logo

おいしい笑顔で家族をつなぐ「おいしい笑顔プロジェクト」“ハンバーガースクール”スタート「夏休み」「敬老の日」「勤労感謝の日」「クリスマス」に親子で食育体験!

日本マクドナルド株式会社 2013年07月26日 17時27分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長兼CEO:原田 泳幸)は、次世代を担う子供たちが「食を選択する力」を身につけ、食を通じて”こころ”と”からだ”を育む「食育」を支援する活動を『おいしい笑顔プロジェクト“ハンバーガースクール”』として、夏休みを皮切りに8月24日よりスタートします。

マクドナルドでは、年間延べ16億人のお客様へ食を提供する企業の責務として、未来を担う子どもたちを支援する活動を行っています。食べることのよろこびや「食を選択する力」を身につけるきっかけになればという思いから、子どもたちにおいしく食べる・楽しく食べることを伝える食育支援、健全なからだづくりを応援する学童野球・少年サッカー・ジュニアゴルフ、Jリーグやプロ野球などのスポーツ支援、これらを通じて、子どもの健やかな成長をサポートしてきました。
そしてこのたび、これまでの活動をベースに、新たなプロジェクト「おいしい笑顔プロジェクト」を立ち上げ、支援活動の場をより多くの皆様にご提供してまいります。マクドナルドが提供する“おいしさ”、食材、食の安全へのこだわり、など、食を通じてもたらされる笑顔のために、「おいしい笑顔プロジェクト」には、“おいしい笑顔で家族をつなぐ”をコンセプトに、お子様や親子のみならず家族としても絆を強めていただく支援活動をしてまいりたいとの願いを込めました。

これまでも「夏休み」や「父の日」、「勤労感謝の日」などに合わせて、親子で参加できる体験型イベントを実施してまいりましたが、いずれも反響が大きく、応募数もイベントを実施するごとに増加しております。
プロジェクト初年度となる今年は、「夏休み」「敬老の日」「勤労感謝の日」「クリスマス」にイベントの開催を予定しております。
マクドナルドではこれからも、食を通じた"親子のコミュニケーション"を支援してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事