logo

◎BMWグループがBMW i3をニューヨーク、ロンドン、北京で同時公開

BMWグループ 2013年07月30日 14時18分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎BMWグループがBMW i3をニューヨーク、ロンドン、北京で同時公開

AsiaNet 53806
共同JBN0876(2013.7.30)

【ニューヨーク、ロンドン、北京2013年7月29日PRN=共同JBN】
 *BMW i3シリーズを世界で同時公開。ライトホーファー会長が「BMW i3は大きな飛躍」と強調
 *BMW i3はサステイナブル・モビリティーに新基準設定
 *既に9万件余りが試乗を求める

BMWグループは29日、革新的な電気自動車BMW i3新シリーズをニューヨーク、ロンドン、北京で同時公開した。BMW AGのノルベルト・ライトホーファー会長は同日ニューヨークで行われたワールドプレミアで、「イノベーションは変化を促す。i3はこれまでの自動車を超えるものである。それはサステイナブルなモビリティに向けた革命的な一歩前進である。それはメガシティーの顧客ニーズに対応するため電動パワートレーンを中心に、目的を持って組み立てられている」と語った。

 (Photo: リンク
 (Photo: リンク

BMWグループ初の純粋な電気シリーズ生産モデルであるBMW i3は、すべてのBMWと同様のスポーツタイプのDNAを継承しており、真のドライビングの楽しみを与えることが特徴である。サステイナビリティはBMW i3のすべてのバリューチェーンを通じて最優先となっている。BMW AGの財務担当取締役であるフリードリッヒ・アイヒナー氏は北京での公開に当たって「BMW i3は開発と製造とともに、アフターセールのすべての段階でサステイナブル・モビリティーで新しい基準を設定している」と語った。

▽航続距離130キロから160キロで十分な満足感
同車は航続距離130キロメートルから160キロメートルを達成する。MINI EおよびBMW ActiveEの試験車によるBMWグループの経験は、130キロメートルから160キロメートルの範囲は、大多数のドライバーに十分な満足感を与えることを示している。世界で1日に走行する距離は平均64キロメートルを超えない。

もし望むなら、BMW i3はまたレンジ・エクステンダー付きで購入できる。この装置はリチウムイオン・バッテリーが特定の規定値以下に落ちると、直ちに充電を開始して走行中の規定値を維持する。これは後部車軸上の電気モーター付近に設置されている34hp(25kW)の2シリンダー・ガソリンエンジンによって実行される。レンジ・エクステンダーは、日々走行する車の最大航続距離を約300キロメートルまで延長する。

▽低ランニングコストに強い世界的関心
BMW i3は2013年11月に、ドイツと他の欧州市場でリリースされる。米国、中国、日本その他いくつかの市場でのBMW i3の販売開始は2014年上半期になる。BMW i3の基本価格は、ドイツで3万4950ユーロに設定されている。顧客が別装備としてレンジ・エクステンダー購入を希望した際のドイツでの価格は3万9450ユーロ。

BMW i3のランニングコストは比較的低額。3年間の同車のメンテナンスコストとランニングコストは、ドイツで登録されている高い経済性のBMW 320dより約40%低くなる。これは、他の国で適用される補助金によってもっと下がるかもしれない。

BMW i3とBMW iのすべてに対する市民の関心は極めて高く、反応は非常にいい。BMW iは既にFacebook上で、世界で120万人余りのファンを持ち、9万人以上がすでにBMW i3の試乗を求めている。

▽BMW i3は軽量構造で新基準を達成
BMW i3はカーボンファイバー製パッセンジャーセル、アルミニウム製シャシーなど数多くの技術革新を施しており、軽量構造の分野で新基準を達成している。BMW i3の車両総重量は1195キログラムで、コンパクトカー部門の大方の車両より軽量だが、最高4人乗りまでの十分に広いスペースがある。

