logo

業界初!学術集会の告知・発表の受付・参加の受付サイトを、たった5分で作れる学術集会システム「学術集会JP」リリース

株式会社ラビックス 2013年07月23日 15時30分
From PR TIMES

業界初の5分で作れる学術集会受付システム

株式会社ラビックス(本社:宮城県仙台市 代表取締役社長:藤岡岳之 以下、弊社)はこの度、業界初、たった5分で学術集会の受付サイトを構築できる学術集会ポータルシステム「学術集会JP」をリリースしました。このシステムにより、予算の都合で今まで受付システムを導入できなかった中規模な学術集会でも、受付システムの導入をしやすくなりました。



【これまでの学術集会受付システムの問題】

これまでの学術集会受付システムには、次のような問題がありました。
・ 学術集会ごとのオーダーメイドのため、参加者500名以下の中規模の集会では、予算と全然咬み合わない。
・ 必要な仕様をまとめてから、受付を開始するまでの期間が短い。
・ 受付項目の変更など、オープン直前での仕様変更がとても多い。


【学術集会JPにできること】
・ 学術集会の告知サイトを簡単に作成
・ 学術集会の発表受付・論文受付サイトを簡単に作成
・ 学術集会の参加申込サイトを簡単に作成
・ さらにオプションで、学術集会の参加費のクレジット決済システム
・ 要旨集・論文集の作成
・ 領収証の作成
・ 受付証の作成


など、さまざまな学術集会に必要な業務をクラウドで提供いたします。


【たった5分で受付サイトを作れるわけ】
学術集会受付システム11年の経験を活かして、設定項目を設定していくだけで柔軟に項目を設定できるクラウドで動作する受付システムを開始しました。学会事務局の担当者は、学術集会の作成画面で、設定画面を操作していくだけです。


【業界初の学術集会の規模に応じた料金設定】

学術集会の予算は、参加費とスポンサーから成り立っています。オーダーメイドで開発する場合、100名の集会でも500名の集会でも開発するものは一緒なのですが、予算は5倍違います。学術集会JPではすべての集会に対応できるように、予算規模に応じた料金設定にしました。
例えば、参加者200名、論文発表者50名の学術集会では15万円となります。参加者500名、論文発表者100名の学術集会では35万円となります。
詳しくはホームページをご参照下さい。


【株式会社ラビックスについて】
福島大学発ベンチャーとして、2002年に代表取締役藤岡岳之が大学関係者11名より出資を受け、起業しました。起業当初から学術集会ごとにオーダーメイドで受付システムを構築し、学術集会の受付システムでは11年の実績があります。
2007年には福島商工会議所の優良企業表彰を受賞しております。
2011年12月に、東日本大震災の影響で、福島市から仙台市に会社を移転しました。


【本件に関する問い合わせ先】

TEL/FAX 022-393-9099 / 022-393-9098

HP リンク
担当 藤岡

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。