュリティ脅威およびインターネット・トラフィックのトレンドの技術的な洞察については、下記ウェブサイトおよびブログをご覧ください。
ウェブサイト:リンク
ブログ:リンク (英語)

Arbor Networks、Peakflow、ArbOS、How Networks Grow、ATLAS、Pravail、Arbor Optima、Cloud Signaling、Arbor Networksのロゴ、「Arbor Networks: Smart. Available. Secure.」はArbor Networks, Inc.の商標です。その他のすべてのブランド名は各所有者の商標です。


本件に関するお客様からのお問い合わせ
アーバーネットワークス株式会社
TEL: 03-3525-8040
Email: japan@arbor.net

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ
テキスト・ワンハンドレッド・ジャパン株式会社  山本
TEL: 03-5210-1981
Email: TOKYOArborPressOffice@text100.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事