その軽量性はBMW i3のアジリティと動的性能に貢献する。同車の電気モーターは125kW/170hpの出力を生み、ピークトルクは250ニュートンメートルであり、そのトルクはスタンディンスタートから即座に得られる。BMW i3は3.7秒で0 km/hから60 km/hに加速する。0 km/hから100 km/hまでは7.2秒である。そのトップスピードは効率上の理由から150 km/hに制限されている。

▽バリューチェーン全体のサステイナビリティ
サステイナビリティはBMWグループにとって決定的な役割を果たす。例えば、ライプチヒ工場でBMW i3製造に必要な電気は、風力で発電されている。同工場はまた二酸化炭素(CO2)排出のない電気供給に加えて、既に極めて効率的なBMW製造ネットワークの平均より、エネルギー需要は50%減、水使用量は70%減である。

▽マルチチャンネルのセールスモデルによるBMW i車の販売
BMW i の製品とサービスは、認定リテール・パートナー(BMW i代理店)、マルチメディアのカスタマー・インタラクション・センター(CIC)、オンライン・セールスプラットフォームで構成されるマルチチャンネル・セールスモデルを通じてマーケティングされる。すべてのセールスチャンネルは完全統合されており、顧客はそれぞれ個別の顧客対応を選ぶことができる。顧客はすべて4つのチャンネルの利用を簡単に切り替えることができる。

BMWはこの新しいオンライン・セールチャンネルを開始したことで、変化する顧客の購買行動に対応している。顧客は製品に関する情報周知のあり方や購入の仕方について、新しい可能性を望んでいる。BMW i PartnersはBMW iセールスネットワークのバックボーンであり、顧客にとっての主要な接触先になる。

総体的な360degree(s) ELECTRICアプローチによって、BMW iはドライバーのニーズに対応することを目的にして、広範な製品とサービスを顧客に提供する。BMW AGのBMWセールス&マーケティング担当取締役であるイアン・ロバートソン氏はロンドンでのBMW i3公開に際して「われわれはシームレスで簡単な真のドライブの喜びを提供するため、包括的な一流のサービス・パッケージによってBMW i3の顧客を支援する」と説明した。

▽電気自動車の世界市場は2013年に15万台を超える見通し
電気自動車の世界市場は明るい進展を示している。昨年は世界でほぼ9万3000台の電気自動車が登録され、今年は既に総数15万台になると予測されている。

▽BMWグループについて
BMWグループは、BMW、MINI、ロールス・ロイスというプレミアム・ブランドを擁する、自動車およびモーターサイクルのトップ・メーカーの一つであり、世界13ヵ国に28の製造工場を有し、140ヵ国以上に販売網を構築しているグローバルな企業である。

2012年における自動車総販売台数は185万台、モーターサイクルは11万7000台となっている。2012年の売上高は768億5000万ユーロ、税引き前利益は78億2000ユーロを計上した。また、2012年末時点における従業員数は10万5876人である。

BMWグループは常に長期的な視野と責任ある行動を企業の指針とすることで成功をおさめており、その結果、すべてのバリュー・チェーンにおける環境的および社会的持続性、責任のある製品作り、さらには資源保護に対する明確なコミットメントを企業戦略の不可分な要素として確立している。このような努力が実を結び、BMWグループはダウ・ジョーンズ・サステイナビリティ・インデックスの自動車部門において、8年連続でトップに選定されている。


リンク
Facebook: リンク
Twitter: リンク
YouTube: リンク
Google+: リンク

▽問い合わせ先
Corporate Communications
Linda Croissant, Business and Finance Communications
Telephone: +49-89-382-35617, Fax: +49-89-382-24418,
linda.croissant@bmw.de

Mathias Schmidt, Business and Finance Communications
Telephone: +49-89-382-24118, Fax: + 49-89-382-24418,   
mathias.m.schmidt@bmw.de

Media website: リンク
Email: presse@bmw.de

ソース:BMW Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事